高泉淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかいずみ あつこ
高泉 淳子
生年月日 (1958-07-26) 1958年7月26日(59歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県古川市(後の大崎市
身長 155cm
血液型 B型
職業 女優
劇作家
演出家
ジャンル 舞台
映画
テレビドラマ
子供番組
活動期間 1983年 -
事務所 有限会社 遊機械オフィス
公式サイト www.yu-kikai.com
主な作品

「僕の時間の深呼吸」「ライフレッスン」「モンタージュ」「ラ・ヴイータ」「食卓の木の下で」「メランコリーベイビー」「変身」「エレファントヴァニッシュ」

      「ホロヴィッツとの対話」

高泉 淳子(たかいずみ あつこ 1958年7月26日-)は、日本の女優、劇作家、演出家。宮城県古川市(後の大崎市)出身。

プロフィール[編集]

早稲田大学社会科学部卒業後の1983年白井晃とともに劇団「遊◎機械/全自動シアター」を結成。おもに“家族”をテーマにした戯曲を数多く発表する。また、看板役者として子供から老人まで様々な役柄を演じ分ける。

特に、舞台『僕の時間の深呼吸』から登場した、チリチリ頭に黒ブチ眼鏡の少年山田のぼる」は当たり役となる[1]。“彼”を主人公とした戯曲が数本作られ、また1993年10月 - 1994年9月にかけて、そのキャラクターのままフジテレビ子供番組ポンキッキーズ』にMCとして出演した[2]

また、変幻自在な役柄を活かし、テレビドラマ『帰ってきた時効警察』では男性の駐在役で出演、『主に泣いてます』では15人のキャラクターに扮する「トキばあ」役で出演。

1989年より年末には青山円形劇場にて、バイオリニスト中西俊博を迎え、芝居とジャズ音楽を組み合わせたショー『ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン』を公演、25年にわたるロングランとなる(同劇場閉館に伴い、2013年で終了)。

2002年10月の公演『クラブ・オブ・アリス』をもって、劇団の解散を発表。制作母体である「遊機械オフィス」は続行し、プロデュース公演を制作している。

2008年より「タカイズミプロジェクト」を立ち上げ、宇野亜喜良の美術で『大人の寓話』を企画・作・演出・出演。

既婚独身かなどの家系情報は非公表としている。

主な出演[編集]

舞台[編集]

など

テレビドラマ[編集]

バラエティ・子供番組[編集]

CM[編集]

ナレーション含む。

ラジオ[編集]

映画[編集]

CD[編集]

アルバム
シングル

著書[編集]

  • シリーズ戯曲新世紀 ラ・ヴィータ (1994年、ペヨトル工房)
  • ライフレッスン - 「学習図鑑」を捨て去り巨人に挑む僕たちへ(1996年、モーニングデスク
  • メランコリー・ベイビー - 遊◎機械/全自動シアター(2000年、工作舎
  • 高泉淳子 仕事録(2007年、河出書房新社
  • アンゴスチュラ・ビターズな君へ(小説)(2008年、平凡社

共著[編集]

  • 学習図鑑 - 見たことのない小さな海の巨人の僕の必需品 遊◎機械/全自動シアター上演台本(1990年、弓立社
  • モンタージュ - はじまりの記憶』伊沢磨紀共著(1992年、白水社
  • 昭和演劇大全集 渡辺保対談(2012年、平凡社)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 役の外見で日本一ランドセルが似合う女優と言われてた
  2. ^ a b c 番組内およびCDは「山田のぼる」、スタッフロールには「高泉淳子」でクレジット表記。番組にはコンビとして人形キャラクターの「海田およぐ」教授が登場した。

外部リンク[編集]