金平茂紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金平茂紀(かねひら しげのり、1953年12月18日 - )は、日本のジャーナリストニュースキャスター、元TBS報道局記者。北海道旭川市出身。北海道旭川東高等学校から東京都立西高等学校に転入。東京大学文学部社会学科卒業。

来歴[編集]

1977年、TBSに入社。報道局社会部記者として、警視庁記者クラブ、司法記者クラブ(ロッキード事件での田中角栄の1審裁判などを担当)、文部省記者クラブに勤務。1986年より報道番組のディレクタープロデューサーになり、1989年から1990年の番組終了まで『JNNニュースコープ』副編集長を務める。1991年から1994年までの間はJNNモスクワ支局長としてソ連の崩壊などを取材し、帰国後に『筑紫哲也 NEWS23』の番組編集長(デスク)に就任した。

番組編集長の在任期間は2002年まで8年間となり、多くの関連番組や特集企画を担当した。その後は2002年よりJNNワシントン支局長、2005年よりTBS報道局長を歴任。2008年5月にはTBSアメリカ総局長兼TBSインターナショナル副社長としてニューヨークへ転出した。アメリカ総局長在任中はコロンビア大学東アジア研究所の客員研究員として2年間在籍した。2010年に帰国し、9月に執行役員に就任[1]10月2日より日下部正樹と共に『報道特集』のメインキャスターを務めている。

2005年5月15日、編成制作本部報道局長。2006年6月22日、取締役編成制作本部報道局長。2007年3月、取締役編成制作本部報道局長・編集主幹。2007年6月5日、取締役編成制作本部報道局長。2008年6月19日、TBSアメリカ総局長・TBSインターナショナル副社長。2009年4月、執行役員TBSアメリカ総局長・TBSインターナショナル副社長とそれぞれ歴任。

アメリカ総局長時代の2008年12月から2010年9月まで、高野孟が主宰するwebサイト『THE JOURNAL』にてコラム「金平茂紀の『NY発・チェンジング・アメリカ』」を連載していた。現在は『報道特集』への出演と並行して、『THE JOURNAL』など複数のwebサイトで発信も行っている。2010年9月からは執行役員[1]報道局付。

2016年3月31日付で執行役員を退任し、TBSを退社、顧問に就く。尚、退社後も『報道特集』のメインキャスターは続投する。

人物[編集]

東アジア反日武装戦線にて連続企業爆破事件を起こして8人殺害した実行犯の男が死刑判決を受けた数十年後の2017年5月にNHKが刑務所で病死したとして独自ニュース[2]を流したことに対して「僕は、一人の人間の死に関するニュースを「独自」などと報じてマスターベーションにひたっているNHKを心底軽蔑する」と病死した男を愚弄していると批判した[3]

2006年7月21日放送のTBS系ニュース番組イブニング・ファイブJNNイブニング・ニュース)」の「731部隊特集」では、731部隊とは無関係の安倍晋三官房長官(当時)の顔写真を約3秒間にわたって映し出したマスコミ不祥事安倍官房長官印象操作映像事件(731部隊ゲリラ画像事件)は金平報道局長(当時)が事実上、指示した可能性がきわめて高いことが指摘された[4]。これによれば、当時のTBSトップは放送業務を管轄する総務省に対し虚偽の報告をしたことになり、それにより「厳重注意処分」という軽微な処分を受けるにとどまったことになる[4]

著書[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b “人事、TBSテレビ”. 日本経済新聞. (2010年9月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJD20401_R00C10A9000000/ 2014年5月31日閲覧。 
  2. ^ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993351000.html
  3. ^ [1]
  4. ^ a b 「金平茂紀・望月衣塑子の正体」『月刊 Hanada』 2018年1月号

関連人物[編集]

外部リンク[編集]