関ジャニ∞のジャニ勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関ジャニ∞のジャニ勉
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
出演者 関ジャニ∞
音声 ステレオ
外部リンク 公式サイト
30分時代
放送時間 木曜日 0:35 - 1:05(水曜日深夜)(30分)
放送期間 2007年5月3日 - 2011年4月7日
1時間時代1期
放送時間 木曜日 0:35 - 1:30(水曜日深夜)(55分)
放送期間 2011年4月21日 - 2015年3月26日
1時間時代2期
放送時間 木曜日 0:25 - 1:20(水曜日深夜)(55分)
放送期間 2015年4月2日 - 現在
テンプレートを表示

関ジャニ∞のジャニ勉』(かんジャニエイトのジャニべん)は、関西テレビ2007年5月3日から放送されているバラエティ番組ハイビジョン制作。

概要[編集]

  • 毎週幅広い分野から著名人をゲストに招き、関ジャニ∞が様々なことを学び成長していくバラエティ番組
  • 1997年7月に関西テレビで始まった『Kanjani Knight』 (木曜深夜0時20分から0時50分までの番組、現メンバーの横山・渋谷・村上が出演)からの流れをくみ、当時から番組自体は変わりつつも関ジャニ∞が関西ジャニーズJr.の時代から17年以上にわたる番組となっており、番組の中で関西テレビに残るメンバーの過去映像が流れる場合もある。関ジャニ∞の「∞」、「8」も関西テレビのチャンネルを意味する。
  • 後述の通り、吉本興業松竹芸能所属のお笑い芸人との共演が多い。また在阪局である関西テレビ制作のため、ゲストには関西地方のローカルタレントの出演も多い。また2012年に当時ジャニーズ事務所所属で関ジャニ∞と同期である田中聖(当時KAT-TUN)が出演して以降、同じジャニーズ事務所のタレントや、関ジャニ∞と共演経験があり通常関東で活躍する俳優や女優などもゲストに迎える例が多くなっている。
  • 収録は、大阪市内の関西テレビで行われている。関ジャニ∞が忙しく大阪に全員戻れない場合は特別編としてメンバー数人とゲストを招きロケに出たり、番組側がコンサートについていきロケを行うこともある。関西で収録したいというメンバーの意思を出来るだけ尊重している形になる[1]
  • 関西ローカルということもあり台本がなく、司会を行う村上が進行表を持つのみであること、ジャニーズとしてはギリギリのトーク展開が多いこと(例:下ネタ、年収など)が特徴。
  • 2008年4月10日放送分より、ゲストに関係の深い著名人からのタレコミの真相を暴いていくという内容になっていた。2010年4月1日放送分より、ゲストの「絶対に譲れないこと」をテーマにトークを繰り広げる内容にリニューアルされた。さらに同日放送分より、不定期に行っていた、ある一つのテーマに沿った5つの商品の値段の順位をゲストと共に予想するコーナーを「エイトがヒント」としてレギュラー化し、番組後半で行っていた。
  • 2007年の放送初回から、番組開始から20分近くまで提供クレジットを表示せず、CMに移行しない編成を2014年現在も維持し続けている。また、前番組『ほんじゃに!』でのスポンサーがそのまま引き続き提供していたが、2010年4月1日放送分よりノンスポンサーとなっている。
  • 2011年4月7日放送分のエンディングで、2011年4月21日の第198回放送分より、放送時間が1時間に拡大(実質は55分)することがメンバーの村上信五から発表された。他のメンバーには知らされておらずドッキリだった。なお、村上自身も他のメンバーが知らないことを知らなかった。
  • 1時間の番組時間延長開始に合わせて番組内で人気であった渋谷すばるの「師匠」キャラが司会をするゲームコーナーが誕生。途中渋谷の勝率が悪くなると、渋谷の独断と偏見により、他のメンバーに師匠を譲ることがある。その際必ずカツラを渡す儀式が行われる。過去には錦戸、大倉、横山が経験しており、2015年4月からは村上が師匠を担当していたが、2016年現在は関ジャニ∞の後輩が進行を務めるコーナーの放送頻度が多くなったため、メンバー自身の進行コーナーは少なくなっている、
  • 他にも安田と丸山が二人で進行する、物の値段の高低を当てる「お値段まるごとSHOW TIME」や、村上が司会をするゲームコーナー、『∞といっしょにしたいねん』という、ゲストが自分の趣味などで関ジャニ∞と行いたい企画を持ち込む全員参加のコーナーも継続中。
  • 2011年から2014年3月までオープニングはアメコミ風の青を基調とした背景に、メンバーの自己紹介写真だったが、2014年4月からリニューアルし、透明なボードに関ジャニ∞のメンバーがカラーマジックで落書きするものになった。メンバー数と同じ7パターンあり、最初に登場するメンバーが毎回変わる[2]
  • 2015年7月29日放送分より、新たに内容のリニューアルが行われた。ゲストを一人迎えトークを行う点は変わらず、関ジャニ∞からランダムに2人がロケに出るコーナー「2/∞」(エイトぶんの2)が追加されたり(主に番組冒頭)、これまでロケVTRのみの出演だった、関ジャニ∞の事務所の後輩のジャニーズWESTから二人がランダムにスタジオに登場し、「3タックNo.1」の進行を務める点が変更された。ロケVTRは従来は本編とは切り離されていたが、関ジャニ∞やゲストもロケVTRを見ながら進行する形式に変更された。またリニューアルに際し、関西テレビのスタジオで、関ジャニ∞とジャニーズWESTの桐山照史重岡大毅が会見を行った。番組公式ホームページで会見の模様が掲載されている[3]
  • 2015年7月29日放送分より、「2/∞」に出演したメンバーと「3タックNo.1」「お値段丸ごとSHOW TIME」に出演したメンバーへのインタビューが掲載されるようになった。カンテレ公式Twitterでもその一部が紹介される。過去約1年間限定でバックナンバーが閲覧可能になっている。
  • 2016年4月27日放送分にて放送450回、2016年5月より番組開始10年目に突入する事を受け、カンテレの収録スタジオにて会見が行われ、公式ホームページにノーカットでその模様が掲載されている[4]
  • 関ジャニ∞全員がメインを務める番組では最も長く継続している冠番組となっている。


恒例[編集]

  • 2011年頃までは前列上手は特に指定は無かったが、以降は男性ゲスト、芸人(男女共に)は前列上手に横山裕、女性ゲストは渋谷すばるが座る。(例外あり。元男性の場合はまちまち)基本的には横山か渋谷が前列上手。後列は左から丸山・安田・錦戸・渋谷(または横山)・大倉と席順が開始より固定されている。
  • ゲストが関西の番組にあまり出演機会のない女優(栗山千明北川景子など)の場合、大倉が「最終回ですか?」と聞く事が多い。
  • 『女子の気持ち知ってんKNOW』のコーナースタート前に丸山隆平が、村上信五に「罰ゲームはあるんですか!?」と聞き、村上が「あります」と答えると丸山が謎の行動をとる。通称丸山劇場。 不正解の罰ゲームは「まずさ無限大スペシャルブレンド茶」体には良いが味は渋かったり苦かったりする。健康体なゲストはまずいと感じないようで「平気」「まずい?」と答えることもある。村上はジョッキで飲まなくてはならない。
  • 『女子の気持ち知ってんKNOW』の答え合わせで丸山隆平が何か魚に関することを言い、メンバーで「さかな!さかな!」と両手を合わせながら前に二回突き出す。ゲストは大概困惑するが、乗るゲストが多い。この際にあまり横山裕は乗らない。
  • 『お値段丸ごとSHOWTIME』で、安田章大がタイトルコールした後に丸山隆平がクイズに関する音楽に合わせて踊る。初期は安田章大も踊っており下に曲名も出たが、現在は丸山隆平のみが踊る(2016年4月21日放送分では丸山が着ぐるみを着用していたため、安田が代わりに踊っている)。設定金額は丸山隆平が発表する。初期は丸山隆平も本来の金額を知らず、設定金額を設けており、回答者もゲストと関ジャニ∞全員で統一していた。丸山隆平が金額を知ってからつい口を滑らせたり行動で設定金額より上か下かメンバーにわかってしまうようになったため、全員バラバラに上か下か選ぶようになった。罰ゲームは「酸っぱ酸っぱドリンク」。
  • 『3タックナンバー1』は師匠扮するメンバー1人と、関ジャニ∞とゲストで、3つの品からナンバー1を一つ当てる。師匠は基本的には食べないルール。引き分けとなるとどうしようもない空気になる「一番あかんパターン」。もともとは渋谷のコーナーだったが、勝率が悪いため、師匠交代という形で渋谷曰く「ちょっと干される。」二代目師匠は錦戸。錦戸は負けたら即渋谷に交代の予定だったが勝率が良く継続。渋谷師匠とカツラは同じ。錦戸師匠は食べたり食べなかったりだが、順番や説明中に喋ると怒るなどルールに厳しい。三代目は大倉。カツラの授与式があったが、カツラが入らなかった。一本結いのカツラ。四代目は横山。カツラはオカッパ頭で金太郎風。締めの言葉を丸山にとられがちだった。五代目は村上。白髪の短髪で「父親そっくり」らしい。やたら強気でVTRを見ずに先に何番か言うが、勝率は高かった。
  • 渋谷師匠に戻らないまま番組がリニューアルし、ジャニーズWESTがMCとなったため、関ジャニ∞vsゲストの対決形式となった。ジャニーズWESTの進行に変わってからはジャニーズWESTが正解を発表する。 また丸山が試食中に渋谷に「○○と××って合うの?」と聞かれると、「アウアウ〜!!!」と叫んだり、挽肉を使用した料理が登場した時は「ひき肉、ひき肉、嬉しいな~!」とひき肉ダンスと名付けたダンスを踊ることも恒例。ジャニーズWESTが進行になってからは関ジャニ∞が直系の後輩であるジャニーズWESTに厳しく指導したり、わざと弄っている[注 1]
  • 『∞と一緒にしたいねん!』では、関ジャニ∞の村上以外のメンバーが「∞と一緒に」と言い、ゲストが「したいねん!」と言う。(最近は安田が一人コールの後にゲストがレスポンスする事が多い)ゲストの持ち込み企画。手作り料理・エクササイズ・イントロクイズなど多岐にわたる。イントロクイズでは、メンバー全員で大合唱するのが恒例。IMALUの出演回で行ったダンス企画から不定期に「丸山ダンサーズ」というダンスグループ(丸山、村上、大倉)が結成され、即興ダンスが披露される。
  • ジャニーズ事務所からは、当時KAT-TUN田中聖が出演した事を皮切りに、生田斗真少年隊植草一秀がゲスト出演している。

出演者[編集]


過去の出演者[編集]

  • 杉本なつみ関西テレビアナウンサー)第200回から開始された関西ジャニーズJr.のコーナー「ジュニマガ」で、その放送回に出演するメンバーと共にロケに進行役として参加。進行役としての番組参加は前番組「ほんじゃに!」以来である。(なお、日によっては他の関西テレビアナウンサーがつく場合もあり、Jr.自身が進行をする場合は登場しない。2014年現在は、コーナー出演者の一人が司会を担当しているため登場していない。

過去のコーナー[編集]

  • 『ジュニ刑事』 ※当初は『ジュニ勉』
  • 『ジュニスポ』(関西ジャニーズJr.から数人が出演し、様々なスポーツに挑戦する企画で、一つの企画が数週に渡って放送される。)

放送リスト[編集]

放送日は関西テレビ基準。

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:佐久間貴司、桝野幸宏、やまだともカズ
  • TD(テクニカルディレクター):中居龍紀(カンテレ)
  • CAM(カメラマン):藤松智哉(カンテレ)、濱名嘉之
  • VE(ビデオエンジニア):松岡泰助・結城芳彦(共にカンテレ)、飯田輝之
  • MIX(ミキサー音声):野村理恵・宮島雅俊・筒井亨(共にカンテレ、※隔週替り)
  • LD(ライティングディレクター):平塚章人
  • 美術プロデューサー:山本映子(カンテレ)
  • デザイン:山本直人
  • 美術進行:永田道徳
  • 大道具制作:内海徹哉、大神良一
  • 装飾:萬浪隆史、澤谷友美、中森正啓
  • 電飾操作:増本正寿(以前は電飾)
  • 衣裳:東京衣裳
  • メイク:ビーム
  • スタイリスト:金光英行
  • 編集:岡元裕次、小野悟嗣
  • MA(マルチオーディオ編集)・音効:新谷明比古
  • タイトル:兵頭和也、広田真吾(※隔週替り)
  • 宣伝:北村友香理(カンテレ)
  • 協力:イングス戯音工房ウエストワン大阪共立
  • 制作協力:ジャニーズ事務所 / メディアプルポ
  • 協力プロデューサー:松本浩(ビーダッシュ、以前はメディアプルポで、プロデューサーを務めた)
  • 取材ディレクター:吉見正明(メディアプルポ)、小八木敬三、宮内宏輔・稲子太輔(共にキューマン)
  • ディレクター:友岡伸介(カンテレ)、高野有里・茂野悠介(共にメディアプルポ)
  • チーフディレクター:村山尚純(カンテレ)
  • プロデューサー:梅田一路(カンテレ)、武市暢(メディアプルポ、武市は以前ディレクターを務めた)
  • チーフプロデューサー:杉浦史明(カンテレ、以前はプロデューサーを務めた)
  • 制作著作:関西テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:川村明宏、さいとうわに
  • TD(テクニカルディレクター):中居龍紀・中村貴志・西村武純(KTV)
  • CAM(カメラマン):西村武純・島廻忠・山本倫久・石田武司(KTV)
  • VE(ビデオエンジニア):帆足聡一郎・松井勝正(KTV)
  • MIX(ミキサー音声):小野浩一・水川賢一(KTV)
  • LD(ライティングディレクター):大石竜也・金子宗央・松井勝正(KTV)、原口祥明
  • SE(サウンドエフェクター):四方翔悟、前川友延、西原長治
  • 美術プロデューサー:古江薫・岡崎忠司・谷光代(KTV)
  • 美術進行:日下部稔
  • 装置:平井淳史
  • 装飾:秋丸弘美、筒井由佳
  • スタイリスト:Toco
  • 編集:川口善史
  • MA(マルチオーディオ編集)・音効:坂井信行
  • CG:笹川智弥・佐藤亮二(Mookie)、北昌規
  • タイトル:河合立史、広田真吾、小山萌、溜池尚毅
  • オープニングタイトル:熊本直樹、須藤カンジ、大木秀晃
  • 編成:乾正志(カンテレ)
  • 宣伝:金子佳奈子・梅垣陽介・長谷川由紀・宮内覚(共にカンテレ)
  • 取材ディレクター:中畔弘敬(江戸堀本舗、以前はディレクターを務めた)、森脇芳史(東通企画)、鈴木悟(江戸堀本舗)、小玉和也、佐伯亮
  • ディレクター:文倉大志・木村淳・川元敦雄・和泉亮(共にカンテレ)、西原久進・竹本聡志・加藤俊介・小浴崇慎(共にメディアプルポ)
  • チーフプロデューサー:谷口俊哉(カンテレ)
  • 制作協力:東通企画

各局の放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 備考
近畿広域圏 関西テレビ フジテレビ系列 木曜 0:25 - 1:20(水曜深夜) 制作局
北海道 北海道文化放送 土曜 1:55 - 1:50(金曜深夜) 遅れネット [注 4]
宮城県 仙台放送 火曜 2:00 - 2:55(月曜深夜) [注 5]
秋田県 秋田テレビ 金曜 0:25 - 1:20(木曜深夜) [注 6]
福島県 福島テレビ 土曜 0:55 - 1:50(金曜深夜)
山形県 さくらんぼテレビ 土曜 1:05 - 2:00(金曜深夜) [注 7]
栃木県 とちぎテレビ 独立局 水曜 22:00 - 22:55
埼玉県 テレビ埼玉 月曜 19:00 - 19:55
東京都 TOKYO MX 土曜 15:00 - 16:00 [注 8]
長野県 長野放送 フジテレビ系列 土曜 1:35 - 2:30(金曜深夜) [注 9]
石川県 石川テレビ 金曜 1:33 - 2:33(木曜深夜) [注 10]
福井県 福井テレビ 日曜 1:20 - 2:15(土曜深夜)
中京広域圏 東海テレビ 木曜 1:10 - 2:05(水曜深夜)
岡山県・香川県 岡山放送 土曜 1:20 - 2:20(金曜深夜) [注 11]
愛媛県 テレビ愛媛 木曜 0:30 - 1:30(水曜深夜) [注 12]
高知県 高知さんさんテレビ 土曜 0:55 - 1:50(金曜深夜) [注 13]
福岡県 テレビ西日本 水曜 0:55 - 1:55(火曜深夜)
長崎県 テレビ長崎 木曜 0:30 - 1:30(水曜深夜)
熊本県 テレビ熊本 土曜 1:55 - 2:50(金曜深夜) [注 14]
大分県 テレビ大分 不定期放送
鹿児島県 鹿児島テレビ 金曜 0:30 - 1:30(木曜深夜)

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 放送時期
日本全国 BSフジ BS放送 火曜 22:00 - 22:30 遅れネット 2011年3月29日放送終了
千葉県 チバテレビ 独立局 日曜 18:30 - 19:00 2008年9月放送終了
岐阜県 岐阜放送 月曜 19:00 - 19:30 2011年3月28日放送終了
静岡県 テレビ静岡 フジテレビ系列 木曜 1:15 - 1:45(水曜深夜) 2011年3月31日放送終了
三重県 三重テレビ 独立局 火曜 1:50 - 2:20(月曜深夜) 2011年3月放送終了
富山県 富山テレビ フジテレビ系列 水曜 0:45 - 1:45(火曜深夜) 2013年4月3日放送開始
2014年3月26日放送終了
新潟県 新潟総合テレビ 木曜 0:35 - 1:30(水曜深夜) 2013年10月3日放送開始
2016年10月6日放送終了
島根県鳥取県 山陰中央テレビ 木曜 0:25 - 1:20(水曜深夜) 2008年3月30日放送開始
2017年3月29日放送終了[注 15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ カンテレ公式番組ホームページでの出演メンバーインタビューでも度々触れている。
  2. ^ 2014年10月より裏番組のテレビ東京系「リトルトーキョーライブ」に隔週で出演するため、元々番組終盤での登場であったが、重複出演回避のため、前半での出演は行われない。
  3. ^ a b 当初は八丈島ロケを行ったが、撮影当日に悪天候のため急遽変更。
  4. ^ 2012年10月24日(KTVで2012年10月11日放送分の#276)から放送開始。2014年3月までは水曜 1:10 - 2:10(火曜深夜)に放送。
  5. ^ 2015年4月から、未明(深夜)枠に移動。
  6. ^ 2012年10月5日(KTVで2012年9月6日放送分の#271)から放送開始。放送開始時点は、金曜 0:35 - 1:30(木曜深夜)。
  7. ^ 2009年9月21日(KTVで2009年7月2日放送分の#111)より放送開始。9月27日までは日曜 14:30 - 15:00。10月18日から2010年2月21日までは日曜 13:30 - 14:00。2月28日から6月27日までは日曜 14:00 - 14:30。7月4日から2011年5月22日までは日曜 13:55 - 14:25。6月5日から9月25日までは日曜 14:00 - 14:55。10月3日から2012年3月19日までは月曜 15:59 - 16:53。同年4月7日より現在の放送日時で放送。
  8. ^ 2014年4月5日から放送開始。マルチ編成092ch(TOKYO MX2)での放送。
  9. ^ 2013年10月6日から放送開始。放送開始時点では日曜 14:00 - 14:55。
  10. ^ 2008年3月18日までは火曜15時台(時間不定)、4月1日から2011年3月30日まで水曜 1:45 - 2:15(火曜深夜)、4月5日から5月24日まで火曜 1:45 - 2:20(月曜深夜)、5月31日から9月27日まで火曜 1:45 - 2:40(月曜深夜)、10月5日から2015年3月まで水曜 0:30 - 1:30(火曜深夜)、4月から2017年9月まで金曜 0:30 - 1:30(木曜深夜)に放送。
  11. ^ 2014年3月28日まで、金曜 0:35 - 1:35(木曜深夜)。
  12. ^ 2012年10月より放送開始。放送開始時点では土曜 1:10 - 2:10(金曜深夜)。2013年10月10日より『モヤモヤさまぁ~ず2』と枠交換する形で現時間帯に移動。
  13. ^ 2008年10月2日(KTVで2008年8月28日放送分の#69)より放送開始。2011年3月31日までは木曜 15:30 - 16:00に放送。同年4月15日より土曜未明(金曜深夜)に放送。
  14. ^ 2012年2月24日まで金曜 1:35 - 2:30(木曜深夜)、2014年4月4日まで金曜 1:45 - 2:40(木曜深夜)。翌日より、放送枠移動。この日のみ特別番組放送の為、2:05 - 3:00。2015年春の改編期に391回目の放送分がカットされた。
  15. ^ 2008年3月30日(KTVで2007年12月12日放送分の#33)より放送開始。2011年6月5日に一時打ち切り。この間の放送日時は日曜 9:00 - 9:30。同年7月16日より放送再開。2012年3月31日までは土曜 1:05 - 2:00(金曜深夜)。同年4月6日より金曜 0:40 - 1:38(木曜深夜)を経て木曜 0:25 - 1:20(水曜深夜)にで放送。

出典[編集]

外部リンク[編集]

関西テレビ 木曜 0:25 - 1:20(水曜深夜、ヨルパチーノ
前番組 番組名 次番組
関ジャニ∞のジャニ勉
-