FMリクエストアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

FMリクエストアワー』(エフエムリクエストアワー)は、NHK-FM放送で放送された音楽番組。放送当時はFリク(エフリク)の愛称で親しまれた[1]

概要[編集]

NHK-FM開局初期の頃からある番組で、元々クラシック音楽番組であったが、東京局以外の地方局は、NHK-FMで数少ない都道府県単位差し替えの[2]企画ネット番組へ移行[1]

放送は毎週土曜日、開始初期から1969年2月22日までは17時~19時。同年3月1日~4月5日は16時~18時。同年4月12日~1972年4月1日は15時から17時。1972年4月8日~放送末期は、15時台(15:10、15:05、15:00)から18時の約3時間のワイド番組へと移行する。

NHK-FM放送の場合は、NHKラジオ第1放送(中波)とは違い、全国各都道府県や、北海道では更に支庁単位で放送局中継局があるため、広域放送の地域である関東地方東海3県近畿地方でも都道府県別、北海道は支庁単位(札幌、函館、旭川、帯広、釧路、北見、室蘭)、福岡県北九州放送局福岡放送局で、最大で54もの個別の番組が同時刻に放送されていた。

したがってスピルオーバーにより、複数の都道府県のNHK-FM局が聞ける地域に住む者にとっては、同時刻に多数の番組から選択する事が可能で、民放FM多局化以前の時代には、貴重な存在であった。

放送内容[編集]

内容は局によってバラエティに富んでおり、東京のように1984年3月までクラシック音楽しか受け付けていなかった局もあれば、担当アナウンサーの趣味全開で偏ったジャンルのリクエストが採用され、アイドルの楽曲を受け付けないとか、浦和放送局(当時)千葉放送局の罵倒合戦など、NHKらしからぬ破天荒な放送をする局もあった。

放送の形態は、スタジオでリスナーから寄せられたリクエスト音楽をかけるだけのやり方や、市民を局舎内のオープンスタジオやイベント会場に招いた公開生放送の形式を採り、リクエスト音楽だけでなく、ゲストとして招いた歌手音楽家生演奏などがあった[3] 。公開生放送である場合は、事前のはがき申し込みの抽選で選ばれた人を招いたり、自由参加[4]だったりというやり方が混在していた。

なお土曜日が国民の祝日ゴールデンウィークお盆年末年始と重なった場合はローカル放送とはせずに東京発の全国共通番組にしたこともあった。

番組タイトル[編集]

この番組は、ほぼ全都道府県の放送局で「FMリクエストアワー」のタイトルだったが、地域によっては「各局のコールサイン+リクエストアワー」や、下記のように独自の物が付けられていた。

放送局名 番組名
旭川 ハローサタデー旭川
帯広 レッツゴーヤングサタデー
北見 きたみヤングヤングサタデー
福島 ふくしまミュージックサタデー
水戸 水戸リクエストアワー
前橋 TPリクエストアワー
宇都宮 うつのみやリクエストアワー
浦和 うらわミュージックサタデー
千葉 千葉リクエストスタジオ
東京 リクエストアワー
横浜 ヨコハマFMリクエスト
新潟 QKリクエストアワー
長野 NKリクエストアワー
岐阜 リクエストアワー
大津 QPリクエストアワー
京都 OKジョッキー
大阪 ステレオリクエストアワー
神戸 FMリクエストアワー「トアロードであいましょう」
長崎 長崎FMリクエストアワー

雑誌掲載[編集]

1980年代前半には、当時総合テレビで放送されていた『歌のビッグステージ』用に収集された全国のFリクのリクエストデータをまとめた雑誌として『NHK音楽情報BIG』(1980年7月 - 1983年2月)が発売されていた[1]。当時はまだ一般的には人気が高いとは言いがたかったTHE ALFEE浜田省吾らがFリクではなぜか毎回ベストテン入りするという現象が起きており、同誌でも両者を大きく取り上げていた[1]

また、雑誌ラジオパラダイス1986年8月号では「全国54局完全CLOSE UP・NHK-FMリクエストアワー大図鑑」と題して、全国の各局の番組タイトル、DJの名前等の一覧が掲載された。

統合末期[編集]

1985年頃から関東地方の一部局を皮切りに徐々に「東京リクエストアワー」への統合化が図られるようになり、首都圏県域局の独自番組は1989年(平成元年)4月改編までにすべて終了した。残った甲府放送局1991年(平成3年)に東京からのネットに切り替え、関東甲信越のブロック放送化が完了した。他地域でも順次ブロック基幹局ごとの放送へとまとめられていき、1990年度からの『夕べのひととき』のブロック化に影響を与えた。

またこの頃から一部の局でアナウンサーではなく芸能人パーソナリティに起用する例が出始め、下記のパーソナリティがDJを務めていた。

1996年3月番組終了。「サタデーホットリクエスト」へ移行。

各局の様子[編集]

前橋[編集]

TPリクエストアワーを参照

松山[編集]

八木健-NHK在職時の担当番組を参照

神戸[編集]

放送を行なっていたオープンスタジオのあるNHK神戸放送局がトアロード沿いにあった事から、番組名を「トアロードであいましょう」としていた。1978年4月、番組開始[7]

  • オープニング曲 - 「オン・ザ・ムーヴ」(深町純
  • アナウンサー
  • アシスタント
    • マリ
    • 古川典子[8]

水戸[編集]

主にプログレッシブ・ロックを中心に選曲していた時期があった。

仙台[編集]

1977年4月、岩渕まことからDJを引き継いださとう宗幸番組内のコーナーでリスナーから寄せられた詩に曲をつけて歌を創作しており、番組リスナーだった星間船一から送られた歌詞にさとうが曲を付け青葉城恋唄として発表。後に大ヒット曲となる。

岩手[編集]

1972年 NSPデモテープが彼らの地元・岩手のFMリクエストアワーで放送され、反響を呼び11週間連続1位に。この直後、第5回ヤマハポピュラーソングコンテストで入賞。[9]

復刻版放送[編集]

アシスタント[編集]

新人女性アナウンサー登竜門的な番組でもあり、まだ無名の新人時代、アシスタントに就いていた。また学生時代にこの番組のアシスタント出演をきっかけとし、その後アナウンサーや歌手他として活躍する者を多く輩出した。

番組終了後[編集]

サタデーホットリクエスト移行後[編集]

1996年4月から14時~18時50分の約5時間、NHKスタジオパークからの全国的な統一番組の公開生放送を行うようになり、原則東京からのラインネットになったが、大阪局名古屋局等で毎週又は不定期で2 - 3時間程度ローカルのリクエストアワーに差し替え放送していた。そのため土曜日午前中の「FM番組トピックス」(FM放送番組案内)では「午後2時から午後6時50分までは各地域ごとの番組を放送します」と説明していた。

サタデーワイド移行後[編集]

「サタデーホットリクエスト」が2010年3月で終了となり、その枠を引き継いだ「サタデーワイド」も引き続きローカル放送枠となっていた。2011年度をもってこの時間帯のローカル放送枠は解除されたが、一部放送局ではこの時間帯にローカル番組を放送することがある。

その他[編集]

各局ごとに「ファンクラブ」を結成していた所が多く、機関誌の発行、クラブ員同士の交流、公開放送やイベント時の人員整理、警備ボランティアなどを行っていた。また各局が番組独自の手帳、カバン、Tシャツ等のノベルティを作り、リスナープレゼントしていた局も多かった。

SUNPU博'89において「FMリクエストアワー・ヤングステージIN SUNPU」と題したイベントが行なわれていた。

NHK-FM 土曜午後
前番組 番組名 次番組
ニュース天気予報

15:00-15:10(~1982年3月)
15:00-15:05(1982年4月~)

ジャズクラブ
14:00-15:00
FMリクエストアワー
邦楽百番 18:00~
日本の民謡18:00~

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 地域発「Fリク(FMリクエストアワー)」物語 ~あのころ、あの人、あの熱気~ - Listen NHK-FM・2009年2月19日 ※リンク切れ2018年7月27日確認
  2. ^ 他に平日18時台「夕べのひととき」も該当。「夕べのひととき」は都道府県の一部での差し替えタイトルがあった。
  3. ^ 1979年(昭和54年)NHK山口放送局12月16日(日)13~15時 長門ショッピングプラザでの公開収録のお知らせpdfファイル山口県長門市-広報「ながと」デジタルアーカイブ
  4. ^ スタジオに来たら先着順で見学可。
  5. ^ 永田真代プロフィールamebaブログ
  6. ^ BIOGRAPHY石原詢子公式ホームページ
  7. ^ NHK神戸放送局のあゆみNHKホームページ
  8. ^ NOTI(ノーティ)代表者紹介
  9. ^ NSPプロフィールNSP official website
  10. ^ NHK室蘭広報誌2008年6月号pdfファイル
  11. ^ 1日だけ復活!FMリクエストアワー水本香里の美味しい毎日♪
  12. ^ 高橋清美プロフィール高橋清美オフィシャルサイト

外部リンク[編集]