荒牧陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒牧 陽子
別名 マキタソ
あーたん
Roxie
生誕 (1981-01-14) 1981年1月14日(36歳)
出身地 日本の旗 日本岡山県岡山市
学歴 就実高等学校
ジャンル シンガーソングライター
スタジオミュージシャン
ガイドボーカル
職業 歌手
ものまねシンガー
活動期間 2005年-
レーベル CPC Records
事務所

フリースタイル

www.freestyle-net.jp/profile.html
公式サイト www.makizm.com

荒牧 陽子(あらまき ようこ、1981年1月14日 - )は、日本女性歌手シンガーソングライターものまねシンガー。フリースタイル所属。就実高等学校卒業。身長152cm。

経歴[編集]

岡山県岡山市生まれ。幼少時より優れた音楽的才能を発揮、2歳にして音程を取りながら歌う事ができ、3歳で既に30以上もの歌のレパートリーが有り、小学生の高学年になる頃からは地元の歌のコンテストに次々と参加、ことごとく優勝・入賞し「コンテスト荒らし」と呼ばれていた。[1]

1997年5月18日に放送された『NHKのど自慢』(岡山県久世町)でチャンピオンとなり翌年3月14日開催の同番組のチャンピオン大会に出場している[2]。 2001年2月18日放送の同番組の岡山市大会でもチャンピオンになっている。 ピアノ演歌も幼少時より学んでいた。

就実高校を卒業後、20歳で上京しシンガーソングライターとしての活動を開始する一方で様々なオーディションを受けるもなかなか合格できなかった。 最終選考までは行くが、最後で落とされる事が8・9割であったとの事。[3] その為、スタジオミュージシャンコーラス、カラオケのガイドボーカル等の活動を並行し生計を立てていた。

シンガーソングライター・スタジオミュージシャンとしての活動では、全曲荒牧が作詞作曲のオリジナルアルバム『Anytime musix』[4]が代表作。 また、パチンコ「CRリング呪いの7日間」の10R大当たり曲である『雫(しずく)』[5]や、これも自身の作詞作曲である『Only love』[6]等、諸事情でCD化されていないが知る人ぞ知るオリジナルの名曲も持っている。 その他、ヒップホップソウルミュージックロック等のジャンルで様々な楽曲を歌唱している。[7]

コナミデジタルエンタテインメント音楽ゲームBEMANIシリーズ」(『pop'n music』、『GuitarFreaks』、『DrumMania』、『jubeat』など)では、2004年以降よりたびたび収録楽曲のボーカルとして参加しており[8]、キャラクター「三度笠ポン太」をテーマにした曲(泉陸奥彦作曲)などでは「あーたん」という名義を名乗ることもある[9][10]

ディズニーソング「アロハ・エ・コモ・マイ」では山寺宏一とデュエットで歌唱している。[11]

コーラスの活動では五木ひろしやkinki kids等、大物アーティストのツアーコーラスも度々務めている。[12] [13]

ガイドボーカルの活動も2004年頃から開始、現在まで約1000曲ものあらゆるジャンル・アーティストのガイドボーカルを収録している。

ブレイクして以降は彼女が歌ったガイドボーカル曲についての問い合わせが殺到、LIVE DAMのデンモク(カラオケの選曲用子機)では彼女がガイドボーカルを務めた曲のみを一覧表示・選択できるスイッチが設けられている程である。[14]

これらの様に、誰もが知るようなオリジナルのヒット曲こそ無いものの、シンガー・スタジオミュージシャンとしては既にものまねデビュー以前から非常に高い評価を得ていた存在であった。

TOKYO MXMero.jpミュージックChannelという番組で、ガイドボーカルの仕事を紹介する形で出演したり、ガイドボーカルの歌声が本物そっくりとインターネットなどで話題になり、日本テレビのスタッフがそれらに着目、ものまねシンガーとしてのメディア登場を促し、2011年7月19日放送のバラエティ番組『スター☆ドラフト会議』でものまねデビューを果たす。 そこで平原綾香倖田來未坂本冬美大塚愛レディー・ガガなどのものまね10連発に挑戦し大きな反響を得る。 圧倒的な歌唱力、妖艶な美貌も相まって一気にブレイク、イベントやテレビ等、500件以上ものオファーが舞い込んだ。

所属事務所はエイベックス・グループケイダッシュ太田プロダクションなど11社の争奪戦の末、ケイダッシュ系列のピーチとなった。[15] 2012年7月3日放送回では海外の音楽プロデューサーを招きオファーを受ける企画があり、そこでも12ものオファーを受けている。 [16]

この『スター☆ドラフト会議』には準レギュラーとして番組の終了近くまで頻繁に登場した。[17]

その後も、同局のものまねグランプリや在京キー局のバラエティ番組を中心に多数出演、世間での知名度を上げる。売り出し当初は同じく日本テレビ系列の番組でブレイクした青木隆治になぞらえて、「女・青木隆治」と紹介されていた(荒牧と青木は先述のNHKのど自慢チャンピオン大会やオーディションで顔を合わせるなど、デビュー前から一応の面識はあったという)。

「ものまね新女王」「ものまねクイーン」等の名を持つ。 一般的なものまねタレントは、1つのレパートリーの開発に3か月~半年程度を費やすのが普通だが、彼女はわずか1年で50個近いレパートリーを開発しており、その驚くべきスピードと、個々のレパートリーのクオリティの高さも評価されている。

ものまね以上に最も彼女が評価され、ものまねのベースになっているのが、前述してきた通りその歌唱力である。 4オクターブの声域を持ち、しかもそれを安定して縦横無尽に発声できる。 J-POPのみならず本格的な演歌洋楽ロックジャズなどジャンルを問わない高い歌唱力を持ち、声域・声量・レガートビブラート・ピッチの安定性・リズム感・聴力等の様々な要素においてずば抜けたレベルで、「歌謡界では日本一の歌唱力」「アジア内でも屈指、世界メジャーレベル」等と絶賛する識者も国内外を問わず多い。 モノマネしている歌手本人より上手いと言われた、稀有の存在でもある。[18]

2012年11月9日に、激務から来る喉・体調・メンタル不調のため芸能活動一時休止を宣言、2013年1月より休業していた[19]

不調が癒えた2014年夏頃より活動再開、日本全国でディナーショー等営業中心に活動している[20]。 休業し数年メディアから遠ざかっていながらも、ディナーショーのチケットが短期間で完売したり、youtube等の彼女の動画の多くが視聴数10万回~100万回を超える等、実力に裏打ちされた根強い人気を保っており、本格的な復帰が切望されている。[21]

2017年1月、自身のInstagramで2016年秋頃に出産していたことを明かした。

主なものまねレパートリー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定
オリコン Hot 100
シーピーシーレコード レーベル
1st 2010年1月13日 Anytime musix
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

参加作品[編集]

シングル化された参加作品
発売日 作品名 最高
順位
認定 アルバム
2007年4月18日 黄金の輝き (NUMBER201 feat.MAKI) オリコン18位 なし
シングル化されていない参加作品
発売日 作品名 アルバム
2006年12月22日 Glorious Days HEAVEN INSIDE
Cry in the Rain
ALWAYS (A HAND TO HOLD Japanese version)
2008年9月17日 My Time (enmaku feat.MAKI) The SCREAM
2009年11月4日 DRAMA(enmaku feat.荒牧陽子 a.k.a MAKI) TAMARIBA SOUND
2010年6月23日 風吹く街(HYENA feat.荒牧陽子) Session for "THE ALBUM"
2011年1月19日 My Time 2(enmaku feat.荒牧陽子) WE ARE FRESHENER
2011年4月20日 三度笠ポン太は今日も行く ポン太と巡る世界の音楽
風に吹かれて三度笠ポン太
母に抱かれて三度笠ポン太
愛と勇気の三度笠ポン太
2011年8月13日 Singing in the rain RADIATA

サウンドトラック[編集]

BEMANIシリーズサウンドトラック一覧も参照。

発売日 アルバム名 曲名
2005年4月13日 pop'n music 12 いろは AC♥CS pop'n mucs 10 My
2005年7月6日 GuitarFreaksV & DrumManiaV Soundtracks 三度笠ポン太は今日も行く
2006年4月19日 GuitarFreaksV2 & DrummaniaV2 SoundTracks 風に吹かれて三度笠ポン太
2006年10月27日 pop'n music 14 FEVER! AC♥CS pop'n music 12 いろは & 13 カーニバル ヒツゼンでしょ! (Happy Man Japanese Version)
2007年3月8日 GUITARFREAKS V3 & DRUMMANIA V3 SOUNDTRACKS 母に抱かれて三度笠ポン太
2008年12月5日 GuitarFreaksV5&DrumManiaV5 Rock to Infinity Original Soundtracks Power Game
2009年1月18日 HANGAME パチンコDX/パチスロDX Vocal Collection 2008 マジレス〜リリスのマジカルレッスン〜☆ラッキー☆ハッピー☆WITCH GIRL
2009年2月27日 jubeat ORIGINAL SOUNDTRACK I LOVE マミー
2010年3月24日 悪魔城ドラキュラBest Music Collections BOX 月の伝説
beatmania IIDX 17 SIRIUS ORIGINAL SOUNDTRACK To the Future
2010年9月22日 jubeat knit ORIGINAL SOUNDTRACK Ready Go!!
2011年4月20日 jubeat knit APPEND SOUNDTRACK Ready Go!!(Long Version)
愛と勇気の三度笠ポン太
2011年6月29日 pop'n music 19 TUNE STREET original soundtrack 風と自転車
2011年10月12日 GuitarFreaksXG2 & DrumManiaXG2 Original Soundtracks 2nd season REALIZE
2012年7月25日 pop'n music 20 fantasia original soundtrack Mighty Guy
2012年11月21日 GuitarFreaksXG3 & DrumManiaXG3 Original Soundtracks 2nd season 歌の翼
愛と勇気の三度笠ポン太
歌の翼 (Long Version)

コンピレーション・アルバム[編集]

発売日 アルバム名 曲名
2007年5月23日 GALソンアニメTRANCE-ULTRA MEGA HITS- すいみん不足
さんぽ
2009年2月23日 Fate/Recapture-original songs collecrion- Alive(NUMBER 201 feat.荒牧陽子)
2010年6月25日 ナルキッソス〜もしも明日があるなら〜Portableボーカルアルバム 世界がせつなかった日に
2010年11月13日 激Love J ユーロ〜J-POP COVERS BEST〜Mixed by DJ BOSS YES-NO

コーラス[編集]

発売日 備考
2005年3月24日 Delightful 鈴木亜美のシングル
2011年4月13日 北乃きいのアルバム
2011年6月22日 とある魔術の禁書目録IIアーカイブス2 衝動、なのでございますよ。のコーラス
2011年7月27日 とある魔術の禁書目録IIアーカイブス3 BEAT IN(ビリ)! BEAT IN(ビリ)!のコーラス

出演[編集]

テレビ[編集]

他多数

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 番組情報 誰だって波瀾爆笑 荒牧陽子
  2. ^ 平成9年度NHKのど自慢チャンピオン大会 スクランブルエッグ 1998年10月11日付記事
  3. ^ 番組情報 誰だって波瀾爆笑 荒牧陽子
  4. ^ 荒牧陽子 Anytime musix(2010年1月発売)
  5. ^ 荒牧陽子 CRリング 呪いの7日間 『雫(しずく)』10R大当り曲
  6. ^ 荒牧陽子『Only love』2009.11.20 L@N akasaka ライヴより
  7. ^ 荒牧陽子 Official website Discography
  8. ^ +++メッセージソング+++”. pop'n music 12 いろは. コナミデジタルエンタテインメント (2005年1月5日). 2011年11月24日閲覧。
  9. ^ 風に吹かれて三度笠ポン太 あーたん”. GuitarFreaksV2 & DrumManiaV2. コナミデジタルエンタテインメント (2006年2月8日). 2011年11月24日閲覧。
  10. ^ ヒツゼンでしょ! (Happy Man Japanese Version)”. pop'n music 13 カーニバル(PS2版). コナミデジタルエンタテインメント (2006年10月12日). 2011年11月24日閲覧。
  11. ^ ディズニーアニメ・スティッチ・ベスト「アロハ・エ・コモ・マイ」
  12. ^ 五木ひろし~“プレミアム・ライヴ 2011”~(2011年4月~5月)
  13. ^ 緊急全国ツアー KinKi youコンサート(2009年7月~2010年1月)
  14. ^ ライブダム機能解説 荒牧陽子のガイドボーカル曲
  15. ^ 荒牧陽子 衝撃の初登場
  16. ^ 荒牧陽子 海外からオファー(スタードラフト会議)
  17. ^ スタードラフト会議全編 動画集
  18. ^ 荒牧陽子の歌声を聴いた人の反応と評価
  19. ^ “荒牧陽子が休養!恐怖…体調不良…”. 日刊スポーツ. (2012年11月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121109-1044676.html 2012年11月10日閲覧。 
  20. ^ 荒牧陽子 現在の活動状況
  21. ^ youtube 荒牧陽子動画

外部リンク[編集]