誰だって波瀾爆笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
誰だって波瀾爆笑
EVERYBODY Haran Bakushow
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組
演出 福田龍
出演者 堀尾正明
溝端淳平
岡田結実
関根麻里
ほか
ナレーター 真地勇志
製作
プロデューサー 大友有一、芦澤英祐
関健一(CP
制作 日本テレビ
放送
音声形式 モノステレオ放送[1](2011年10月9日 - )
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
55分時代
放送期間 2008年10月5日 - 2011年3月27日
放送時間 日曜 9:30 - 10:25
放送分 55分
90分時代【第1期】
放送期間 2011年4月3日 - 9月25日
放送時間 日曜 9:55 - 11:25
放送分 90分
60分時代
放送期間 2011年10月2日 - 2016年9月25日
放送時間 日曜 9:55 - 10:55
放送分 60分
90分時代【第2期】
放送期間 2016年10月2日 -
放送時間 日曜 9:55 - 11:25
放送分 90分
テンプレートを表示

誰だって波瀾爆笑』(だれだってはらんばくしょう、英字表記:EVERYBODY Haran Bakushow)は、2008年10月5日から日本テレビ系列で、日曜 9:55 - 11:25(JST)に放送されているトークバラエティ番組である。通称「波瀾」「波瀾爆笑」。

概要[編集]

1992年3月22日から16年間放送された『いつみても波瀾万丈』をリニューアルし、トークを交えながらゲストの魅力と人生を爆笑を交えながら紹介する。メイン司会は堀尾正明。司会の一人である溝端淳平がスタジオを飛び出して、ゲストの仕事・プライベートの密着ロケを敢行したり、これまでにない涙あり、笑いあり、癒しあり、ホンネありといったスタイルでの番組である。また、前番組とは異なり、スタジオに観客を集め公開収録で行われる。頻繁に10%以上視聴率を取るなど、日曜午前の番組の中では高い視聴率を獲得している。

東京マラソン中継』(毎年3月(2018年までは2月に開催)、フジテレビと隔年で中継)、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(毎年8月)放送時は休止。

2010年10月31日からタイトルロゴが一新。司会者3人の似顔絵が加わった。

2011年4月から放送時間が90分へと拡大。放送枠も移動となった。

2011年10月2日からアニメ『HUNTER×HUNTER』が10:55 - 11:25に放送されることになったため[2]、放送時間が9:55 - 10:55に短縮されることになった。このため前番組『波瀾万丈』の時間枠に戻った。

同年10月9日から編成上の音声がステレオに変更されたが、BGM・効果音含めモノラル音源で収録されている現状は変わっていない。

2016年10月2日から9:55 - 11:25に再度枠拡大された(ただし、時間拡大に伴い、2016年9月末を以て数局が同時ネット局から遅れネットに変更またはネット取り止めとなる)[3]

出演者[編集]

現在
過去
  • 小林麻耶(関根の産休代理。2015年10月25日放送分から出演[4]。ただし2016年6月以降、体調不良のため出演を見合わせ[5]、6月19日放送分から日本テレビアナウンサーが交代で代理出演のあと降板)
  • マッキー牧元 - 「究極の食べ方グルメ」

マスコット犬[編集]

  • ハランちゃん(放送開始 - 2010年10月24日まで出演、100回目出演以降産休入り[6]。以降、番組出演せず。)

放送リスト[編集]

コーナー[編集]

波瀾履歴ショー
  • ゲストのこれまでの半生を履歴書形式の巨大ボードで見ていく内容。進行役の小峠・平子がボードに記載されたゲストの経歴について触れていき、出演者たちとトークを交えていく。この「履歴書ボード」は市販の履歴書に準じているが、右側はゲストの幼少期や学生時代の写真が掲示されている。
これさえあれば何杯でもいける
  • ゲストが、白飯に合う食べ物を紹介する。その際、所々で米米CLUBの曲が流れる。

スタッフ[編集]

  • ナレーター真地勇志
  • 構成:小野高義、石塚祐介、大谷裕一、平出尚人
  • TM:渡邊勇二
  • SW:西阪康史(以前はCAM)、渡辺滋雄(週替り)
  • CAM:横田将宏、加美山稔(週替り)
  • 照明:池長正宏
  • 音声:木本文子
  • VE:飯島友美
  • 美術:栗原和也
  • 美術デザイン:大住啓介
  • TK:立石聖美
  • 編集:坪野洋季
  • MA:長谷川真哉
  • 音効:岡沢秀二
  • 協力:東京オフラインセンター
  • ロケ技術:池田屋ヌーベルバーグプレゼンス・クルー
  • リサーチ:高森雄幸
  • アーカイブ:大塚祐輝、細田雄也(週替り)
  • AD:柳下明大、真栄里雄飛、辻川稜、中野翔太、篠原彩夏、増田大地、村上望、加藤佳苗、鈴木康裕、久保田恵菜(週替り)
  • AP:上岡恵莉華、長谷川侑里、安原繭子、本間愛海(本間→以前はAD)(週替り)
  • 制作進行:東野真有
  • デスク:田尻明日香
  • ディレクター:高野勝矢、西岡伊吹、本河隆志、中野テツジロ、山際梨紗、渡邊麻子、樋口明日香、成田真司、日野力、垣見麻里子、植村快、浅井裕太郎、藤原亜矢、島田豊、萩原博喜(樋口・植村・藤原→共に以前はAD)、蛯原俊行(週替り)
  • プロデューサー:大友有一(2018年6月3日 - )、芦澤英祐(芦澤→以前は演出)、佐藤三羽一、金沢紀子、鈴木美江子、橋口洋之(橋口→以前は演出)(毎週)、宮本哲也(宮本→一時離脱►復帰)、川島道子(川島→以前はAP、一時離脱►復帰)、佐々木誠(週替り)
  • 制作協力:ホリプロ極東電視台THE WORKS
  • 演出:福田龍(以前はディレクター)
  • チーフプロデューサー:関健一(2019年6月2日 - )
  • 製作著作:日本テレビ

歴代のスタッフ[編集]

  • ナレーター:伊藤遼(日本テレビアナウンサー、2018年12月 - )
  • 構成:都築浩町山広美鮫肌文殊、内堀隆史、久保貴義、吉川泰生
  • TM:江村多加司、坂東秀明
  • SW:三井隆裕、村上和正、津野祐一、村松明
  • CAM:須川真也、日向野崇、岡田勇輝、中村佳央、秋元辰也、橋本圭祐
  • 照明:井口弘一郎、星勇次
  • 音声:山口直樹、村瀬脩一
  • VE:矢田部昭、山口孝志、古手川大、石山実、吉﨑慶、鈴木昭博
  • 美術:牧野沙和
  • 美術デザイン:波多野真理、柳谷雅美
  • TK:恩田明子
  • 編集:川口達也
  • MA:植木俊彦
  • 協力:麻布プラザ
  • リサーチ:フォーミュレーション、鈴木麻予、村上和広、近藤奏大、中原祐、秋田美月
  • 権利情報:北川めぐみ(以前はライツマネージャー)
  • アーカイブ:巻田和宏、引田裕人、稲葉真丈、白井正浩、山岸康平、島添佳和、松坂直樹、新名宗彰、織田祐也(週替り)
  • 編成:中村圭吾、鈴木淳一、鬼頭直孝、横田崇、久保真一郎
  • 広報:松榮大
  • ライツマネージャー:塚田幸子、本多初珠
  • デスク:府川麻衣子
  • AD:松林友望子、金甲敏、真壁瞬、太田みどり、志和幸奈、荒木志宣、片山恵介、内田博樹、小川香織、岩﨑由佳、内藤恵子、中村文、杉山大悟、佐々木あやめ、菅原綾子、小川展弘、永井星香、林航平(林→以前はAP)、吉田豊、曽部智弘
  • AP:笹部智大、内藤三保子、白砂晃、小川典子、久田光彦、加藤正和、安田奈央、伊庭野はるか、大屋万梨子(大屋→一時離脱►復帰)、川上庸、徳武真人(徳武→以前はディレクター)、樫本有美、豊田由佳梨(樫本・豊田→共に以前はAD)、福田由香理、細川恵里、川原布友美、高村幸恵、國澤智子
  • ディレクター:竹山耕太郎、貞松秀樹、小林圭子、鳥羽浩平、平山建司(二)、寺尾康佑、高戸大悟、橋田裕元、安田太地、永井純平、西野昇三、川島佳子
  • 演出:大澤宏一郎、大熊義紹、渡辺政次
  • 総合演出:栗原甚
  • プロデューサー:及川千津、瓜生健斎藤政憲(斎藤→以前は演出兼務)、堀金澄彦(堀金→2016年6月5日 - 2018年5月27日・6月10日)、菊池順子、中島千恵理、日向野明、畑野浩二(畑野→一時離脱►復帰)、小黒みやこ、国部有紀
  • 統轄プロデューサー:南波昌人(2018年6月3日 - 2019年5月26日)、中谷聡(2019年6月2日のみ)
  • ラインプロデューサー:鈴木雅人(2012年6月3日 - 8月26日、以前はチーフプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:大野彰作[7]森實陽三[8]→鈴木雅人→菅賢治藤井淳[9]→森實陽三→伊東修[10]

ネット局[編集]

55分時代(放送開始 - 2011年3月27日)[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 放送形式 脚注
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 日曜 9:30 - 10:25 制作局 スポンサードネット
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB) [11]
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) フジテレビ系列 日曜 12:00 - 12:55 2時間30分遅れ
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
日曜 9:30 - 10:25 遅れネット 番組販売扱い [12]
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
月曜 14:05 - 14:59 [13]

90分時代【第1期】(2011年4月3日 - 2011年9月25日)[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 日曜 9:55 - 11:25 制作局
青森県 青森放送(RAB) 同時ネット
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 土曜 12:54 - 14:24 遅れネット
過去
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 日曜 12:00 - 13:30 遅れネット
  • 2011年4月3日からは全編ローカルセールス枠となったため、同時ネット局でも、臨時に遅れネットもしくは非ネットとすることがあった。

60分時代(2011年10月2日 - 2016年9月25日)[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 日曜 9:55 - 10:55 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット [14]
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS) [15]
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS) [16]
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 [17]
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB) [18]
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)
富山県 北日本放送(KNB) 日曜 15:55 - 16:55 遅れネット [19]
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
火曜 15:50 - 16:50 [20]
過去
宮崎県 宮崎放送(MRT) TBS系列 土曜 16:00 - 17:00 遅れネット [21]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 日本テレビ系列 不定期放送 [22]
徳島県 四国放送(JRT) [23]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) [24]
  • 全編ローカルセールス枠の番組のため、同時ネット局であっても、臨時に遅れネットもしくは非ネットとすることがあった。

90分時代【第2期】(2016年10月2日 - )[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 日曜 9:55 - 11:25 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 [25]
愛媛県 南海放送(RNB) [18]
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)
山口県 山口放送(KRY) 土曜 13:00 - 14:30 遅れネット [26]
香川県・岡山県 西日本放送(RNC) 日曜 11:55 - 13:25 [27]
富山県 北日本放送 (KNB) 不定期放送 [28]
中京広域圏 中京テレビ (CTV) [29]
近畿広域圏 読売テレビ (ytv) [30]
広島県 広島テレビ (HTV) [31]
  • 全編ローカルセールス枠のため、同時ネット局でも、臨時に遅れもしくは非ネットとすることがある。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(JST
2008.10.05 2011.03.27 日曜日 09:30 - 10:25(55分)
2011.04.03 2011.09.25 日曜日 09:55 - 11:25(90分)
2011.10.02 2016.09.25 日曜日 09:55 - 10:55(60分)
2016.10.02 現在 日曜日 09:55 - 11:25(90分)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 編成上及び地上デジタル放送の場合。
  2. ^ HUNTER×HUNTER:新アニメは日テレで スタッフ、キャスト一新 ストーリーも最初から まんたんウェブ 2011年8月2日
  3. ^ a b c “岡田結実、初のレギュラーMCに起用「とても光栄な気持ち」”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077766/full/ 2016年10月3日閲覧。 
  4. ^ a b 『波瀾爆笑』産休の関根麻里“代打MC”は小林麻耶 - オリコンスタイル 2015年8月30日
  5. ^ 小林麻耶さんが当分休養へ 事務所の説明は? - The Huffington Post 2016年6月2日
  6. ^ 『誰だって波乱爆笑』の番組マスコット犬が産休へ - Ameba News 2010年11月7日
  7. ^ 番組初期のCP→一時離脱→2012年9月2日 - 2014年4月27日が5代目のCP。
  8. ^ 番組2代目のCP→一時離脱→2014年12月7日 - 2018年5月27日が8代目のCP。
  9. ^ 2014年5月4日 - 11月30日が7代目のCP。
  10. ^ 2018年6月3日 - 2019年5月26日が9代目のCP。
  11. ^ 2010年1月31日は「愛媛マラソン」中継のため同日の15:30 - 16:25に繰り下げて放送。
  12. ^ 2010年4月4日放送開始。同年3月28日まで放送されていた、テレビ朝日系列『サンデープロジェクト』終了に伴う後枠扱いでネット。2011年3月後半部分の放送はなく4月3日放送分から同時ネットに移行した。
  13. ^ 2010年9月までは月曜 15:00 - 16:00。
  14. ^ 2012年4月8日から2015年8月30日までは、自社制作番組『マハトマパンチ』放送のため同日の11:40 - 12:35に放送(当該時間帯にローカルでプロ野球中継日本ハム戦が編成される時は、月曜9:30 - 10:30に放送されていた)。なお、この間字幕は非対応。
  15. ^ 毎年5月第2週には「仙台国際ハーフマラソン大会」中継のため休止する。
  16. ^ 2016年3月まで同時ネット。4月からは同時間帯に、『ぶらり途中下車の旅』を遅れネットで放送していたが、同年9月より放送再開し、9月11日から同時ネット。
  17. ^ 2012年3月11日放送開始。
  18. ^ a b 毎年2月第2週には「愛媛マラソン」中継のため休止する。
  19. ^ 2013年3月31日までは同時ネット。特番などにより移動や休止がある。
  20. ^ 当初は月曜 9:50 - 10:50の遅れネットだったが、2014年4月6日 - 2016年3月27日の間は『笑っていいとも!増刊号』の後番組扱いとして同時ネットするも、2016年4月5日より『笑っていいとも!増刊号』の後番組『ワイドナショー』を第1部のみながらネットする関係上、当該時刻で再び遅れネット。
  21. ^ 2012年7月14日放送開始。2013年9月で打ち切り。
  22. ^ 2011年10月2日から放送されていたが、2012年3月25日で打ち切り。打ち切り時点は日曜12:35 - 13:30に放送され、当日時差ネット。その後2013年2月9日(日本テレビ・2012年6月3日放送分)と2月16日(日本テレビ・2012年10月21日放送分)の12:54 - 13:54(いずれも土曜日)に放送されたのち、2013年4月よりネット再開(ただし放送順が異なる)。2013年10月16日(日本テレビ・2013年4月14日放送分)を最後に放送されていなかったが、2014年6月から、平日夕方の時間帯に不定期での放送を再開した。中京テレビと同様、重大事故が発生した場合は、裏送りされることもある。
  23. ^ 2012年1月以降は日曜15:00 - 15:55の枠で単発扱いで放送していた。2014年7月6日で一旦打ち切りになっていたが、2015年2月22日から同枠且つ不定期で単発扱いでの放送を再開した。重大事故が発生した場合は裏送りされることもある。
  24. ^ 2012年3月までは同時ネット。翌4月より当日時差ネットに移行したが同年9月で一旦打ち切り。重大事故が発生された場合は裏送りされることもあった。2016年7月2日より不定期で放送再開し、後述のとおり2017年2月4日からレギュラー放送を再開した。
  25. ^ 毎月最終週は、10:25 - 10:55に『イチスペ!』、10:55 - 11:25に『新ふるさと百景』放送のため休止(振替放送は無し)。
  26. ^ 2017年7月22日から不定期で放送(日本テレビ2017年4月30日放送分)を再開し、2018年4月7日(日本テレビでは2018年3月25日放送)から遅れネットだがレギュラー放送を再開。
  27. ^ 2016年10月9日から2017年3月26日までは12:00 - 13:30で放送。2017年4月2日から現在の放送時間で放送。
  28. ^ 2019年4月7日 (日本テレビで3月24日放送分) を最後に不定期放送。
  29. ^ 2017年2月4日 (日本テレビで1月29日放送分) からネットを開始したが、2018年4月28日 (日本テレビで2月4日の放送分) を最後に不定期放送。
  30. ^ 週末午後の空き枠で放送するが、主に2019年以前の放送回が放送される。
  31. ^ 土曜 12:55 - 14:25に放送されていたが広島テレビの編成による休止が多数あったため現在は週末の午後の空き枠などで不定期放送。

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 日曜9:30 - 9:55枠
前番組 番組名 次番組
THE・サンデー
(1999.10.3 - 2008.9.28)
※8:00 - 9:55
誰だって波瀾爆笑
(2008.10.5 - 2011.3.27)
シューイチ
(2011.4.3 - 2013.3.31)
※8:00 - 9:55
日本テレビ 日曜9:55 - 10:25枠
いつみても波瀾万丈
(1996.4.7 - 2008.9.28)
※9:55 - 10:55
誰だって波瀾爆笑
(2008.10.5 - )
-----
日本テレビ 日曜10:25 - 10:55枠
世界まる見え!DX特別版
(2009.10.4 - 2011.3.27)
※10:25 - 11:25
【日曜12:45 - 13:55枠へ移動】
誰だって波瀾爆笑
(2011.4.3 - )
-----
日本テレビ 日曜10:55 - 11:25枠
世界まる見え!DX特別版
(2009.10.4 - 2011.3.27)
※10:25 - 11:25
誰だって波瀾爆笑(第1期)
(2011.4.3 - 2011.9.25)
HUNTER×HUNTER
(2011.10.2 - 2013.9.29)
東野・岡村の旅猿
プライベートでごめんなさい…

(2013.10.6 - 2016.9.25)
【木曜1:29 - 1:59(水曜深夜)枠へ移動】
誰だって波瀾爆笑(第2期)
(2016.10.2 - )
-----