半保護されたページ

脇浜紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脇浜 紀子
(わきはま のりこ)
人物情報
生誕 (1966-12-17) 1966年12月17日(54歳)
日本の旗 日本兵庫県神戸市兵庫区
居住 兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪大学大学院国際公共政策研究科
配偶者
学問
学位 博士(国際公共政策)
学会 情報通信学会
公益事業学会
日本マス・コミュニケーション学会
Online News Association
テンプレートを表示
わきはま のりこ
脇浜 紀子
プロフィール
愛称 あらくれアナウンサー[注 1]
しゃべるジンベイザメ[注 1]
褐色の弾丸[注 1]
黒い恋人[注 1]
生年月日 (1966-12-17) 1966年12月17日(54歳)
血液型 A型
最終学歴 神戸大学法学部
職歴 読売テレビ(1990年 - 2016年12月)
活動期間 1990年 - 2015年
ジャンル 情報番組
バラエティ番組
担当番組・活動
出演経歴ズームイン!!朝!
週刊トラトラタイガース
鳥人間コンテスト選手権大会
情報ライブ ミヤネ屋

脇浜 紀子(わきはま のりこ、1966年12月17日 - )は、京都産業大学現代社会学部現代社会学科教授。元読売テレビアナウンサープロデューサー

来歴

兵庫県神戸市兵庫区出身。実家が余り恵まれた方の家庭で無かった為[3]、小学1、2年時は神戸市立鵯越小学校、その後北区君影町に所在する団地に転居し、1年毎にを転校し続け君影小学校五葉小学校鈴蘭台小学校、1982年3月、鈴蘭台中学校卒業[2]。1985年3月、兵庫県立兵庫高等学校[4]、1990年3月、神戸大学法学部卒業後の同年4月、読売テレビに入社。入社同期は、元報道局報道記者で現・ラジオパーソナリティの西岡香。

学生時代は、前述の理由から学費を稼ぐために家庭教師、展示会で商品説明するナレーターコンパニオンのアルバイト等をしていた。大学3学次は休学届を提出し、1年間ワーキングホリデーオーストラリアブリスベーンにホームステイで滞在していた経験があり、スキューバダイビングのインストラクターをしていた[2][5]。その後、4年次もまだオーストラリアで過ごしていたが、バブル絶頂期で新卒採用はどうにでもなる時代でもあった為、テレビ局も面白いと思い就職活動を行った。新卒採用試験ではアナウンサー職志望では無く一般職のスポーツディレクターを志望のため一般職受験をしたが、カメラテストを受けて、最終の社長面談の際に当時:代表取締役社長であった青山行雄が「土井たか子みたいに、よくしゃべる!」とのイメージが残り[6]、周りの役員の反対を押切って鶴の一声でアナウンサー職として採用され[注 2]、最初に内定を出してくれた為入社した。

内定受諾後のNNS新人アナウンサー研修では、日本テレビの豊田順子[7]、元南海放送で現・愛媛県松山市市長である野志克仁と同期に当たる[8][9]。入社以後は『ズームイン!!朝!』の気象情報から始まり[10]、同番組近畿地区リポーターとして、近畿2府4県を周り旅芸人みたいな生活を送っていたと表している。また、『週刊トラトラタイガース』の担当だった事もあり、プロ野球取材の阪神タイガース担当であった時期がある。また、近鉄バファローズの担当でもあった[注 3]

1997年、読売テレビがプチバブルによる増益による、社員への海外研修還元制度の社内選考に合格し、第2期研修生として、1999年9月、アメリカ合衆国南カリフォルニア大学アネンバーグスクールフォーコミュニケーション コミュニケーションマネージメント 修士課程に社費留学[注 4]。通常の修士課程を無理をして、翌2000年8月、同課程を修了させて、修士号を取得して、9月付で同局に復帰。

帰国後、研究成果を前述のメディア事情をまとめた処女作を上程。2002年10月、イベントゲストで招かれた事をキッカケに大阪大学大学院国際公共政策研究科後期博士課程に社会人学生として入学。当時、朝の番組担当から昼の番組担当に移った事も有り途中3年間の休学期間はあったが、2010年9月22日、博士号(国際公共政策)を取得。読売テレビ現職アナウンサーとしては初となる博士号を取得した事を、翌23日に同局にて会見を行ない発表した[12][13]

また、並行して2004年4月から京都精華大学人文学部総合人文学科の非常勤講師に就任し、2013年3月迄担当。その間に、2011年4月から京都造形芸術大学芸術学部文芸表現学科の非常勤講師を、2015年3月迄担当。

博士過程の研究テーマが、自身が勤務してる会社が近畿広域圏の広域放送事業者の為、県域放送として情報発信が不足してるチャンネルを増やして、放送事業者から見えて来る地域情報の発信と言う観点で研究しており、特に既存放送局のコンテンツの相乗りでは無く、チャンネルの多様性を主眼に置いていた。

その為、東日本大震災の被災後の復興取材では現地からUstreamの個人アカウントを開設し「wakihamatv」を立上げ[14]、同年5月からは個人のニコニコ生配信チャンネルを開設し配信を実施[15]。読売テレビで2012年ロンドンオリンピック取材時も現地から配信を行っていた。自社にずっと働き掛け続け、2013年3月に同局で初のニコニコ動画公式チャンネルの立上げの立役者となった[16][17]

2012年からNPO法人 HINTに加入。

2015年7月人事にて、15年経験したアナウンサー職から外れ、編成局コンテンツビジネスセンター・コンテンツ事業部に異動し[18][19]、副部長(チーフプロデューサー)に昇進。視聴者向けの異動挨拶として、自身のブログに2011年8月4日から3週間連続で読売新聞大阪本社版夕刊に掲載されたコラム「日だまりカフェ[20]」の内容を転載した[21][22][23]。異動後も元アナウンサーであった為、イベント司会については継続しており、特に『名探偵コナン 劇場版』の大阪地区の試写会若しくは初日舞台挨拶の司会を担当しており[24][25][26][27]、「世界一、名探偵コナンに詳しいアナウンサー」と称されていた[28]

また、テレビ番組制作の中でIoTを活用した「オープン・イノベーション」の可能性を追求する番組のチーフプロデューサーを担当した[29]。同局でのアナウンス業の最後は、『鳥人間コンテスト2016』のLINE LIVE公式裏実況の司会であった[30][31][32]

2016年、50歳の時に現在の所属から正規教授職のオファーを貰ったタイミングで早期退職者制度を用いて、2016年12月末付で読売テレビを退職し、2017年4月1日付で京都産業大学現代社会学部現代社会学科の教授職に就任した。教授就任以後、前述の地域情報発信のゼミを運営しつつ、読売テレビ時代の2016年から神戸市役所の「デザイン都市・神戸」創造会議の委員を務めており[33]、同年から開始したクロスメディアイベント「078(ゼロ・ナナ・ハチ)」では初年度は発信者として、読売テレビ退職以後、初めて現地リポーターを務めた。以後はイベントのモデレーターを務め、翌年以降は実行委員を務めており、神戸市の地域情報を盛り上げるムーブメントのメンバーとして活動している。

人物

  • 小学校高学年から中学時代は、沢田研二のファンであった。また、高校時代は先輩に頼まれて野球部のマネージャーをやりながら、体育祭、文化祭委員を掛け持ちし、体育祭の棒倒しの競技復活に奔走した。また、文化祭ではバンドを組んでいた経験有り、リードボーカルの経験がある[2]。以上の経験もあった為、1993年に古巣の読売テレビのネットワーク系列のキー局である日本テレビの女性アナウンサーで結成されたDORAに倣い、植村なおみ徳山順子の面々で「NORA」を結成した事がある。
  • 出身地である神戸市に非常に強い拘りを抱いており、読売テレビに通っていた時に大阪に行くのが非常にイヤであったと懐柔しており、その象徴として読売テレビが所在する京橋駅近くに所在するドブ川を通過する事で鬱屈していたと明かしている。
  • 新入社員時代、前述の入社経緯でアナウンス部の総意として内定を出した訳では無く青山の意向で採用したため、男性の同僚から無視されイジメに遭っていた経験がある[34]。その為、当時から仕事で忙しくてアナウンス部に寄り付かなかった入社10期先輩である辛坊治郎は、社内で余り人間関係を作らないタチであったため、昼食や社内で相談してた間柄である。しかし、『ズームイン!!朝!』担当以後は中継で近畿地方を毎日渡り歩く日々となったため、忙しくなりイジメを受ける事は無くなった。
  • 阪神・淡路大震災発災時『ズームイン!!朝!』に出演していた事もあり、日頃から何かあったら日本テレビに対して報告を入れる事を言われたので、日本テレビ旧本社マイスタジオの直電番号を把握していた為、被災後に当時の自宅が所在した尼崎市武庫之荘から電話リポートを入れ、局からの指示で自身の自家用車で武庫川迄移動し、徒歩で東灘区深江本町阪神高速3号神戸線深江出入口周辺の橋脚倒壊現場に赴き取材を行った[35]。読売テレビの中継車と合流後、局に戻れた事も有り、翌日からはヘリコプターからの中継等積極的に被災地を廻っていた。しかし、深江で中継のスタンバイ中に近所の倒壊家屋の親子から「テレビ中継で救助を呼び掛けて欲しい」と懇願され、中継車のクルーが無線で京橋の報道局に枠の使用を申入れたが、NNNの報道特番の仕切りの権限がキー局の日本テレビが有していた事もあり、尺が確保出来ない無いからボツにされた経験をした[35]。この経験が脇浜にとって相当なショックを受け、細やかな地域被災状況の発信が不十分に出来ずテレビメディアで報道する限界を感じたため、前述の地域メディア研究の道に行くキッカケになった[36][37]。後刻、新聞記事で日本のインターネット黎明期であったが神戸大学神戸市外国語大学にネット回線が配備されていた事で、海外に向けて被災情報を発信して続けていたと言う記事を読んで、翌日からPower Macintosh 6100を購入して、パソコン通信で被災者の生活情報等の発信しながら学んでいた[38]。以後、読売テレビ勤務時代はプライベートで所持してるiMacPowerBook G4を持ち込んで使用する事もあった。また、iPhoneシリーズはロサンジェルスでiPhone (初代)を購入する程で、iPhone 3Gから使用する筋金入りのApple信者である[39]
  • 前述の様に、学生時代からスキューバダイビングで潜っており、ブリスベーン滞在時はインストラクターのアルバイトをする位の実力を持っており、海の透明度の高い数十カ国の国に来訪して、1000回近く潜って来た。マリンスポーツを嗜んでる事を読売テレビのニコ生チャンネルで「海のことばかり」と言う配信番組を行っていた[40]。また、前述の辛坊とプライベートで付き合う様になり[41]第一級海上無線通信士1級小型船舶免許の資格取得をする流れとなった事で[35]、2013年から辛坊と同じくディンギーを操船する様になった[42]
  • 性格上、後述の理由含めて世の中の事柄に対して強く発言しており[43]、先輩・後輩から怖いと言う印象を持たれており、あだ名もそれをイメージされて名付けられている[44][45][46]
  • ジェンダーフリーを社会に取入れる事を主張に持っており[47]選択的夫婦別姓論者である。元来から、単に自身の「性」が変わるのがイヤで「脇浜」性でいたい事を主張しており、『たかじんTV非常事態宣言』2008年12月8日放送分にて、現在の夫の前に事実婚状態の男性と交際歴が有り[13]、籍を入れなかった理由が当該理由の為、法制されてから入籍する予定であったとカミングアウトしている。その為、共演者であった評論家宮崎哲弥と激論になった経験がある[48]

出演番組

現在

テレビ

ラジオ

過去

読売テレビ時代

テレビ
インターネット動画配信

退職以後

テレビ
ラジオ

制作番組

著作

単著

  • 『テレビ局がつぶれる日』東洋経済新報、2001年12月18日。ISBN 4-046012153
  • 『ローカルテレビの再構築〜地域情報発信力強化の視点から』日本評論社、2015年4月18日。ISBN 978-4-535586819

共著

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ a b c d 但し、名付けた森たけしは辛坊のせいだと丸投げをしている[1][2]
  2. ^ 但し、1990年度採用試験ではアナウンサー職専門採用試験は行われており、前述の西岡も受験していたが不採用扱いであったため、その穴埋めの形となった
  3. ^ しかし、2010年以後は好きだったプロ野球を久しく見る時間が減ったとしている[11]
  4. ^ 同制度の第1期生である辛坊治郎はペース大学客員研究員としてニューヨークに渡っているが、正規受験での留学では無く、脇浜は正規入学受験を経ての入学

出典

  1. ^ wakihama_kobeのツイート(29457276604)
  2. ^ a b c d ゆうかりに乾杯 第128 回放送の概要 (PDF)”. 兵庫高校同窓会武陽会49陽会 「ゆうかり放送委員会」 (2017年12月23日). 2020年12月1日閲覧。
  3. ^ wakihama_kobeのツイート(279981087025922048)
  4. ^ “ぐるっと兵庫、大阪、京都 兵庫高校/5 いろんな価値観の出会い 元読売テレビアナウンサー・京都産業大学教授 脇浜紀子さん”. 毎日新聞大阪本社. (2018年10月2日). https://mainichi.jp/articles/20181002/ddl/k27/100/342000c 2020年12月1日閲覧。 
  5. ^ 2008年9月12日 赤道を越えて”. 読売テレビ. 2017年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月1日閲覧。
  6. ^ 神戸ピーポー No.8「脇浜 紀子(わきはま のりこ)」さん 元アナウンサーの大学教授”. KOBE Journal(株式会社ジャーニージーン) (2019年4月9日). 2020年11月1日閲覧。
  7. ^ 十数年ぶりの再会”. 読売テレビ. 2017年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月1日閲覧。
  8. ^ wakihama_kobeのツイート(417970799081844736)
  9. ^ wakihama_kobeのツイート(9043524418801664)
  10. ^ wakihama_kobeのツイート(1250628340009975808)
  11. ^ wakihama_kobeのツイート(26231385877)
  12. ^ “脇浜アナが阪大博士号「初めての卒業式」”. サンケイスポーツ. (2010年9月23日). オリジナルの2010年9月28日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100928120018/http://www.sanspo.com/geino/photos/100923/gnj1009231244019-p1.htm 2020年12月1日閲覧。 
  13. ^ a b Ph.D”. 読売テレビ. 2017年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  14. ^ wakihama_kobeのツイート(233610944624852993)
  15. ^ wakihama_kobeのツイート(67124969624182784)
  16. ^ 読売テレビのニコニコチャンネルがスタート、まずは番組関連イベントの動画を配信”. 日経ニューメディア(日経 xTECH) (2013年3月18日). 2020年11月16日閲覧。
  17. ^ wakihama_kobeのツイート(313881624121065472)
  18. ^ NagisaMasuiYTVのツイート(616160091742449664)
  19. ^ wakihama_kobeのツイート(616242794697363456)
  20. ^ wakihama_kobeのツイート(99059976231858176)
  21. ^ 日だまりカフェ【上】(2011年読売新聞掲載)”. 読売テレビ. 2016年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  22. ^ 日だまりカフェ【中】(2011年読売新聞掲載)”. 読売テレビ. 2016年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  23. ^ 日だまりカフェ【下】(2011年読売新聞掲載)”. 読売テレビ. 2016年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  24. ^ “【銀幕裏の声】 「ズームイン!!朝!」の顔&「コナン」名物司会者の人気アナ、大学教授に転職-脇浜紀子元読テレアナが語る覚悟(上)”. 産経新聞大阪本社. (2017年5月16日). https://www.sankei.com/west/news/170516/wst1705160004-n1.html 2020年11月1日閲覧。 
  25. ^ “【銀幕裏の声】 「ズームイン!!朝!」の顔&「コナン」名物司会者の人気アナ、大学教授に転職-脇浜紀子元読テレアナが語る覚悟(上)”. 産経新聞大阪本社. (2017年5月16日). https://www.sankei.com/west/news/170516/wst1705160004-n2.html 2020年11月1日閲覧。 
  26. ^ wakihama_kobeのツイート(724171725181607936)
  27. ^ wakihama_kobeのツイート(720353429680357378)
  28. ^ 『アニ民295人目』元読売テレビアナウンサーの脇浜紀子さん”. スワッチのアニメ日記(読売テレビ) (2017年2月23日). 2020年11月30日閲覧。
  29. ^ wakihama_kobeのツイート(715118556413763584)
  30. ^ “『鳥人間コンテスト』荻原次晴らLINE LIVEで裏実況 - 放送前は名場面番組も”. マイナビニュース. (2016年8月30日). https://news.mynavi.jp/article/20160830-a150/ 2020年11月1日閲覧。 
  31. ^ wakihama_kobeのツイート(771030451364372480)
  32. ^ wakihama_kobeのツイート(771727872155189252)
  33. ^ “平成28年度 第1回「デザイン都市・神戸」創造会議 委員名簿” (PDF) (プレスリリース), 神戸市役所, (2016年4月25日), https://design.city.kobe.lg.jp/wp-content/uploads/2016/12/28-1member-1.pdf 2020年11月30日閲覧。 
  34. ^ 辛坊治郎「#Snapchat」に挑戦&脇浜紀子元アナとぶっちゃけトーク~KissFM KOBE「辛坊治郎SundayKiss」2019/7/28放送分 後半~ - YouTube
  35. ^ a b c 2021/1/17 辛坊治郎ラジオ「阪神淡路大震災から26年」震災報道を考える ゲスト脇浜紀子さん~KissFM KOBE「辛坊治郎SundayKiss」後半~ - YouTube
  36. ^ “【銀幕裏の声】 「ズームイン!!朝!」の顔&「コナン」名物司会者の人気アナ、大学教授に転職-脇浜紀子元読テレアナが語る覚悟(上)”. 産経新聞大阪本社. (2017年5月16日). https://www.sankei.com/west/news/170516/wst1705160004-n3.html 2020年11月1日閲覧。 
  37. ^ “【銀幕裏の声】 数億円の中継車より役に立つ? 伝説の“携帯中継”秘話-高年収顧みず大学教授に転身した元読テレアナ・脇浜紀子さん(下)”. 産経新聞大阪本社. (2017年5月23日). https://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230004-n1.html 2020年11月1日閲覧。 
  38. ^ “【銀幕裏の声】 数億円の中継車より役に立つ? 伝説の“携帯中継”秘話-高年収顧みず大学教授に転身した元読テレアナ・脇浜紀子さん(下)”. 産経新聞大阪本社. (2017年5月23日). https://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230004-n2.html 2020年11月1日閲覧。 
  39. ^ wakihama_kobeのツイート(121874095448137728)
  40. ^ wakihama_kobeのツイート(459645127112134656)
  41. ^ JiroShinbo_tabiのツイート(1137904520632066049)
  42. ^ センスマ 089 SMILE :会社員の脇浜紀子さん - YouTube
  43. ^ wakihama_kobeのツイート(26410398722)
  44. ^ wakihama_kobeのツイート(464050394973233154)
  45. ^ wakihama_kobeのツイート(464050394973233154)
  46. ^ wakihama_kobeのツイート(785418223432835073)
  47. ^ wakihama_kobeのツイート(717359563050070017)
  48. ^ wakihama_kobeのツイート(1335819282349887489)

関連項目

外部リンク