Awesome City Club

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Awesome City Club
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
シティ・ポップ
シンセポップ
ポップ・ロック
ファンク
ドリーム・ポップ
活動期間 2013年 -
レーベル CONNECTONE
事務所 タイスケ
共同作業者 mabanua音楽プロデューサー)、浦本雅史レコーディング・エンジニア)、高橋久美子作詞家[1]
公式サイト Awesome City Club OFFICIAL SITE
メンバー atagi(ボーカルギター
PORIN(ボーカルシンセサイザー
モリシー(ギターシンセサイザーボーカル
マツザカタクミ(ベースシンセサイザーラップ
ユキエ(ドラムス

Awesome City Club(オーサムシティークラブ)は、男性3人女性2人からなる日本の5人組バンド[2]。略称は“ACC”。所属事務所タイスケ、レーベルはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの社内レーベル・CONNECTONE

概要[編集]

「架空の街“Awesome City”のサウンドトラック」をテーマに、テン年代シティ・ポップを「RISOKYO」から「TOKYO」に向けて発信する男女混成5人組バンド[2][3][4]

初期はレーベルや事務所には未所属のままCDを一切リリースせず、音源はすべてSoundCloudYouTubeを通じてWEB上で発表して早耳の音楽ファンの間で話題を集める[2][3][4]。その一方、各種イベント企画への参加など精力的なライブ活動を展開し、Letting Up Despite great Faults(レッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツ)、Painted Palms(ペインテッド・パームズ)、Deerhoof(ディアフーフ)TAHITI80(タヒチ80)などの海外アーティストの来日ツアーのオープニングアクトも務めた[2][3][4]

クラウドファンディングVRなど最新のテクノロジーを積極的に駆使した活動が各所から注目を集めている[3]

ライブの登場時SEザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)の「Race For The Prize」を使用している。

バンド結成の経緯[編集]

マツザカタクミが同じ音楽スタジオで働いていたatagiを誘うかたちでバンドの構想がスタート[注 1]。その後、可愛くて上手いという条件からatagiと面識があったドラマーのユキエをスカウトする。同時期にモリシーもメンバーに加わる。元々ボーカルは外国人を予定していたが、その過程で相談したモリシー本人がギター担当として加入することになった。ボーカルが決まらず、レコーディング時に仮歌のつもりでボーカルをとったatagiが、そのままの位置におさまる。そしてちょうど別の女性メンバー候補の話が破談になった頃に音楽スタジオにアルバイトとして入ってきたPORINをマツザカが勧誘し、「Children」のMVに出演させる。以降、サポートメンバーとしてバンド活動に参加していたが、2014年4月に正規メンバーとして迎えられ、現在の5人編成となる。

結成時は、atagiがeyes of tiger、モリシーがBig Ben、マツザカタクミがHORROR SHOW、ユキエがbaby baby babyというように、それぞれマツザカが考案したニックネームを持ち、PORINも加入の際はNYLONと名乗っていたが、2014年10月10日をもって、現在のそれぞれの本名に落ち着いた[5]リーダーという呼称は使われず、代わりにマツザカタクミを主宰と呼んでいる。

バンド名[編集]

バンド名は、バンドというよりもプロジェクト的な集まりを目指していたマツザカタクミがCity Clubというフレーズを考え、読み心地の良さからAwesomeという単語が頭に付けられた。他の候補としてwelcomeやbeautifulがあったという。それより以前のマツザカタクミとatagiのふたりだけの時期には、アルバイト先の店長より「チャンポンズ(ちゃんぽんず)」というバンド名を提案されたこともあった。

atagiとPORINの2名によるアコースティック編成でライブに出演する際は「小さなAwesome City Club」と呼ばれる。

メンバー[編集]

atagi(あたぎ) / eyes of tiger、night of fire、アタギヒロシ(漢字表記は安宅広志)
ボーカルギター担当。元キングヌラリヒョンのメンバー。ソロミュージシャンとして弾き語りも行っている。
リスペクトするアーティストは宇多田ヒカル[6][7]
趣味は魚全般に関すること。自宅で魚を飼うことができないため、水槽で魚を飼育する動画を視聴することも趣味としている。デイリーポータルZの動画サイト・プープーテレビのヘビーユーザーであり、2016年のプカデミー賞ではゲスト審査員を務めた[8]
PORIN(ぽりん)/ NYLON、ファ♯、庭園子、土志田ミポリ、どしだみほ(漢字表記は土志田美帆)
ボーカルシンセサイザー担当。元fewtonのメンバー。マツザカタクミと共にDJユニット「ぴんとしてシャン!」としても活動。2016年にはソロの弾き語り活動を活発化させ、同年12月には自主企画「porinroom」を開催した。
シンガーソングライターとしての活動経験もあり、どしだみほ名義による「通り雨」がコンピレーション・アルバム『鉄こんぴ 金の卵編』(2012年)に収録。高橋栄一監督の自主製作短篇映画『opus.01』(2013年)の劇中歌に庭園子名義で参加。アナログフィッシュのアルバム『最近のぼくら』(2014年)収録の「Moments」にゲストボーカルとして参加。
2017年には、音楽以外のソロ活動にも力を入れ、FODオリジナルのショートフィルム番組『さいはてれび』の一編「Melody」で主役のメロディーを演じたり、ファッション誌でモデルを務めている。
ファッション全般への造詣が深く、ファンクラブ「Awesome VIP Club」のWEB連載ではファッションブランドのレコメンド企画を行っている。サインは、自身のシンボルマークであるアルファベット大文字の「P」を四角く囲むだけのシンプルなもの。特技は、15秒で47都道府県の名称を全て言うこと。1stツアー「Awesome Talks -One Man Show」の頃にはモリシーと身長、体重が同じであった。
モリシー(もりしー)/ Big Ben、モリシマヒロシ(漢字表記は森嶋浩司)
ギターシンセサイザーボーカル担当。元thattaのメンバー。Macro_creaM名義でソロユニット活動を行う以外にも、Funk Discussion Brothersへの参加やサポートミュージシャン、レコーディングエンジニアとしても活動している。音楽学校での講師の経験もある。サポートではKeishi TanakaShiggy Jr.のライブへ参加、レコーディングではTHE KEYSなどを手掛けている。2012年と2013年にはTOYOTAコンセプトカーCamatteのイメージ映像に楽曲制作として参加している。2014年にはNACANOのアルバム『GASTRONOMY』のプロデュースとミックス、長棟航平監督の短編映画『みなと、かこ、げんざい』の劇中音楽を担当している。2016年には東京女子流LOVERSSOUL西恵利香などのレコーディングに参加している。
趣味はコーヒーに関することで、将来の夢は自分のコーヒー店を開くこと。海が好きで、アルバムなどの作品が完成すると、江の島ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線内で試聴する。1stツアー「Awesome Talks -One Man Show」の頃にはPORINと身長、体重が同じであった。
マツザカタクミ(まつざか たくみ)/ HORROR SHOW、本名の漢字表記は松坂匠
ベースシンセサイザーラップ担当。元THIS IS PANICのメンバー。Awesome City Clubの主宰。PORINと共にDJユニットぴんとしてシャン!としても活動。オリジナルTシャツをはじめとするバンドの物販全般のデザインを手掛ける。
趣味は古着屋巡り、居酒屋巡り。帰国子女であり、海外在住時はモーニング娘。を愛聴していた。ラップ音楽を好み、エレファントラブをコピーすることから音楽活動をはじめた[9]
ユキエ(ゆきえ)/ baby baby baby、オオシロユキエ
ドラムス担当。元BobRinsのメンバー。元THE PARTYSのサポートメンバー。THE PARTYSのサポート時はDAISYという名のオオシロユキエの分身というコンセプトで参加していた。
幼少時から空手を習っており、2016年7月のNHK「シブヤノオト」出演時には型を披露した。「アウトサイダー」「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」のMVでも型を披露している。小学生の頃から椎名林檎の大ファン[10]

来歴[編集]

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたatagi、モリシー、マツザカタクミ、ユキエにより結成[2][3][4]。8月17日、新代田FEVERでのMANGA SHOCKレコ発ツアー 『漫画衝撃ツアー東京編』への参加が初ライブ。同年9月には公式サイトを開設し、「愛ゆえに深度深い」と「Children」の2曲をSoundCloudで公開。またYouTubeに「Children」のMVをアップした。

2014年4月、当初からのサポートメンバーであったPORINが正式加入[2][3][4]。12月9日、かねてより大ファンであったTahiti 80に来日公演でのサポートアクトを申し出たことから、出演が決まる[11]

2015年1月15日、公式サイトをリニューアルし、TSUTAYA O-nest(Shibuya O-nest)で開催された初の自主企画イベント「Awesome Talks -vol.0-」において、ビクターエンタテインメント内に設立された新レーベルCONNECTONE(コネクトーン)の第一弾アーティストとしてメジャー・デビューすることを正式に発表[12][13]。同年4月8日、mabanua(Ovall)プロデュースの1stアルバム『Awesome City Tracks』をリリースし、iTunesロックチャートで1位を獲得する[3]。7月10日よりクラウドファンディングサイト・CAMPFIREにて1stシングル「Outsider」の制作資金を募集する企画をスタート[14]。 同年9月16日、初のメジャー流通盤となるセカンド・アルバム『Awesome City Tracks2』を発売[15]。プロデュースは前作と同じくmabanuaが手掛けている。

2016年3月17日にファンクラブ「Awesome VIP Club」が発足し、18日には配信限定シングル「Vampire」をリリース。同年4月15日から、再びクラウドファンディング企画を「CAMPFIRE」にて実施。第二作目となるシングル「Don't Think, Feel」がメインのリターンとなった。6月に3rdアルバム『Awesome City Tracks 3』を発売。

2017年1月25日、4枚目となるアルバム『Awesome City Tracks4』をリリース。この作品にて「Awesome City Tracks」シリーズが完結となる。同年4月よりアコースティックとバンドセットのワンマンツアーを実施。4月30日には、台湾・THE WALLにて初の海外公演を行った。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

限定シングル

発売月 タイトル
1st 2015年7月10日 アウトサイダー
2nd 2016年4月15日 Don't Think, Feel
3rd 2017年3月 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
4th 2017年8月16日 ASAYAKE

配信限定シングル

配信日 曲名
1st 2015年1月16日 Lesson
2nd 2016年3月18日 Vampire
3rd 2016年11月25日 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2015年4月8日 Awesome City Tracks NCS-10093 46位
2nd 2015年9月16日 Awesome City Tracks 2 VICL-64421 50位
3rd 2016年6月22日 Awesome City Tracks 3 VICL-64572 31位
4th 2017年1月25日 Awesome City Tracks 4 VICL-64707 30位

ベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
2017年8月23日 Awesome City Club BEST VIZL-1217(初回限定盤)
VICL-64824(通常盤)
25位

デモ音源集[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2016年4月15日 DEMO(幻のデモCD) インディーズ時代の2013年9月~2014年10月にかけてSoundCloudにて発表されたデモ音源をCD化したもの
クラウドファンディングシングル「Don't Think, Feel」リターン限定
2017年3月 Awesome Demo Tracks4 4thアルバム『Awesome City Tracks 4』制作時のデモ音源をCD化したもの
クラウドファンディングシングル「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」リターン限定

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2015年5月20日
(レンタル開始日)
ツタロックDIG Vol.3 GOSH-7 TSUTAYAグループレンタル限定

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 備考
ライブビデオ 2016年4月15日 Awesome Talks - One Man Show - 2015年11月28日に代官山UNITで行われた - Awesome Talks -One Man Show-を映像化したもの
クラウドファンディングシングル「Don't Think, Feel」リターン限定のDVDに収録
ミュージックビデオ 2016年4月15日 Music Video インディーズ時から「Lullaby For TOKYO CITY」までのミュージックビデオを全作品収録したもの
クラウドファンディングシングル「Don't Think, Feel」リターン限定のDVDに収録
ライブビデオ 2017年3月 Awesome Talks - One Man Show2016 - 2016年7月8日に恵比寿Liquidroomで行われた - Awesome Talks -One Man Show2016-を映像化したもの
クラウドファンディングシングル「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」リターン限定のDVDに収録
ミュージックビデオ 2017年3月 Music Video クラウドファンディングシングル「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」リターン限定のDVDに収録

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
佐々木堅人 涙の上海ナイト
佐渡恵理 4月のマーチ
東市篤憲 アウトサイダー」「Don’t Think, Feel」「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
フカツマサカズ GOLD
渡邊徹(渡邊課 Lullaby for TOKYO CITY
有福那由他 Children(DEMO ver.)」「Lesson(DEMO ver.)
YOSHIROTTEN (YAR) 青春の胸騒ぎ

出演[編集]

主なテレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

レギュラー番組[編集]

主な出演番組[編集]

主なライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2015年11月06日 - Awesome Talks -One Man Show-名古屋・APOLLO BASE
  • 2015年11月13日 - Awesome Talks -One Man Show-大阪・梅田Shangri-La
  • 2015年11月15日 - Awesome Talks -One Man Show-福岡・DRUM SON
  • 2015年11月28日 - Awesome Talks -One Man Show-東京・代官山UNIT ※シークレットゲストとしてmabanuaが登場。「Jungle」「Pray」「WAHAHA」の3曲に参加した。
  • 2016年06月25日 - Awesome Talks -One Man Show 2016-大阪・心斎橋JANUS ※「涙の上海ナイト」のPORINの歌うフレーズ「チン・トン・シャン・テン・トン」が「大阪すっきやで」に変更された。
  • 2016年06月26日 - Awesome Talks -One Man Show 2016-愛知・伏見JAMMIN ※「涙の上海ナイト」のPORINの歌うフレーズ「チン・トン・シャン・テン・トン」が「名古屋でら好きだがや」に変更された。
  • 2016年07月03日 - Awesome Talks -One Man Show 2016-福岡・DRUM Be-1 ※「涙の上海ナイト」のPORINの歌うフレーズ「チン・トン・シャン・テン・トン」が「福岡好いとうよ」に変更された。
  • 2016年07月08日 - Awesome Talks -One Man Show 2016-東京・恵比寿LIQUIDROOM ※「涙の上海ナイト」のPORINの歌うフレーズ「チン・トン・シャン・テン・トン」が「愛してるよ東京」に変更された。
  • 2017年02月20日 - Awesome Talks Acoustic Show -大阪・梅田Shangri-La ※初のアコースティックライブツアー
  • 2017年02月21日 - Awesome Talks Acoustic Show -名古屋・TOKUZO ※初のアコースティックライブツアー
  • 2017年02月23日 - Awesome Talks Acoustic Show -東京・渋谷WWW X ※初のアコースティックライブツアー
  • 2017年04月14日 - Awesome Talks -One Man Show2017-広島・SECOND CRUTCH
  • 2017年04月15日 - Awesome Talks -One Man Show2017-福岡・BEAT STATION
  • 2017年04月21日 - Awesome Talks -One Man Show2017-宮城・仙台enn 2nd
  • 2017年04月23日 - Awesome Talks -One Man Show2017-北海道・札幌BESSIE HALL
  • 2017年04月30日 - Awesome Talks -One Man Show2017-台湾・THE WALL ※初の海外公演
  • 2017年05月11日 - Awesome Talks -One Man Show2017-大阪・梅田CLUB QUATTRO
  • 2017年05月14日 - Awesome Talks -One Man Show2017-愛知・名古屋CLUB QUATTRO
  • 2017年05月19日 - Awesome Talks -One Man Show2017-東京・赤坂BLITZ
  • 2017年05月26日 - Awesome Talks -One Man Show2017-沖縄・那覇 Output ※ツアーファイナル後に追加された追加公演
  • 2017年05月27日 - Awesome Talks Acoustic Show -沖縄・那覇 Output

自主企画[編集]

※会場の装飾とBGM選曲をPORINが手掛け、特別メニューとして販売されたオリジナルカレーの監修をユキエが担当した。

※来場者に専用の携帯アプリにより新曲「It’s So Fine」の視聴が可能となるバーチャル7inchコースターが配布された。ライブ中の演出はリアルタイムで複数のスノードームをスクリーンに投影するもので、フェス・イベントクリエイターの森正志(THE FOREST)が手掛けた。

※ライブ本編では、イベント開催時点で未発売のアルバム『Awesome City Tracks2』が収録順通りに再現された。来場者に専用の携帯アプリにより「Pray」の視聴が可能となるバーチャル7inchコースターが配布された。ライブ中の演出はステージ後方の大型スクリーンおよび五つの立札型スクリーンに映像を投影するもので、Awesome Cityの風景や物語を、窓枠や絵画のように切り取って、曲の魅力を一つのイメージと供になぞっていくというコンセプトをもとにフェス・イベントクリエイターの森正志(THE FOREST)が手掛けた。

※会場では、ロビー、エントランスにおいて、Awesome City Clubにまつわる人々が提供した物品によるギャラリー風の展示を実施した。来場者に専用の携帯アプリにより新曲「Vampire」の視聴が可能となるバーチャル7inchコースターが配布された。

※ステージセットは、UFO、ポテトフライ、ヤシの木などがモニュメント風に乱立する、マツザカタクミ曰く「flaming lipsよろしくなサイケなステージ」となっており、フェス・イベントクリエイターの森正志が手掛けた。来場者に専用の携帯アプリにより新曲「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」の視聴が可能となるバーチャル7inchコースターが配布された。

  • 2016年11月24日 - Awesome Talks -vol.6-(出演:never young beach)会場は渋谷TSUTAYA O-EAST

※ステージセットには、Awesome Talks -vol.5のものに加え、巨大な灯篭、巨大化する観音像などが加わった。

  • 2016年12月8日 - porinroom(出演:内田万里(ふくろうず)、Alec(HAPPY)、DJ TOMMY)会場は渋谷HOME

※PORIN単独の自主企画。PORINの弾き語りでは、映画『ヴァージン・スーサイズ』の映像をバックに映写する演出が行われた。DJのTOMMYは、たこ焼きを作りながらDJを行なった。

インストアイベント[編集]

  • 2015年04月18日 -『Awesome City Tracks』発売記念アコースティックミニライブ&サイン会 タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
  • 2015年04月19日 -『Awesome City Tracks』発売記念アコースティックミニライブ&サイン会 タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
  • 2015年04月29日 -『Awesome City Tracks』発売記念アコースティックライブ&サイン会 タワーレコード渋谷店1Fイベントスペース
  • 2015年09月26日 -2nd Album『Awesome City Tracks 2』リリース記念ミニライブ タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
  • 2015年10月04日 -2nd Album『Awesome City Tracks 2』リリース記念イベント「アコースティックミニライブ&ジャケットサイン会」タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
  • 2015年10月23日 -2nd Album『Awesome City Tracks 2』リリース記念イベント「アコースティックミニライブ&ジャケットサイン会」タワーレコード 名古屋パルコ店 店内イベントスペース
  • 2015年10月25日 -2nd Album『Awesome City Tracks 2』リリース記念イベント「アコースティックミニライブ」タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
  • 2016年06月22日 -3rd Album『Awesome City Tracks 3』リリース記念イベント「アコースティックミニライブ&ジャケットサイン会」タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース※ライブの模様がUstreamにて生配信された。
  • 2016年06月24日 –3rd Album『Awesome City Tracks 3』リリース記念イベント「アコースティックミニライブ&ジャケットサイン会」タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
  • 2016年07月01日 –3rd Album『Awesome City Tracks 3』リリース記念ミニライブ タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
  • 2016年07月15日 –3rd Album『Awesome City Tracks 3』リリース記念イベント「アコースティックミニライブ&ジャケットサイン会」タワーレコード 名古屋パルコ店 店内イベントスペース

主な出演イベント[編集]

  • 2013年12月07日 - shimokitazawa THREE 4th ANNIVERSARY NEW DAY RISING!!!
  • 2013年12月14日 - GFB'13 大忘年会
  • 2014年02月23日 - 下北沢パトロール2014
  • 2014年05月31日 - InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014
  • 2014年06月08日 - オワリカラ Newアルバム「サイハテ・ソングス」リリースアフターパーティ「ある朝目覚めたら、デビットボウイになっていた」
  • 2014年06月13日 - 撃鉄 1st full album「NO UNDERGROUND」release tour 〜バーいってバーやっちゃおうよ〜
  • 2014年07月20日 - GFB'14
  • 2014年07月22日 - BOMI presents TONGARI LOVERS CLUB
  • 2014年08月02日 - Booked!
  • 2014年08月30日 - 黒猫チェルシー主催「毛細血管GIG」Vol.09
  • 2014年09月19日 - Painted Palms Japan Tour 2014
  • 2014年10月13日 - ART-SCHOOLワンマンライブ~木下理樹生誕前夜祭~
  • 2014年10月22日 - スペースシャワー列伝 100巻記念公演 第108巻 ?の宴
  • 2014年11月03日 - YEBISU MUSIC WEEKEND 2014
  • 2014年11月16日 - GOOD VIBRATIONS vol.1-
  • 2014年11月30日 - THEラブ人間企画「下北沢にて'14」
  • 2014年12月06日 - 「CAMP FIRE」#TOKYO
  • 2014年12月17日 - DEERHOOF Japan Tour 2014
  • 2015年02月05日・06日 - Keishi Tanaka CRYBABY’S GIRL TOUR
  • 2015年02月14日 - FREE THROW Vol.88
  • 2015年03月02日 - ZINE「WEARY」 RELEASE PARTY
  • 2015年03月10日 - ツタロックフェス2015
  • 2015年03月21日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM ~BUSTA CUP 6th round~
  • 2015年05月03日 - VIVA LA ROCK 2015
  • 2015年05月05日 - VIVA LA ROCK presents「AFTER VIVA!!!」
  • 2015年05月09日 - RUSH BALL☆R
  • 2015年05月22日 - ふくろうずのプリティーツーマン〜友達って大事だよね。〜
  • 2015年06月06日 - SAKAE SP-RING 2015
  • 2015年06月07日 - ツタロック×SHIBUYA TSUTAYA presents SCRAMBLE FES 2015
  • 2015年06月21日 - YATSUI FESTIVAL! 2015
  • 2015年07月18日 - JOIN ALIVE
  • 2015年07月22日 - スペースシャワー列伝15周年記念公演 第127巻 ~波創(なみはじめ)の宴~
  • 2015年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
  • 2015年08月28日 - ー首 vol.8ー
  • 2015年08月30日 - RUSH BALL 2015 feat. GREENS 25th Anniv.
  • 2015年09月05日 - BAYCAMP 2015
  • 2015年09月05日 - モーモールルギャバンTour2015“Would you be my friend?”〜Champs-Elysées de ツーマン【奈良】
  • 2015年09月17日 - GLICO LIVE "NEXT"
  • 2015年09月30日 - EX THEATER TV PRESENTS GO LIVE AUTUMN EXTRA “DANCE&POP”
  • 2015年10月03日 - Date fm “MEGA★ROCKS 2015”
  • 2015年10月11日 - "PlayStation" presents MINAMI WHEEL 2015
  • 2015年10月17日 - モーモールルギャバンTour2015“Would you be my friend?”〜Champs-Elysées de ツーマン【熊本】
  • 2015年10月18日 - モーモールルギャバンTour2015“Would you be my friend?”〜Champs-Elysées de ツーマン【鹿児島】
  • 2015年11月20日 - ROTH BART BARON TOUR 2015-2016 「ATOM」【京都】
  • 2015年11月21日 - タワヒロは見た Spin-off Vol.1
  • 2015年12月12日 - ROTH BART BARON TOUR 2015-2016 「ATOM」【富山】
  • 2015年12月13日 - ROTH BART BARON TOUR 2015-2016 「ATOM」【金沢】
  • 2015年12月19日 - KRAPS HALL 14th Anniversary×FM NORTH WAVE 22nd Anniversary「FONS 2UP」
  • 2015年12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
  • 2015年12月30日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT 2015
  • 2016年02月14日 - ビクターロック祭り2016
  • 2016年03月19日 - BEA×Zepp Fukuoka presents FX2016
  • 2016年03月20日 - G's PRESENTS MUSIC CUBE 16
  • 2016年03月26日 - IMAIKE GO NOW 2016
  • 2016年03月27日 - TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2016
  • 2016年04月02日 - Suchmos「TOUR LOVE&VICE」【札幌】
  • 2016年04月29日 - ROPPONGI VARIT. grand opening party!
  • 2016年05月01日 - 荒吐宵祭 16 -GOLDEN SUNDAY
  • 2016年05月06日 - CONNECTONE NIGHT Vol.1
  • 2016年05月28日 - VIVA LA ROCK 2016
  • 2016年06月04日 - 頂 -ITADAKI- 2016
  • 2016年07月10日 - OCEAN PEOPLES
  • 2016年07月23日 - Talking Rock! FES.2016
  • 2016年08月10日 - AWESOME LOVE TAPES
  • 2016年08月21日 - PEANUTS CAMP
  • 2016年08月27日 - RUSH BALL 2016
  • 2016年09月03日 - BAYCAMP 2016
  • 2016年09月17日 - HOT FIELD 2016
  • 2016年09月18日 - Getting Better 20th Anniversary Party"ROCK THE BEST TOUR"
  • 2016年10月10日 - MINAMI WHEEL2016
  • 2016年10月13日 - UNCHAIN 20th anniv. 3-Game-Match "Mr.VIRUSOUL スペシャル" DAY1
  • 2016年11月06日 - 阪駒祭×見放題〜ガクサイホウダイ〜supported by 見放題

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ マツザカの手帳によれば、2012年12月28日が、それまでバンド活動を渋っていたatagiが結成を承諾した日になるという。

出典[編集]

  1. ^ Awesome City Club、mabanua&高橋久美子参加の新曲配信”. 音楽ナタリー (2016年3月18日). 2017年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Awesome City Club の記事まとめ”. rockinon.com. 2017年7月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g BIOGRAPHY”. Awesome City Club OFFICIAL SITE. 2017年7月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e Awesome City Clubの特集・インタビュー/ニュース/作品”. 音楽ナタリー. 2017年7月16日閲覧。
  5. ^ 公式Twitter2014年10月9日”. 公式Twitter. 2017年1月15日閲覧。
  6. ^ 宇多田ヒカル新譜をtofu、OKAMOTO'S、D.A.N.はどう聴いた?特番”. 音楽ナタリー (2016年9月26日). 2017年7月16日閲覧。
  7. ^ ナタリーパワープッシュ (2016年11月17日). Awesome City Club meets h.ear×WALKMAN THEATER|男3人で新作を鑑賞. インタビュアー:石橋果奈. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/hear_acc/page/4 2017年7月16日閲覧。 
  8. ^ プカデミー賞2016”. プカデミー賞2016. 2017年1月15日閲覧。
  9. ^ ニッポン放送「60TRY部」2017年1月10日放送
  10. ^ ナタリーパワープッシュ (2016年11月17日). Awesome City Club meets h.ear×WALKMAN CAFE|atagi行きつけの店で. インタビュアー:石橋果奈. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/hear_acc/page/3 2017年7月16日閲覧。 
  11. ^ Awesome City Club、Tahiti 80来日公演のサポートアクトに”. 音楽ナタリー (2014年12月1日). 2017年7月16日閲覧。
  12. ^ Awesome City Club、ビクターの新レーベル「コネクトーン」よりデビュー決定”. rockinon.com (2015年1月16日). 2017年7月16日閲覧。
  13. ^ Awesome City Club、ビクター新レーベルからメジャーデビュー”. 音楽ナタリー. 2015年1月17日閲覧。
  14. ^ 目指せ100万円!Awesome City Club“クラウドファンディングシングル”募金開始”. 音楽ナタリー (2015年7月10日). 2017年7月16日閲覧。
  15. ^ Awesome City Club、メジャーアルバム『Awesome City Tracks 2』を9/16にリリース決定”. rockinon.com (2015年7月23日). 2017年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]