アイーンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイーンベル
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2001年2月2日
サンデーサイレンス
ミスベルベール
生国 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 志村康徳
吉田照哉
調教師 森秀行栗東
伊藤和(岩手
競走成績
生涯成績 12戦0勝
獲得賞金 655万円
テンプレートを表示

アイーンベル2001年 - )は日本競走馬。お笑いタレントの志村けん馬主だった[1][2]ことで話題となった。

馬名の「アイーン」は志村のギャグのひとつで、最初志村はそのまま「アイーン」で馬名登録を申請したが受け入れられなかったため、母・ミスベルベールのベルと合わせ「アイーンベル」にしたと自著で述べている。

略歴[編集]

父は大種牡馬サンデーサイレンス[1][3]、母はフランスで走りアスタルテ賞 (G2) に勝った[1]ほか、ジャック・ル・マロワ賞 (G1) でタイキシャトルの4着に入ったミスベルベール[3]という血統である。2001年の2月に社台ファームで生まれた。

日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンター森秀行厩舎に預けられ[1]2003年暮れの阪神競馬でデビュー[1][2]し、武豊騎乗で[1][2]1番人気を集めた。志村も相当期待していたとされ、競馬場にも来て[2]応援していたが、ハナ差[2]シャイニングアレキに敗れ2着。2戦目も1番人気に推され、北島三郎(大野商事名義)の持ち馬キタサンラブソングと対決するも6着に沈む。その後も常に上位人気に支持されたが、5戦目の未勝利戦でミルコ・デムーロを背にクビ差2着となるのが精いっぱいだった。2004年夏、札幌競馬の未勝利戦で敗れたのを最後に地方競馬岩手競馬へ転出。しかしそこでも大敗続きで、結局3戦未勝利のまま、2004年12月18日付で地方競馬の競走馬登録を抹消され引退した。

競走馬引退後は観光牧場で「志村けんの馬」として展示されたのち、社台ファームで繁殖牝馬となった。初めての産駒はローエングリンを父に持つ牝馬[3]で、グリーンファーム一口馬主が募集され[3]、2011年に「サヴァーレ」の名で競走馬としてデビューし、中央競馬で勝利を挙げた[4]

年度、所属別競走成績[編集]

  • 2003年
    • 中央競馬(1戦0勝、2着1回)獲得賞金280万円
  • 2004年
    • 中央競馬(8戦0勝、2着1回、4着1回、5着2回)獲得賞金375万円
    • 岩手競馬(3戦0勝)獲得賞金0万円

志村けんの所有馬[編集]

アイーンベルがとくに注目されたが、志村けんが馬主となって走っていた競走馬はほかにも存在する。志村が本名の志村康徳名義で所有していた競走馬は以下のとおり。なお志村は地方競馬の馬主資格を取得しておらず、中央競馬から地方競馬へ移籍した競走馬については馬主が変更されている。

  • マイピーチ (牝・1992年3月23日生・父テューター 母ミスライトニング) - 不出走。
  • ケンエックス[1]・1994年2月23日生・父アスワン 母ミスライトニング) - 中央6戦0勝。その後上山に移籍して6戦1勝。
  • ハセノユキノコ(牝・1995年4月13日生・父シェイディハイツ 母トウジンミニッツ) - 中央8戦0勝。
  • ケンノホシ (牝・1995年5月16日生・父リードワンダー 母カサブランカ) - 中央6戦0勝(地方交流競走4戦を含む)。
  • ケンノムスメ (牝・1995年5月18日生・父カンパラ 母ハマヒルガオ) - 不出走。
  • ミツノアジ (牝・1998年3月27日生・父ニホンピロウイナー 母スカイワーズ) - 中央8戦0勝。
  • ハルカナミチ[1] (牡・2000年4月5日生・父サクラローレル 母ツキノショウリ) - 中央19戦0勝(地方交流競走6戦含む)、その後地方競馬(岩手)に移籍して23戦0勝。
  • アインイチバン[1] (牝・2001年4月30日生・父タマモクロス 母アンファテュエ) - 中央4戦0勝、その後地方競馬(ホッカイドウ金沢)に移籍して32戦2勝、再度中央に移籍し、志村名義となるも2戦0勝。
  • アインジェイド (牡・2002年4月13日生・父ジェイドロバリー 母アンファテュエ) - 中央7戦0勝(地方交流競走4戦含む)、その後地方競馬(金沢)に移籍して11戦1勝。中央所属時代には2着が3回ある。
  • トノノオナリー (牝・2004年6月7日生・父スペシャルウィーク 母シクレノンソシエテ) - 中央6戦0勝、その後地方競馬(金沢)に移籍し、46戦2勝。
  • オサキニシツレイ(牝・2009年生まれ)

血統表[編集]

アイーンベル血統ヘイルトゥリーズン系/Almahmoud 9.38% 4x5) (血統表の出典)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*ミスベルベール
Miss Berbere
1995 栃栗毛
Bering
1983 栗毛
Arctic Tern Sea-Bird
Bubbling Beauty
Beaune Lyphard
Barbra
母の母
Miss Afrique
鹿毛
African Song African Sky
Goldwyn Princess
Dictumisas Dictus
Mischief F-No.3-n

半妹阪神ジュベナイルフィリーズ2着のダノンベルベール[3]、半弟に中日新聞杯優勝馬サトノアポロ中京競馬場芝1800メートルでレコード勝ちしたベルジュールがいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 志村けん愛馬「アイーンベル」新馬勝ちへ大丈夫だぁ〜(サンケイスポーツ、2003年12月19日)”. 2003年12月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e 志村けん愛馬2着、武「次は大丈夫だぁ」(日刊スポーツ、2003年12月20日)”. 2003年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e アイーンベルの2009 (PDF)” (日本語). グリーンファーム愛馬会. 2012年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月9日閲覧。 “本馬が初仔”
  4. ^ 【2歳未勝利】(京都1R、2R、3R)” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2011年10月9日). 2011年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]