Beポンキッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポンキッキシリーズ > Beポンキッキ
Beポンキッキ
ジャンル 子供向け番組
放送時間 月 - 金曜日07:30 - 08:00(30分)
放送期間 2008年4月7日〜2011年4月22日
放送国 日本の旗 日本
制作局 BSフジフジテレビKIDS
企画 小畑芳和
プロデューサー 山田洋久 ほか
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

Beポンキッキ』(ビーポンキッキ)は、BSフジにて、2008年4月7日から2011年4月22日まで放送されていた子供向け番組。正式タイトルは『Super Kids Zone Beポンキッキ』。通称は『Beポン』。

概要[編集]

2007年3月に終了した地上波フジテレビ系『ポンキッキ』の後継番組として制作の意図等を考慮した結果、BSフジに放送移行し、ポンキッキシリーズ第3世代版として放送開始した。

スタジオセットはツリーハウス(森の図書館)がモチーフとなっている。番組内ではビートルズの曲が多用されており、オープニング曲に「All You Need Is Love」が使用された他、「Let it Be」を使ったラインダンスが制作された。

ひらけ!ポンキッキ』時代から放送されていた『きかんしゃトーマス』は、フジテレビKIDSが2007年を以て版権元に放送権を返上したため、当番組では放映されていない[1]

教育コンテンツの一環として論語に関するコーナーをふんだんに取り入れ、子供向けの『論語リーダー塾』も開いている。また、創作絵本を募集する『Be絵本大賞』が開かれ、入賞作品は出版および番組内などで紹介されている。

2011年4月25日より『beポンキッキーズ』にリニューアルした。

内容の変遷[編集]

2008年度[編集]

ダンテ・カーヴァーマイク眞木のほか、飛行機のかぶり物をつけた「ヒコーキさん[2]」に扮した大塚ムネト、それぞれピンク色・水色のリスの衣装で南明奈チェルシー舞花[3]、図書館の主である魔女「オジバジオ」役にピーター宇宙人のキャラクター・オレンジ等が出演。各コーナーに入る際は、タッチパネル風の「beポン タップ」の掛け声を使った。
11月、番組企画でガチャピンとダンテがヒマラヤ山脈のヤラピーク登頂に成功。麓からの登頂の様子は12月22日~26日、翌年1月5日~9日・12日の11回に分けて放映された。
担当 出演者
MC ダンテ(ダンテ・カーヴァー)/ヒコーキさん(大塚ムネト)/アッキーナ(南明奈)/チェルシー(チェルシー舞花)/GGマイク(マイク眞木
キャラクター ガチャピン(声:雨宮玖二子)/ムック(声:松田重治)/オレンジ(声:小桜エツ子)/Pちゃん/コニーちゃん(声:クリス智子
その他 オジバジオ(ピーター)/ゆうや(清水優哉)/宮本笑里/ラバーガール/多摩っ子バブルス
OP All You Need Is LoveThe Beatles
ED 主よ、人の望みの喜びよ(演奏:宮本笑里)

2009年度[編集]

が〜まるちょば、洸平(現:松下洸平)が出演したほか、新キャラクターにクマの3人組・ロリポップス(アン、ロロ、ミイ)が登場、同時期放送の姉妹番組『We Can☆』(後『We Can☆47』)のマスコットキャラクターにもなっていた。
担当 出演者
MC ダンテ/ヒコーキさん/アッキーナ/チェルシー/GGマイク
キャラクター ガチャピン/ムック/ロリポップス/Pちゃん/コニーちゃん
その他 オジバジオ/ゆうや/コウヘイ(洸平)<〜2009年8月>/ラバーガール/が〜まるちょば/多摩っ子バブルス
OP All You Need Is Love
ED あなたに夢中(ロリポップス) 他

2010年度[編集]

新メンバーに石井正則アリtoキリギリス)、畠山拓也(ROCK'A'TRENCH)、マヤ・ハッチ、5月よりピンク色のクマの衣装でセーラ、momoko(現:唯月ふうか)が加入。
曜日ごとの日替わりMCで各コーナーを放送。
担当 出演者
MC 月曜 アッキーナ/チェルシー
火曜 ダンテ/GGマイク
水曜 チェルシー/ラバーガエル(ラバーガール)/momoko<2010年5月〜>
木曜 アッキーナ/しんぶし(石井正則)/セーラ<2010年5月〜>
金曜 たくや(畠山拓也)/マヤ・ハッチ
キャラクター ガチャピン/ムック/ロリポップス/Pちゃん/コニーちゃん
その他 オジバジオ/ヒコーキさん/が〜まるちょば/ゆうや/多摩っ子バブルス
OP All You Need Is Love
ED よければ一緒にKAN) 他

放送時間[編集]

期間 放送時間(日本時間
本放送 再放送
2008.04.07 2008.10.03 月曜 - 金曜 07:30 - 08:00(30分) 月曜 - 金曜 18:00 - 18:30(30分)
2008.10.06 2010.07.02 月曜 - 金曜 17:00 - 17:30(30分)
2010.07.05 2011.04.22 (放送無し)

主なコーナー[編集]

これまでに放送されたコーナー。一部は休止後、再放送される場合もある。
  • ジャカジャカジャンケン
コーナードラマに合わせ18歳のコニーちゃんが登場。エンドクレジットの前に毎回必ず放送された。
  • ガチャピン・チャレンジシリーズ
  • Be COOL
GGマイクとダンテが、アウトドアに触れ様々な物を作るワークショップ
  • モノゴコロの旅
ヒコーキさんが、ものの生まれた場所をレポートする。
  • 魔女のMENU
魔女のオジバジオが、絵本に登場する料理を実際に再現する。
  • Bee Bus ワールドツアー
アッキーナをガイド役に、写真で世界中を旅するアニメーション。
  • おしごとワールド
アッキーナがクイズ形式で様々な仕事を紹介する。
  • もじあるき
チェルシーとゆうやが、街を散歩しながら決められた文字を探す。
  • マネゲーム
ダンテの動きを視聴者に同じ動きをしてもらう。
  • ビックリえいご
ダンテが英語のフレーズを紹介する。
  • コドモの和道
日本の伝統的なものを学習する。
  • いきものがたり
自然の世界を映像で紹介するコーナー。毎回ビートルズの楽曲がBGMとして使われている。ナレーション:森本レオ
  • 100かい口上
ゆうやが奉行に扮し社会のルールやマナーを伝える。番組初期は「ぜったい奉行」のタイトルで公式サイトに表記された。
  • アハ!ピクチャー
白黒の2色だけに加工された写真を公開し、それが何かを考える。金曜日に答えが発表される。
  • らくがきムービー
おもに2008年度前半で放送。視聴者が描いた絵をアニメーションにして紹介する。
  • ナマエのナカにナニがある?
おもに2008年度前半で放送。出演者などの名前の中に隠れている言葉を見つける。
  • ダカダカダンテ
3つのポーズの中からダンテと同じポーズをするゲーム。同じポーズができれば「ラッキーデー」となる。
  • コロコロダイス
2009年度〜2010年度に放送。魔法のサイコロを使って遊ぶゲーム。アッキーナとチェルシーが毎回レギュラー陣と勝負した。4つのサイコロを投げて、同じ数を多くそろえた方が勝ち。負けるとオジバジオの魔法にかかる。
  • Beポーズ
2008年度エンディングで放送。レギュラー陣がポーズをとってストップし、映像の中に1人だけいる写真の人を当てる。
  • もりのどうぶつたち
動物と医者に扮したラバーガールによるショートコント。2011年4月29日より『We Can☆47』枠内で放送。
  • ラバーガエル
カエルの世界でのヘンテコな出来事を繰り広げるショートコント。2011年7月より『We Can☆47』枠内で放送。
  • Beポンキッキ農園
2010年4月、千葉県印西市に開園。視聴者参加で区画を貸し出し野菜を育てる。
  • ロリアン・ルーレット
アッキーナとロリポップスのアンが、様々なスポット(おもに東京各地)を訪れる。

コーナードラマ・アニメ[編集]

  • いじいじくん
悩みがちなカエルの「いじいじくん」と前向きなサルの「ウキウキくん」のショートアニメ。
声の出演:安原義人春風亭昇太佐藤真弓、西川郷子(上々颱風)、松尾貴史
  • ニコニコ♪コニーちゃん
18歳になったコニーちゃんのショートアニメ。日本語英語中国語フランス語イタリア語で放送。
  • とべ BB!
2羽のカラスが日常の様々なことについて考える人形劇。2010年4月より『We Can☆』枠内で放送。
声の出演:BB…戸田恵子、Si先生…関根勤
  • すすめ!ひかり侍
引退を控えた0系新幹線を主人公にした、時代劇風のミニドラマ。ギンギラ太陽'sの舞台作品『BORN TO RUN』を再構成。

Beポン メロディ[編集]

以下の他に、過去のシリーズに作られた楽曲が流れることもある。
2008年
  • あかさたなはまやらわをん(KREVA
  • のんびり行こう(マイク眞木&ダンテ・カーヴァー)
    1971年にマイク眞木がモービル石油CMソングとして発表した『気楽に行こう』をアレンジ。
    2009年1月6日放送から、曲に合わせた「のんびり体操」が登場。
  • わたしのガーデン(アッキーナ&チェルシー)
2009年
2010年

ライブイベント[編集]

  • スーパーキッズ王国 in 東京⇔成田SKYGATEシティ with Beポンキッキ
2009年11月7日〜8日、ビッグホップガーデンモール印西にて開催。
  • 『劇団Beポンキッキ』第1回公演 ~ふしぎな7つのトランク~[4]
2010年5月1日〜5日、めぐろパーシモンホールにて開催。模様は7月3日『劇団Beポンキッキ スペシャル』にて放送。

スタッフ[編集]

  • 企画/エグゼクティブプロデューサー:小畑芳和
  • 監修:岩立京子(東京学芸大学教授)、苅宿俊文(青山学院大学教授)
  • Beポン子ども学会:谷川俊太郎茂木健一郎武田双雲、林邦史郎、仮屋崎省吾本條秀太郎
  • 構成:舘川範雄、内田英一
  • ブレーン:須田康成
  • 音楽:畠山拓也(ROCK'A'TRENCH
  • コレオグラファー:ラッキィ池田
  • 撮影:菅原安、飯島正広
  • アート制作:てっこん、加藤タカ/真賀里文子、辻恵子、くわじまゆきお、後藤真由子
  • キャラクター制作:きはらようすけ、保坂純子、山村エナミ
  • 技術:馬場雄二、鈴木貴裕、小森谷健太朗、佐藤浩一
  • 照明:野崎政克
  • 美術:武田方征、内山真理子、平山雄大、岩崎隆史、村田誠司、横山公一
  • 音響効果:西山知史
  • 編集:澤田成樹、北山裕子、五十嵐直
  • MA:吉田肇
  • 衣装:原田りえ子、タイガーリリー/豆千代、doldol dolani
  • 衣装協力:ASBee,L.L.Bean、渋谷フロンティア、ナイキ、SLAM
  • 技術協力:八峯テレビIMAGICAFLT
  • 制作協力:スタッフ Q、DNA Media、共同テレビジョン、アートファイブ、大日本生ゲノム
  • 協力:フジアール、光子館、藤森照信/ハービー・山口、近藤幸子、本道佳子
  • BSフジ:桃井康子、渡辺裕予
  • タイムキーパー:松本曜子、岡田紗代子
  • ディレクター:武富英夫、岡部美樹、池田純人、松井香与子/菅野温夫、森田倫代、後藤光弥、大林基、三島友紀子、伊藤仟夜里
  • プロデューサー:山田洋久、網谷浩恵/小林正治、磯部泰子、黒川隆史
  • 制作:フジテレビKIDS

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
千葉県 千葉テレビ放送
(CTC/チバテレ)
2010年4月5日 - 2011年5月6日 月曜 - 金曜 15時25分 - 15時55分 JAITS ネットは2週遅れ
テレビ傍聴席、スポーツ中継等の特別番組時は休止(一部例外あり)

脚注[編集]

  1. ^ ただし『トーマス』に声の出演をしていた戸田恵子森本レオは、当番組の一部コーナーで声の出演をした。
  2. ^ 大塚の主宰する劇団・ギンギラ太陽'sで演じたキャラクターが基になっている。
  3. ^ 当時BSフジ放送『モノコト駄菓子屋』に出演しており、当番組初期は準レギュラーとして出演した。
  4. ^ ご報告:劇団Beポンキッキ第1回公演「ふしぎな7つのトランク」

外部リンク[編集]

フジテレビ ポンキッキシリーズ
前番組 番組名 次番組
ポンキッキ
※1年のブランク
Super Kids Zone Beポンキッキ