永田浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永田 浩三
生誕 (1954-11-25) 1954年11月25日(63歳)
日本の旗 日本 大阪府
出身校 東北大学教育学部
職業 日本放送労働組合組合員[1]
ジャーナリスト
精神保健福祉士
武蔵大学教授[2]

永田 浩三(ながた こうぞう、1954年11月25日 - )は日本社会学者ジャーナリスト武蔵大学社会学部教授大阪府出身。

来歴[編集]

NHK入局後、主にドキュメンタリー、教養・情報番組に携わる。芸術作品賞放送文化基金賞ギャラクシー賞ABU賞アジア太平洋放送連合賞)・農業ジャーナリスト賞など多数受賞。菊池寛賞共同受賞。特に『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』などのプロデューサーを務めた。

母は、広島原爆投下の爆心から800メートルで被爆。被爆2世として、第5福竜丸展示館や、高木仁三郎の脱原発の活動に共鳴したため関連した番組も多い。

2001年、『ETV2001』のシリーズ「戦争をどう裁くか」のNHK側の統括プロデューサーを担当していたがNHK番組改変問題が起きたため、東京高裁で訴えた側の証言者をした以降、番組制作の職場離れることとなった。[3]。ジャーナリストの魚住昭は、永田や同じく番組に深く関与した長井暁と永田を高く評価した。

この前後、永田は、かつて紀行ドキュメンタリー『ぐるっと海道3万キロ』で、津軽地方の伝承『東日流外三郡誌』をとりあげたが、それが偽書であったことを月刊誌「ぎゃらく」や季刊誌「邪馬台国」に発表したため反省の弁を述べた。

NHKの工藤敏樹の評伝や、伝説のカメラマン・新沼隆朗の生前の業績を共同でまとめるなど、テレビマンの記録作成に熱心であった。以後、工藤敏樹については、さまざまな場で語るようになる。また、退職するまでNHKの若手ディレクターのための番組制作マニュアルを編集、人材育成にも尽力し続けた。

テレビラジオ局、新聞などとの関わりは深く、練馬区を拠点に、市民や学生たちと取材・制作した番組を、さまざまな映像祭やケーブルテレビなどで発表している。また、精神保健福祉士として、自殺対策や認知症患者とともに生きる社会の実現のための活動に力を入れている。2009年に共同で制作した、「テレビみつがしわ」『私は風船爆弾を作っていた・小岩昌子の戦後64年』は、「地方の時代」映像祭で奨励賞を受賞した。同年NHKを退職した[4]

2011年7月、NHKを離れて初めて番組制作に関わる。ETV特集『核をめぐる対話〜大江健三郎大石又七〜』は、ギャラクシー月間賞を受けた。東日本大震災以降は、被災地の人々や市民メディアとの交流を深め、公開講座や出版などに取り組んでいる。2013年、大阪朝鮮高級学校ラグビー部のドキュメンタリー映画『60万回のトライ』を岡本有佳とともにプロデュースする。1 現在、江古田映画祭実行委員会代表。中国に残された元日本軍「慰安婦」を撮る写真家安世鴻の写真展を、練馬区の市民活動家とともに2回とも開かせた。また、永田の母と同郷のヒロシマの画家・ガタロの絵画展にも、空前の観客を動員した。広島原爆を描いた漫画『はだしのゲン』を学校図書館から追放しようという動きに対して、阻止するための市民の運動の先頭に立ち、成果を上げ続けている。2015年1月、武蔵大学正門前のギャラリー古藤で、『表現の不自由展』を実行委員会共同代表として企画・実施して役2700人の観客を集めた。

ISILによる日本人拘束事件で殺害されたフリージャーナリストの後藤健二とは、ETV2000『シエラレオネ内戦 断ち切られた家族』以来の仕事仲間だったため後藤の死後、新聞・雑誌に追悼コメントを発表した。

主な担当番組[編集]

  • ドキュメンタリー'89
    • 「ビキニ・消されざる記憶」
  • NHK特集
    • 「どんなご縁で 〜ある老作家夫婦の愛と死〜」
  • ぐるっと海道3万キロ
    • 「父さんがケセン語」
    • 「謎の漂民文書」
    • 「北の海洋王国」
  • ドキュメント人間列島
    • 「人情デロレン節」
  • 日本その心とかたち
  • NHKスペシャル
    • 「又七の海 〜死の灰を浴びた男の38年〜」
    • 社会主義の20世紀
    • 「雨の神宮外苑 〜学徒出陣・56年目の証言〜」[5]
    • 「知っていますか 子供たちの食卓」
    • 「愛する命を送るとき 〜ある夫婦のホスピス絵日記〜」
    • 「脳死 第2部 討論・生と死の選択」
    • 「いのちの法話 〜瀬戸内寂聴の語る生と死〜」
    • 「ある課長の自殺」
    • 「父と子の対話 元ナチス党員家族の50年」
    • 「段々畑の歳月 〜秩父・太田部耕地の40年〜」
    • 「亡命イラク人たちの戦争」
  • クローズアップ現代
  • ETV2001
  • NHK人間講座
    • 「宮本常一が見た日本」
    • 「漱石先生の手紙」
  • ナイトジャーナル
  • にっぽん水紀行
    • 「宇宙の便りがとどく川」
  • にっぽん仕事全集 働くひとのメッセージ
  • おはよう広場
    • 「どこまでホント?血液型人間学」
  • 女性器の名前
  • いのちを奏でる家
  • がんサポートキャンペーン
  • にんげん広場21 いのち
  • プライム10
    • 「上野こころ医者日記」
  • 高円寺ふたり書房 出久根達郎の世界

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『奄美の奇跡』(WAVE出版 2015年)
  • 『いいがかり』(共著 七つ森書館 2015年) 
  • 『ベン・シャーンを追いかけて』(大月書店 2014年)
  • 『NHKと政治権力』(岩波現代文庫、2014年)
  • 『戦争の教室』(共著、月曜社、2014年)
  • 『NHKが危ない!』(共著、あけび書房、2014年)
  • 『テレビはなぜおかしくなったのか』(共著、高文研、2013年)
  • 『句集・随想 無精髭』(共編著、武蔵野書房、2011年)
  • 『マスコミ市民』での記事多数
  • 『暴かれた真実』(現代書館、2010年)
  • 『NHK、鉄の沈黙はだれのために』(柏書房、2010年)日本エッセイストクラブ賞候補
  • 『ETV改変事件八年目の真実』(「放送レポート」、メディア総合研究所、222号、 2010年)
  • 『NHK番組改変事件』(かもがわ出版、2010年)
  • 『またふたたびの生きがい』(「世界」4月号、岩波書店、2008年)
  • 『クローズアップ現代2002』(共著、NHK出版、2002年)
  • 『いつだって一期一会』(共著、武蔵野書房、2000年)


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

公式サイト[編集]