明石英一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あかし えいいちろう
明石 英一郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道旭川市
生年月日 (1960-09-30) 1960年9月30日(58歳)
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学 教育学部
勤務局 札幌テレビ
部署 制作スポーツ局
職歴 アナウンス部長(2006.8 - 2013.6)
専任局長(2013.7 - 2018.6)
制作スポーツ局長(2018.7 - )
活動期間 1984年 -
配偶者 あり
公式サイト プロフィール(STVラジオ 公式ホームページ内)
担当番組・活動

明石 英一郎(あかし えいいちろう、1960年9月30日 - )は札幌テレビ放送(STV)制作スポーツ局長、元アナウンサー[1]。身長 173cm。

略歴[編集]

  • 北海道旭川市神楽岡出身。市立神楽岡小学校、市立神楽中学校、北海道旭川東高等学校早稲田大学教育学部(心理学専修)卒業。1984年、STV入社。両親共に高校の教師で、自身も高等学校 社会科教員免許を取得している。
  • STVラジオの『アタックヤング』『うまいっしょクラブ』等で、パーソナリティを務めていた。下ネタ と「ウパウパ ティンティン」[2]「ぴいひゃらら」などの意味不明な発言や放送禁止用語ギリギリのトークで人気を得る。番組内で、リスナーから陰毛を募集し、イベントで展示したこともある[3]
  • 1980年代 後半に発行されていた、ラジオ情報誌『ラジオパラダイス』のパーソナリティ人気投票ではベスト10の常連(主に後期)であり、上柳昌彦ニッポン放送)、小堀勝啓CBCラジオ)、沢田幸二KBCラジオ)に続く、第4の局アナと評された[3]
  • 2016年4月、ラジオ番組『それ行け! オッサン大作戦』開始。『明石英一郎のズッコケぺろんちょ大作戦』の終了以来、12年振りに、パーソナリティを務めた。
  • 2018年3月、『どさんこワイド!!朝!』(STVテレビ)を降板した。同年4月2日より、『洋二と明石の無口な二人』(STVラジオ)のパーソナリティを務める。STVアナウンサーの木村洋二とコンビを組み、ラジオ番組を担当するのはSTVラジオでは初めてである。
  • 多彩な趣味をもっている(ジンギスカン鍋収集、軍事、航空機、リサイクルショップ巡り、ジム通い、居酒屋巡り、飲酒、グルメ、料理、沖縄一人旅等)。そのため話の引き出しが非常に多く、番組では矢継ぎ早に様々な話題・ダジャレを話す。酒豪。
  • リコーダー2本を鼻息で演奏するという特技をもっている。
  • 『どさんこワイド』が番組開始した頃は、体重が80kg近くあったが、2000年代移行は毎日のジム通いで60kg台までダイエットしている。
  • 『どさんこワイド』の名物コーナーである「奥さん、お絵かきですよ」(当初は「奥さん かけたら万」)は、明石が考案した。
  • 2018年7月1日付で、制作スポーツ局長に就任。番組審議会にはほぼ毎回出席をしている。アナウンサーとしての役割は外れたが、ナレーターやラジオ出演など、一部の業務は継続している。

現在の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画出演[編集]

関連項目[編集]

  • 島本和彦 - 漫画家。同じ特撮マニア同士で、2002年の正月にラジオで対談をした事がある。
  • 星澤幸子
  • 吉住秀和 - 元・STVアナウンサー。新人時代、よく目を掛けてもらったとのこと。一時はよく一緒に食事にも出掛けた仲だった。
  • 牧泰昌 - STVラジオで、平日帯 夕方ワイド番組のパーソナリティを13年に渡って務めた、すすきのの焼肉店店主。明石は『STVホットライン』のパートナーとして、時には深夜ラジオ番組に引けを取らない下世話トークを2人で展開した。
  • 木村洋二 - STVアナウンサー。『明石・洋二の"ん!?"』を、明石と共に担当。『どさんこワイド』で、メイン キャスターを務めていた。
  • 福永俊介 - STVアナウンサー。早稲田大学の後輩で、『どさんこワイド』のメイン キャスターを務める。
  • 福澤朗 - 同じく早稲田の後輩である、元・日本テレビアナウンサー。『第11回 全国高等学校クイズ選手権』で、明石は北海道のサブ アナを担当。
  • 村上智彦 - 小学生、中学生当時の同級生。1999年4月 - 2006年3月まで、檜山管内瀬棚町(現せたな町)の国保医科診療所長を務め、予防医療の推進で、老人医療費の削減に貢献。2007年4月からは財政再建団体となった夕張市で、旧市立病院を公設民営化した市立診療所などで構成する夕張医療センターを運営していた。
  • 中居正広- 『中居正広のオールナイトニッポン』で、番組中の中居による失礼な言動がきっかけとなり、対談が実現。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ STVアナウンサー紹介ページでは掲載されていないため、厳密に言えば現在はアナウンサーではない。
  2. ^ 元ネタは『うまいっしょクラブ』で流していた、水原弘が唄う歌謡曲『へんな女』の歌詞から
  3. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1989年9月号「特集・平成のラジオ スターを探せ」(20ページ)
  4. ^ コーナー内の「広告探偵団」のナレーションは引き続き、担当。拡大スペシャルに登場することがある
  5. ^ STV制作分。不定期で、ナレーションを担当

外部リンク[編集]