水島宏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水島 宏明(みずしま ひろあき、1957年10月21日 - )は、日本のジャーナリスト批評家大学教授、元テレビディレクターおよびプロデューサー北海道札幌市出身[1]

略歴[編集]

北海道札幌北高等学校東京大学法学部卒業後、1982年札幌テレビ放送(STV)に入社。記者NNNロンドン特派員、同ベルリン特派員などを歴任[1]。ディレクター時代の1987年札幌市白石区母子家庭で母親が生活保護の申請をさせてもらえず餓死した事件を知り、生活保護制度の問題点をまとめたルポルタージュ『母さんが死んだ―しあわせ幻想の時代に』や[2]准看護婦制度の問題点を問うた『天使の矛盾』を手掛け、反響を呼ぶ。

2003年日本テレビ放送網へ移籍し、同局のドキュメンタリー番組NNNドキュメント』ではチーフディレクターを務める。2007年、定住する住居がなく、寝泊まりする場としてインターネットカフェを利用するホームレスの人々を取材、『ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち』と題して放送し反響を得る。2006年4月からは朝の情報番組ズームイン!!SUPER』に解説委員(新聞・解説担当)として出演する。2008年には『芸術選奨文部科学大臣賞』の放送部門を受賞。

2012年に日本テレビを退社、同年から2016年まで法政大学社会学部メディア社会学科で教授を務める。2016年4月からは上智大学文学部新聞学科で教授(テレビ、ウェブ等のジャーナリズム論、貧困とメディア)を務めている。この他、日本のブラック企業の頂点を決める『ブラック企業大賞』では企画委員を務めている。

著書[編集]

  • 『母さんが死んだ―しあわせ幻想の時代に ルポルタージュ「繁栄」ニッポンの福祉を問う』(ひとなる書房、1990年 のち社会思想社現代教養文庫
  • 『ネットカフェ難民と貧困ニッポン』(日本テレビ放送網、2007年)
共著
  • 『テレビはなぜおかしくなったのか 〈原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって』(金平茂紀,永田浩三,五十嵐仁共著 高文研 2013年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]