五十嵐仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五十嵐仁
人物情報
生誕 (1951-02-24) 1951年2月24日(66歳)
新潟県中頸城郡頸城村
(現・上越市頸城区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京都立大学経済学部経済学科卒業
法政大学大学院社会科学研究科
社会学専攻修士課程修了
学問
研究分野 労働運動、労働問題
研究機関 法政大学大原社会問題研究所
学位 修士
テンプレートを表示

五十嵐 仁(いがらし じん、1951年2月24日 - )は、日本政治学者、法政大学大原社会問題研究所名誉教授。専門は、労働運動、労働問題。

経歴[編集]

主張[編集]

  • 自民党から、左翼政党が結集した「大左翼」による政権交代の呼びかけている[1]
  • 2012年9月17日のブログでは、2012年9月に中国で起きた反日デモでの略奪や破壊行為について、「今回の事態の引き金を引いたのは石原都知事にほかならず、事態をここまで悪化させた全ての責任はこの人物にある」と前置きした上で、「日系企業は10億円以上の損害を出したと言われていますが、それは全て石原都知事に請求するべきでしょう」と述べた[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦後保守政治の転換――「86年体制」とは何か』(ゆぴてる社, 1987年)
  • 『概説現代政治――その動態と理論』(法律文化社, 1993年/新版, 1995年/第3版, 1999年)
  • 『一目でわかる小選挙区比例代表並立制――新しい選挙制度であなたの一票はどうなる』(労働旬報社, 1993年)
  • 『保守政治リストラ戦略』(新日本出版社, 1995年)
  • 『徹底検証 政治改革神話』(労働旬報社, 1997年)
  • 『政党政治と労働組合運動――戦後日本の到達点と21世紀への課題』(御茶の水書房, 1998年)
  • 『戦後政治の実像――舞台裏で何が決められたのか』(小学館, 2003年)
  • 『現代日本政治――「知力革命」の時代』(八朔社, 2004年)
  • 『この目で見てきた世界のレイバー・アーカイヴス――地球一周:労働組合と労働資料館を訪ねる旅』(法律文化社, 2004年)
  • 『活憲――「特上の国」づくりをめざして』(山吹書店, 2005年)
  • 『団塊よ、死ぬ前に闘え――60、70年代、青春をともにした友へのメッセージ 現状打開のカギは何か―五十嵐仁法政大学教授・講演録』(「法政大学学生運動の歴史」編集委員会編 こうち書房, 2005年)
  • 『労働政策』(日本経済評論社, 2008年)
  • 『労働再規制――反転の構図を読み解く』(筑摩書房[ちくま新書], 2008年)
  • 『対決 安倍政権-暴走阻止のために』(学習の友社, 2015年)

編著[編集]

  • 『「戦後革新勢力」の源流――占領前期政治・社会運動史論1945-1948』(大月書店, 2007年)

共編著[編集]

  • 『日本20世紀館』(小学館, 1999年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]