変なおじさんTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
変なおじさんTV
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜日 24:55 - 25:25(30分)
放送期間 2000年10月11日 - 2002年9月25日(89回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ(番組配信局)
イザワオフィス(企画制作)
演出 戸上浩、小倉肇
プロデューサー 井澤健
出演者 志村けん
優香
肥後克広
上島竜兵
アリtoキリギリス
石井正則石塚義之) ほか
エンディング 月替わり #エンディングテーマ参照
テンプレートを表示

変なおじさんTV』(へんなおじさんティービー)は、フジテレビ2000年10月11日から2002年9月25日まで毎週水曜日深夜に放送されていたバラエティ番組である。イザワオフィス制作。全89回。

番組概要[編集]

1996年10月からスタートした番組「Shimura-X」シリーズに続くもので、これまでとの違いは志村のバラエティでゴールデン時代以来のショートコントの復活。そして番組名通り、変なおじさんを基盤としたものであった。なお当番組は、フジテレビの志村メインのバラエティ番組で唯一「志村けん」の(名前の一部分も含む)が入っておらず、志村がやっているコントのキャラクターの名前の番組となっている。

番組前半は、上記出演者による新作ショートコントを放送。ここで放送されたショートコントはのちに『志村けんのだいじょうぶだぁII』及び『志村屋です。』にて、傑作コントとして再放送された。

番組後半は、志村扮する変なおじさんがパラパラオールスターズパラパラを披露し、後半が優香扮する変なおじさんの娘(服装は志村版を黄色くしたもの)とともに商売をしているおでんの屋台でゲストを招いてトークを行っていた。

再放送

2012年12月から2014年2月にかけてファミリー劇場で再放送された。ただし第29回と第44回は放送休止[1]。後に第29回のみ解禁となった。

時差ネット局の扱い[編集]

青森放送日本テレビ系列)では『めちゃ×2イケてるッ!』休止時の火曜深夜に穴埋めの形で放送されていた。

出演者[編集]

コーナー出演
コント ゲスト

おもな企画[編集]

  • おでん屋トーク
変なおじさん親子(志村と優香)の営むおでん屋台にゲストが客として訪れ、事前に本人がスケッチブックに描いた「好きな物」「嫌いな物」のイラストをもとにトークが繰り広げられる。
  • 変なおじさんパラパラ(#1-67)
スタジオに作られたお立ち台で、当時流行のユーロビートに合わせてパラパラオールスターズ(Pala Pala All Stars)がパラパラを踊るなか、DJの呼び込みで登場した志村扮する“変なおじさん”がセンターに加わり、全員で“変なおじさん”のコミカルな動きを取り入れたオリジナルダンスを披露する。使用曲は「SEXY SEXY SEXY」「NO ONE SLEEP IN TOKYO」「BANDOLERO COMANCHERO」。第50回からはニューバージョンが登場。志村と優香の2人が変なおじさんに扮してパラパラオールスターズとお立ち台で踊り、川上・肥後・上島・アリキリ・加藤・山田らレギュラー陣もそれを見ながら一緒にスタジオで踊る。使用曲は「GOCHA!」「JOHNNY GO」。
  • 家族コント(#1-67)
志村X』の流れを汲む、番組のオープニングを飾るホームコメディドラマ仕立てのコント。出演は志村(父)、川上麻衣子(母)、優香(長女)、加藤明日美(次女)の4人。居間で食卓を囲む家族の日常が描かれる。サラリーマンの父親と反抗期の娘たちや天然ボケの妻が対立するというパターンが多い。
  • 志村社長とキャバ嬢優香(#31-75)
唯一タイトル名が付けられたシリーズコント。不定期実施。

エンディングテーマ[編集]

ミュージックビデオがスタッフロールとともに流れる。

  • 「壊れてしまう前に」(2001年2月)
  • 「時代」(2001年3月,4月)
  • 「鳥カゴ」(2001年5月,6月)

スタッフ[編集]

  • 作・構成:朝長浩之鈴木しげき中野義博
  • 音楽:たかしまあきひこ
  • 技術:岩沢忠夫
  • カメラ:藤江雅和
  • 音声:松本政利
  • 映像:原啓教
  • 照明:安藤雅夫
  • 美術制作:北林福夫、菊地誠
  • デザイン:根本研二
  • 美術進行:山根安雄
  • 大道具:宮越浩
  • 装飾:錦織洋史、菊地誠
  • 持道具:森知美
  • 衣装:佐藤孝二
  • かつら:田中千恵、矢津田一寛
  • メイク:杉村千春、電飾:宇塚敏明
  • タイトル:高柳義信
  • ペイント:菊地大介
  • 編集:轟禎治(ディークラフト
  • MA:大塚大
  • 音響効果:戸辺豊(#1-4)、戸辺ブラザーズ(#5-)
  • 技術協力:ニユーテレスIMAGICA
  • 制作協力:エスカンパニー、エクシーズ、ワールドミュージック
  • 協力:Twin Star(神楽坂ツインスター)
  • 衣装協力:TOCO PACIFIC
  • 編成:夏野亮(#1-39)、大辻健一郎(#40-74)、熊谷剛(#75-89)、
  • タイムキーパー:増山郁子
  • 演出補:長谷吉洋
  • 演出:戸上浩、小倉肇(エクシーズ)
  • プロデューサー:井澤健
  • 企画制作:イザワオフィス

脚注[編集]

  1. ^ ゲストは西山喜久恵・千野志麻(#29)田代まさし(#44)。第29回のゲスト出演部分は第69回の総集編で一部放送された。第44回は第43回の次回予告映像でも出演部分はカット。また、第37回でゲストトークの話題に登場した押尾学の画像にもボカシが施された。

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜 24:55 - 25:25枠
前番組 番組名 次番組
変なおじさんTV
志村流
(24:58 - 25:28)