木村洋二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きむら ようじ
木村 洋二
プロフィール
本名 木村 洋二(同じ)
出身地 日本の旗 日本 山口県下関市
生年月日 (1959-10-26) 1959年10月26日(59歳)
最終学歴 東洋大学法学部経営法学科卒業
勤務局 札幌テレビ放送
部署 編成局
職歴 アナウンス部付専門部長
エグゼクティブマネージャー
専任局長(2013.7-)
活動期間 1982年 - 現在
ジャンル 情報番組バラエティ番組
配偶者 あり
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 1×8いこうよ!
過去 該当項目参照

木村 洋二(きむら ようじ、1959年10月26日 - )は、札幌テレビ放送(STV)編成局専任局長、アナウンサー北海道江別市在住。

来歴・人物[編集]

1982年入社(同期は千秋幸雄片山雅子呉藤和子権田裕子)。

同僚の明石英一郎と「明石・洋二」と呼ばれ、道内で人気を博す。

ズームイン!!朝!』(後の『ズームイン!!SUPER』)においては、北海道リポーターとして活躍。

どさんこワイド179』のメインキャスターを務めながら、『1×8いこうよ!』のレギュラーとして出演し、大泉洋と「YOYO'S」を結成して全国的な人気を得た。

特技はボウリングで、スコア234を出しており、中山律子からも褒められたほどの腕前。

担当番組[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

ラジオ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

  • ようこそ!洋二の部屋
  • 木村洋二のってけ!テケテケ!
    2006年10月より土曜22:00 - 22:30に放送していた。2006年11月4日の放送でお便りが少ないのを嘆き、「お便りが少ないのはディレクターの責任にしよう」と発言。その直後に放送事故が起こり、問題発言で打ち切られたのではないかと噂されたが、翌週は通常通り放送、その上放送事故ネタをギャグにする余裕を見せた。
  • アタックヤング
    大阪の『MBSヤングタウン』と並ぶ、若者向け深夜放送の黄金期を飾った人気番組。木村は1985年 - 1995年までの10年間担当。飄々とした口調で下ネタや毒舌を吐くスタイルで人気を得た。このほか、1998年4月1日に特別番組『木村洋二のアタックヤングDX』を担当。
  • おすぎと洋二の言いすぎたかしら
    1991年10月 - 1994年3月、毎週日曜21:00 - 21:30に放送していたフリートーク番組。映画評論家おすぎがメインMC、木村が相槌を打つホスト役をつとめた。当時、おすぎは毎週火曜に札幌入りしており、原則その夜に収録していた。終始おすぎの独擅場であり、あまりの辛口ぶりが敬遠されてか一度もスポンサーがつかないままだった。
  • 木村洋二のイチかバチか!
    2002年10月 - 2003年3月、毎週土曜20:00 - 20:30に放送された。番組名の由来は『1×8いこうよ!』と同じ。ナイターオフ限定番組のため2クールで終了。実際これを聞いていた大泉洋は、「今日流した曲を唄った人は、皆さんすでに亡くなっていますが…」という発言に驚き、「こんなのを放送していいのか?」と、思ったという。
  • 歌です!4時です!洋二です!
    2002年4月 - 10月、毎週日曜夕方に放送された演歌・歌謡曲専門番組。途中、『歌です!昼です!洋二です!』に改題された。
  • 木村洋二のイカリング
  • 木村洋二の週刊ネタとこ勝負
  • 喜瀬ひろしのときめきワイド(中継)

テレビドラマ[編集]

シングルCD[編集]

エピソード[編集]

  • 2009年2月、過労から体調不良で、担当していた『どさんこワイド』を一時降板。約1か月間番組内で公表しなかったが、3月18日の放送で明石英一郎アナから木村が長期休養に入ったと発表。また『1×8いこうよ!』も3月22日放送の終了間際にナレーションで公表。『1×8-』は相棒の大泉洋が選ぶ傑作選を放送。その後、木村はまず5月にラジオニュースやナレーションで復帰。6月4日の『どさんこワイド』のスタジオキャスターで約3か月半ぶりに復帰。『1×8-』も6月13日の放送で復帰した。2016年2月頃より再び休養していたが、2017年8月10日のSTVラジオ「工藤じゅんきの十人十色」のニュースより復帰した[1]。テレビには2017年10月26日の『どさんこワイド』で、スタジオおよび「どさんこ偉人伝」(バトントワラー 渡辺由香理)のビデオ出演で復帰した。
  • 2013年4月26日放送のNHK『あさイチ』のプレミアムトークに大泉洋が出演した際には、民放アナウンサーの木村が大泉へのコメントのためVTR出演し大泉を驚かせた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「マスコミ裏街道 STV人気アナ木村洋二 ファン待望の復帰!」、『財界さっぽろ』2017年10月号、財界さっぽろ社。
  2. ^ プレミアムトーク 大泉洋|NHK あさイチ”. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]