この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

はしのえみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はしの えみ
本名 綱島 恵美(旧姓:橋野
別名義 えみちゃん
生年月日 (1973-10-23) 1973年10月23日(43歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台など
活動期間 1990年 -
配偶者 綱島郷太郎
公式サイト はしの温泉
主な作品
王様のブランチ
はしの えみ
プロフィール
愛称 えみちゃん
生年月日 1973年10月23日
現年齢 43歳
出身地 日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 155 cm / 42 kg
BMI 17.5
スリーサイズ 81 - 57 - 83 cm
活動
デビュー 1990年
他の活動 タレント女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

はしの えみ1973年10月23日 - )は、日本の女優タレントである。旧姓及び旧芸名:橋野 恵美(はしの えみ)、本名:綱島 恵美鹿児島県鹿児島市出身。東京都立新宿山吹高等学校卒業。佐藤企画所属。愛称は「えみちゃん」「はしえみ」。夫は、俳優の綱島郷太郎である。

来歴・人物

鹿児島市立桜丘中学校卒業。鹿児島県立松陽高等学校1年修了後、単身上京した。萩本欽一プロデュースの演劇集団「欽ちゃん劇団」出身。在籍中、芝居に限らず、CHA-CHAのバックダンサーや、音楽ユニット「CHU-CHU」や「ブカブカ」などに参加する。

その後、一時期休業し、1996年7月、『王様のブランチ』(TBSテレビ)の「ブランチリポーター」となる。ユニット「BRAN-KO」を結成し、CDも発売する。2000年からはフロントメンバーとしてレギュラー出演し、また「買い物好きなお姫様」のキャラクターでも出演し、知名度を上げる[注 1]。また番組では優香など年下のフロントメンバーからも「えみちゃん」と呼ばれるが、出水麻衣(TBSアナウンサー)には、「はしのさん」と呼ばれる[注 2]

1998年4月、芸名をひらがな表記に変える。

松浦亜弥のモノマネが得意で、「あややがいてくれて良かった」と語っている。松浦とは2003年12月に『ザ・ベストテン2003』にて共演もしている。

2004年放送のNHK大河ドラマ新選組!』で時代劇にも出演。のち2006年10月2日-11月24日に放送された帯ドラマみこん六姉妹』(CBC制作・TBS系)でテレビドラマ初主演する。

また、2005年7月18日放送分から中京テレビ制作のクイズ番組『サルヂエ』の「サルちゃん」として、病気で降板した岡田眞澄演じる「サルさん」の、当初3日間限定の代理司会として出演。同年10月19日放送分より同番組のゴールデンタイム進出(日本テレビ・中京テレビ共同制作)に伴い、レギュラー司会に抜擢された(2007年1月の番組終了まで)。2008年4月12日から、NHK『週刊こどもニュース』の6代目お母さん役を務め、NHKでの初のレギュラー番組となる。

2009年1月1日に、『みこん六姉妹』で共演した俳優・綱島郷太郎と結婚。同年10月20日に地元で挙式を行った[1]

2015年5月16日、第1子妊娠を公表[2]。同年10月16日、第1子女児を出産[3]。出産は予定外の帝王切開で行われたが[4]、5日後の10月21日には退院した[5]

エピソード

  • 10歳の時、鹿児島テレビ(KTS)の視聴者参加のど自慢番組に出場、松田聖子の『Rock'n Rouge』を熱唱した。
  • お酒が好きで、チューハイ派である。「仕事終わりに500ml缶を飲み干すのが至福の時」と語っている。しかし、酒豪ではないので、大量に飲めるわけではないとのこと。
  • スケジュールに隙間が出来ると、年に何度も鹿児島に帰省するほど郷土愛が強く、仕事上でも出演番組での郷里紹介には力を入れている。『秘密のケンミンSHOW』(2012年5月24日放送)[6][7]では、番組内ドラマで鹿児島弁(薩隅方言)を披露した[8]
  • 2007年2月5日、自営業の実父が死去。当日は舞台「仇討物語 でんでん虫」に出演し、終演後にすぐ帰省したが、父の臨終には立ち会えなかった。
  • 2008年1月5日東京・新宿区で「肖像権啓蒙キャンペーン」が行われた際に、そのキャンペーンに同席していた、磯山さやか熊田曜子アイコラ被害の実体験を披露したところ、自身もアイコラの被害を告白している。

出演

テレビバラエティ

テレビドラマ

携帯ドラマ

映画

  • 電影少女 -VIDEO GIRL AI-(1991年、東宝(週刊少年ジャンプ連載作品・実写映画化)) - 絵里 役(※橋野恵美 名義)
  • 恐竜を掘ろう (2013年公開)

吹き替え

ラジオ

舞台

CM

注釈

  1. ^ ただし、設定上「姫様」は、はしのとは別人とされていて、コーナー中、スタジオにいるはしのは「姫の代理人」という扱いである。そのため、姫の行動については「〜だったそうです」「〜らしいです」等とコメントする。
  2. ^ 番組エンディングのプレゼントクイズ出題を、はしのに振るときに言う。ちなみに前任の小林麻耶は「えみちゃん」と言っていた。
  3. ^ 通常は『王様のブランチ』の生出演があるため、大阪からの生放送である『知っとこ!』のゲスト出演は困難であるが、放送当日は『王様のブランチ』が録画だったため出演可能であった。

出典

  1. ^ はしのえみ、挙式で泣いちゃった…俳優・綱島と幸せいっぱい - スポーツ報知 2009年10月21日
  2. ^ はしのえみ、待望の第1子妊娠!欽ちゃんも感激「楽しみだね」”. SANSPO.COM (2015年5月17日). 2015年5月17日閲覧。
  3. ^ “はしのえみが第1子女児出産「新米パパママ奮闘するつもりです」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年10月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2059959/full/ 2015年10月16日閲覧。 
  4. ^ “はしのえみ、予定外の帝王切開を告白 病室には“ファミリー”続々”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/19/kiji/K20151019011349220.html 2015年10月19日閲覧。 
  5. ^ “第1子女児出産のはしのえみ退院報告”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月22日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/22/0008502252.shtml 2015年10月22日閲覧。 
  6. ^ "[秘密のケンミンSHOW (2012年5月24日放送回) の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]". 秘密のケンミンSHOW. 讀賣テレビ放送. 2012年5月24日放送.
  7. ^ はしのえみ (2012年4月18日). “ケンミンSHOW!|はしのえみオフィシャルブログ 「keep your smile」 powered by アメブロ”. 株式会社サイバーエージェント. 2015年10月19日閲覧。
  8. ^ はしのえみ (2012年5月25日). “昨日のケンミンSHOW(^O^)|はしのえみオフィシャルブログ 「keep your smile」 powered by アメブロ”. 株式会社サイバーエージェント. 2015年10月19日閲覧。
  9. ^ SUNTORY SATURDAY WAITING BAR 2005年8月13日の放送
  10. ^ SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI PODCAST vol.9

関連項目

外部リンク