水島宏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水島 宏明(みずしま ひろあき、1957年10月21日 - )は、日本ジャーナリスト批評家上智大学文学部教授、元テレビディレクタープロデューサー

略歴[編集]

北海道札幌市出身[1]北海道札幌北高等学校を経て東京大学法学部へと進み、1982年に卒業[1]。同年から札幌テレビ放送 (STV) で働き始め、記者としてNNNロンドン特派員や同ベルリン特派員などを務めた[1]

札幌テレビ放送ディレクター時代の1987年札幌市白石区母子家庭で、DV被害者のシングルマザー生活保護の申請をさせてもらえず餓死した「札幌母親餓死事件」を知り、生活保護制度の問題点をまとめたドキュメンタリー番組『母さんが死んだ~生活保護の周辺』を手掛けた[2]。この番組は1987年度「ギャラクシー賞」を受賞し、翌1988年には「地方の時代優秀賞」「世界テレビ映像祭海外審査員賞」などを受賞した。水島は番組放送後にこれを『母さんが死んだ―しあわせ幻想の時代に』として書籍化し[3]1990年2月にひとなる書房から出版した。この本は1994年の文庫化(現代教養文庫)を経てロングセラーとなり、2014年3月1日にひとなる書房から新装増補版が刊行されている[4]

1997年1月26日には札幌テレビ放送で、准看護婦制度の問題点をテーマとしたドキュメンタリー番組『天使の矛盾〜さまよえる准看護婦〜』を手掛けた[5]

2003年日本テレビ放送網へ移籍し、同局のドキュメンタリー番組NNNドキュメント』でチーフディレクターを務めた。同番組で、貧困のため寝泊まりする場としてインターネットカフェを利用するホームレス状態の人々を取材し、2007年1月28日に『ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち』と題して放送した[6]。この報道により「ネットカフェ難民」の語が定着し、この年の「新語・流行語大賞」のトップテン入りした。

2006年4月からは朝の情報番組ズームイン!!SUPER』に解説委員(新聞・解説担当)として出演した。2008年には「芸術選奨文部科学大臣賞」放送部門を受賞した。

2012年に日本テレビを退社。同年から2016年まで法政大学社会学部メディア社会学科で教授を務めた。2016年4月からは上智大学文学部新聞学科で教授(テレビインターネットなどジャーナリズム論、貧困メディア)を務めている。その他、日本のブラック企業の頂点を決める『ブラック企業大賞』で企画委員を務める。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 新聞学科 上智大学公式サイト
  • 水島宏明 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 研究者リゾルバーID:1000010633589論文一覧(CiNii)、IRDB
  • 日本の研究.com:762862, 800008
  • 水島宏明 - 個人 - Yahoo!ニュース
  • 水島宏明ブログ『テレビのミカタ、新聞のミカタ、社会のミカタ』 - Blogger
  • 水島宏明 (@hiroakimizushim) - Twitter
  • 水島宏明 - Facebook
  • 水島宏明 - ハフポスト日本版