明石英一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あかし えいいちろう
明石 英一郎
プロフィール
愛称 明石さん
明石
明石マン
えいちゃん
出身地 日本の旗 日本 北海道の旗 北海道上川郡神楽町
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1960-09-30) 1960年9月30日(62歳)
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学教育学部
所属事務所 札幌映像プロダクション
部署 専務取締役
職歴 札幌テレビ放送アナウンス部長
(2006.8 - 2013.6)
専任局長(2013.7 - 2018.6)
制作スポーツ局長
(2018.7 - 2020.6)
社長室付ゼネラルマネージャー、札幌映像プロダクション出向(専務取締役)
(2020.7 - 2020.9)
札幌映像プロダクション専務取締役エグゼクティブアナウンサー
(2020.10 - )
活動期間 1984年 -
配偶者 あり
著名な家族 濡れ頭巾ちゃん(従兄弟)
公式サイト 所属アナウンサー(札幌映像プロダクション)
パーソナリティ(STVラジオ公式ウェブサイト)
出演番組・活動
出演中 明石のいんでしょ大作戦!

明石 英一郎(あかし えいいちろう、1960年9月30日 - )は、札幌映像プロダクション専務取締役エグゼクティブアナウンサー。元札幌テレビ放送(STV)アナウンサー。身長 173cm。札幌市清田区在住。

略歴[編集]

  • 北海道上川郡神楽町(現旭川市)神楽岡出身。当時の実家は神楽4条13丁目、北雪車両工業の隣。神楽町立(現 旭川市立)神楽小学校、旭川市立神楽岡中学校、北海道旭川東高等学校一浪後、早稲田大学教育学部教育心理学専修卒業。卒業論文のテーマは『黄金分割における発達的一考察』[1]。父親は高校の教員で、自身も高等学校 社会科教員免許を取得している。
  • サウナーの濡れ頭巾ちゃんは従兄弟である。
  • 10代の頃は、ニッポン放送制作のラジオ番組『欽ドン!』をよく聴いており、はがきも出していて、本人曰く「1〜2回は読まれたことがある」とのこと。欽ドンを通じて投稿する楽しさ、それが採用された時の喜びを教わったということで、欽ドンがラジオの原体験であるとも話している[2]
  • 1984年、札幌テレビに入社(同期は石部善輝、坪内弘樹、中藪浩)。教員試験家庭裁判所調査官も合格しており、アナウンサー試験は落ちて当然と思って受験したら合格した[1]
  • STVラジオの『アタックヤング』『うまいっしょクラブ』等で、パーソナリティを務めていた。下ネタと「ウパウパ ティンティン」[3]「ぴいひゃらら」などの意味不明な発言や放送禁止用語ギリギリのトークで人気を得る。番組内で、リスナーから陰毛を募集し、イベントで展示したこともある[4]
  • 1980年代後半に発行されていた、ラジオ情報誌『ラジオパラダイス』のパーソナリティ人気投票ではベスト10の常連(主に後期)であり、上柳昌彦ニッポン放送)、小堀勝啓CBCラジオ)、沢田幸二KBCラジオ)に続く、第4の局アナと評された[4]
  • 多彩な趣味を持っている(軍事、航空機、ジンギスカン鍋収集、リサイクルショップ巡り、ジム通い、飲酒、居酒屋通いなどグルメ、料理、沖縄一人旅等)。そのため話の引き出しが非常に多く、番組では矢継ぎ早に様々な話題・ダジャレ・下ネタを話す。酒豪。
  • リコーダー2本を鼻息で演奏するという特技をもっており、コンセルトへぼ管弦楽団首席鼻笛奏者として、どさんこワイドの番宣で演奏を披露したこともある。
  • テレビ『どさんこワイド』が開始した頃は体重が80kg近くあった。当時はどさんこメンバーが『24時間テレビ』のSTVローカルパートの放送も担当。毎年、シンボルカラーの黄色いピチピチとなったシャツを着てテーマ曲の『サライ』を歌うと、ラジオ番組で自虐。2000年代以降は毎日のジム通いで60kg台までダイエットしている。
  • 『どさんこワイド』の名物コーナーである「奥さん、お絵かきですよ」(当初は「奥さん かけたら万」)は、明石が考案した。
  • 2016年4月、ラジオ『それ行け! オッサン大作戦』開始。『明石英一郎のズッコケぺろんちょ大作戦』の終了以来、12年振りにパーソナリティを務めた。
  • 2018年3月、テレビ『どさんこワイド!!朝!』を降板した[5]。同年 4月2日より、ラジオ『洋二と明石の無口な二人』のパーソナリティを務める。どさんこワイド等でコンビを組んだSTVアナウンサーの木村洋二とともにラジオの帯番組に出演するのは初めて。
  • 同年7月1日付で制作スポーツ局長に就任。同月のテレビ年度第4回番組審議会から、2020年4月の年度第1回審議会まで会社側代表として出席[6]。アナウンスに類する業務は異動後も継続した。
  • 2020年6月26日付で、STV社長室ゼネラルマネージャーに就任。同時にSTV完全子会社の札幌映像プロダクションへ出向し、専務取締役エグゼクティブアナウンサーに就任。9月30日付で札幌テレビを定年退職し、札幌映像プロダクションへ転籍。STVテレビ・ラジオへの出演は継続。
  • 2020年11月7日より、ラジオ『明石のいんでしょ大作戦!』開始。ラジオの生ワイド番組出演は『STVホットライン』以来、およそ30年振りとなった。

現在の担当番組[編集]

テレビ[編集]

  • どさんこワイド179
    • 「ためらい食堂」のコーナー(2020年11月3日 - 、不定期)
    • 番組開始当初から2000年代前半まで、番組メインキャスター・駅前中継・中継リポーターなどを担当していた。その後も「広告探偵団」のナレーションは引き続き担当。また拡大スペシャルに登場することがある。

ラジオ[編集]

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画出演[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞 2005年12月24日付夕刊
  2. ^ ラジオライフ三才ブックス)2022年10月号 18〜21頁「明石英一郎 interview」
  3. ^ 元ネタは『うまいっしょクラブ』で流していた、水原弘が唄う歌謡曲『へんな女』の歌詞から。
  4. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1989年9月号「特集・平成のラジオ スターを探せ」(20ページ)
  5. ^ (日本語) どさんこワイド朝番外編 明石アナ&小山アナ卒業セレモニー, https://www.youtube.com/watch?v=BCxl_yYfkm0 2022年11月30日閲覧。 
  6. ^ 本来は第2回までの予定であったが、新型コロナウイルス対策のため欠席となった。
  7. ^ STV制作分。不定期で、ナレーションを担当
  8. ^ パーソナリティ シャッフル企画による特別出演。ラジオの夕方の生放送は30年振りの出演となった。

外部リンク[編集]