青木隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青木 隆治
出生名 青木 隆治
生誕 (1981-01-29) 1981年1月29日(37歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県足柄下郡真鶴町
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1997年 -
レーベル unchanged records
事務所 ケンズファミリー
公式サイト 公式プロフィール

青木 隆治(あおき りゅうじ、1981年1月29日 - )は、日本ものまねタレントシンガーソングライターである。

神奈川県横浜市生まれ、足柄下郡真鶴町出身。ケンズファミリー所属。神奈川県立山北高等学校卒業。

身長166cm、体重52kg、胸囲91cm、ウエスト75cm、靴のサイズ25cm。趣味ギターサッカー

概略[編集]

  • 父はものまねタレントツートン青木
  • 「七色の声を持つ奇跡のものまねアーティスト」と称され、老若男女100人近いレパートリーを持つ。美空ひばりL'Arc〜en〜Cielhydeのものまねが代名詞。
  • 1997年3月、当時16歳だった青木は「NHKのど自慢」の小田原市大会でチャンピオンとなり、翌年に開催された同番組の全国チャンピオン大会に出場。この大会でグランドチャンピオンを逃したものの優秀賞を獲得[1]したことをきっかけに本格的に歌手を志す。
  • 2010年3月3日、「言葉/二つの糸」でメジャーデビュー。
  • 2013年1月29日、日本武道館で単独ライブを成功させている。
  • 2017年10月25日、アメリカ・ニューヨークのアポロシアターでライブを行った。

影響を受けた人物[編集]

学生時代、ものまねが嫌いで、ものまねタレントにはなりたくないと思っていた(父を「歌手として自分の声で勝負できないからものまねに走った」と思い込んでいた)。しかし、父のライブを舞台袖で見た際、ものまねに感動し、改めてものまねの素晴らしさを知った。自身で練習を積み重ね、それがきっかけでものまねタレントになるに至った。テレビで初披露したものまねはポルノグラフィティの『サウダージ』(『ものまねバトル』にて)。

8歳の頃、父の会社の慰安旅行に参加した青木は、100人以上の社員の前で歌を歌うことになり、その時歌ったのが美空ひばりの「川の流れのように」だった[2]。それ以来、美空ひばりの存在は特別なものとなり、ものまねをはじめるにあたって真っ先に練習したのが美空ひばりだった。青木のブレイクのきっかけになったのも、美空ひばりのものまねだった。

青木が師匠と仰ぐコロッケと出会ったのは、彼が初めて出演したものまね番組(「ものまねバトル」)でのことだった。当時の青木は、言葉遣いが悪いうえに服装もだらしなかった。それを見ていたコロッケに「いくら歌が上手くても、挨拶やお礼も言えないような人間は相手にされないよ。」と優しく諭され、以後コロッケを尊敬するようになる[3]

青木は昔からhydeに憧れており、たびたびその影響を語っている。2人が対面したきっかけは、テレビでL'Arc〜en〜Cielの楽曲をものまねする青木を観たhyde本人が、自身の主宰するVAMPSのライブにサプライズ出演をオファーしたことだった。ライブ当日は、1万人の観客の前でhydeになりすまし、ものまねで熱唱。その後、サプライズであることが明かされ、ステージ上で共演を果たしている。(2010年12月6日放送「人生が変わる1分間の深イイ話」)

自分の歌の方向性に悩んでいた青木に、コロッケが紹介した人物。青木は、心から音楽を楽しみどんな歌も自分の歌にしてしまう玉置の姿に衝撃を受け、それ以来、歌手としての理想像のひとつにしている。33歳の誕生日に玉置から贈られた電報を宝物にしている[4]。(2014年1月29日放送「青木隆治のエンタメまるっとLIVE」)

ものまねレパートリー[編集]

主な出演[編集]

テレビ[編集]

  第34 - 46回に出演。第41回で歌唱力・昭和部門ベストものまねアーティスト受賞。第46回でユニット部門優勝

 「ものまねグランプリ 究極のネタ100連発」(2011年4月7日、日本テレビ)※優勝

 「ものまねグランプリ ザ・トーナメント」(2014年12月16日、日本テレビ)※優勝

 「ものまねグランプリ ザ・トーナメント」(2016年12月6日、日本テレビ)※優勝

 「ものまねグランプリ 芸人40組 秋のガチランキングSP!」(2017年9月27日、日本テレビ)※2位

 「ものまねグランプリ ザ・トーナメント」(2017年12月5日、日本テレビ)※2位

ほか多数

ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 明治座6月コロッケ特別公演 スペシャルゲスト青木隆治(2016年6月、明治座)

ライブ[編集]

  • 青木隆治 アコースティックLIVE vol.1(2007年8月27日、恵比寿天窓.switch)
  • 青木隆治アコースティックライブ(2008年3月23日、キサラ)
  • 青木隆治 Live2009 Lien〜絆〜Vol.1(2009年1月31日、原宿アストロホール)
  • 青木隆治 Live2009 Lien〜絆〜Vol.2(2009年4月5日、原宿アストロホール)
  • 青木隆治『VOICE』〜2010 First Live〜(2010年1月29日、原宿アストロホール)
  • 青木隆治『VOICE』(2010年3月6日、南青山MANDALA)
  • 青木隆治『VOICE Vol.2』(2010年7月25日、原宿アストロホール)
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2010」(2010年10月30日)
  • 青木隆治 バースデー企画『Lien 〜一泊二日の旅 in ATAMI〜』(2011年1月29日・30日、熱海後楽園ホテル)
  • HIBARI7DAYS フィルム、トーク&ライブ!!「Pop'n' Roll ひばりちゃん!」(2011年2月22日、世田谷パブリックシアター)
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2011」(2011年10月29日)
  • 青木隆治コンサートツアー2011 Lien(2011年7月29日 - 11月23日)
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2012」(2012年10月21日)
  • 青木隆治コンサートツアー2012-2013(2012年12月27日 - 2013年1月29日 ※29日は日本武道館)
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2013」(2013年10月26日)
  • 青木隆治 CONCERT TOUR 2014 (2014年2月1日、NHKホール
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2014」(2014年10月17日)
  • 青木隆治 CONCERT TOUR 2015(2015年1月29日、渋谷公会堂
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2015」(2015年10月25日)
  • Face First Tour 2016 (2016年1月30日、新宿BLAZE)
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2016」(2016年10月28日)
  • VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2017」(2017年10月29日)
  • アマチュアナイト(2017年10月25日、ニューヨーク・アポロシアター
  • Face Live Tour 2018 (2018年1月28日、赤坂BLITZ
  • 青木隆治 20th Anniversary Tour(2018年5月~)

ディスコグラフィー[編集]

シングル(青木隆治名義)[編集]

# 発売日 作品名 オリコン最高順位
インディーズシングル
1st 2007年1月28日 Love Road -
メジャーシングル
2nd 2010年3月3日 言葉/二つの糸 130位
3rd 2014年12月3日 毘藍ノ風/流転ノ陽 65位
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

アルバム(青木隆治名義)[編集]

# 発売日 作品名 名義
1st 2011年7月20日 Lien-リアン- 青木隆治
2nd 2012年7月18日 VOICE 199X 青木隆治
3rd 2013年12月18日 VOICE 200X 青木隆治
4th 2015年1月14日 VOICE 198X 青木隆治

ミュージック・ビデオ(青木隆治名義)[編集]

ビデオ 監督
2011年 Lien [6]

シングル(Face名義)[編集]

# 発売日 作品名 名義
1st 2017年1月29日 I'll be there Face

アルバム(Face名義)[編集]

# 発売日 作品名 名義
1st 2012年12月12日 Face
2nd 2015年10月7日 INFINITY Face
3rd 2017年12月12日 STAR Face

脚注[編集]

  1. ^ 平成9年度NHKのど自慢チャンピオン大会 スクランブルエッグ 1998年10月11日付記事
  2. ^ オフィシャルブログ 2017年2月1日付記事
  3. ^ 【エンタがビタミン♪】"奇跡の歌声"の青木隆治。モノマネを馬鹿にしていた頃、コロッケから言われた言葉。” (日本語). 株式会社メディアプロダクツジャパン (2011年2月11日). 2010年6月24日閲覧。
  4. ^ オフィシャルブログ 2014年1月29日付記事
  5. ^ TiARY TV出演者紹介 |TiARY beauty【ティアリィビューティー】”. beauty.tiary.jp. 2018年7月15日閲覧。
  6. ^ Lien” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2011年7月20日). 2011年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]