カトちゃんケンちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加トちゃんケンちゃん > カトちゃんケンちゃん
カトちゃんケンちゃん
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 PCエンジン (PCE)
開発元 ハドソン
発売元 日本 ハドソン
アメリカ合衆国 NEC-HE
デザイナー 野沢勝広
安田圭吾
金田孝司
高津敏之
プログラマー 野沢勝広
金田孝司
安田圭吾
音楽 国本剛章
美術 山本次行
進藤司
松田泰一
佐藤裕
輪島智美
山口もと
人数 1人
メディア 2メガビットHuCARD[1]
発売日 日本 198711301987年11月30日
アメリカ合衆国 1990年
その他 型式:日本 HC62006
アメリカ合衆国 TGX020014
テンプレートを表示

カトちゃんケンちゃん』(KATO chan & KEN chan[注 1])は、1987年11月30日 に日本のハドソンから発売されたPCエンジン横スクロールアクションゲーム。北米版でのタイトルは『J.J. & Jeff』となっており、主人公や一部の表現が変更されている。

探偵である主人公の「カトちゃん」および「ケンちゃん」を操作し、攫われた資産家を救出する為に調査に乗り出すという内容になっている。ゲームシステムはセガから稼働されたアーケードゲームワンダーボーイ』(1986年)およびその移植版であるファミリーコンピュータ用ソフト『高橋名人の冒険島』(1986年)に近いものとなっており、ステージ間のワープやスロットマシーンによるボーナスゲームなどを特徴としている。

開発はハドソンが行い、ゲーム・デザインはファミリーコンピュータ用ソフト『ドラえもん』(1986年)を手掛けた野沢勝広、後にPCエンジン用ソフト『ニュートピア』(1989年)を手掛けた安田圭吾、ファミリーコンピュータ用ソフト『ヘクター'87』(1987年)を手掛けた高津敏之が担当、音楽はファミリーコンピュータ用ソフト『チャレンジャー』(1985年)や『スターソルジャー』(1986年)を手掛けた国本剛章が担当している。

概要[編集]

日本国内版[編集]

ジャンルはアクションゲームで、HuCARDで発売された。バラエティ番組加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(1986年 - 1992年)を題材にしており[注 2][注 3][2]、その中の1コーナーである「THE DETECTIVE STORY(探偵物語)」をモチーフとしている。内容は探偵のカトちゃん(加藤茶)とケンちゃん(志村けん)が活躍する横スクロールのアクションゲームで、目的は誘拐された資産家を救出しに行く事。

途中ステージ間のワープがあったり、相方が回復アイテムやコインをばらまくの上の世界があるなど、ステージ構成としては『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)に、プレイ感覚は『ワンダーボーイ』(1986年[注 4]と似ている[2]。難易度は非常に高く、知らないと進めないであろう場所が多数存在する[2]。一発アウトでなくライフ制であるが、プレイヤーの喰らい判定が大きくダメージを受けやすい傾向がある。またスリップのしやすさから、狭い足場から落ちて転落死というのが頻繁に発生する。しかし、詰みなどの攻略不能な状況となるような理不尽さはない。

当時ハドソンの社員だった高橋名人(高橋利幸)も難易度の高さを指摘していたが、開発メンバーは「今の子供なら、これくらいはすぐにクリアするよ」と思い込みそのまま制作された[注 5]

また本作の特徴としてプレイヤーキャラクターのグラフィックが取り沙汰されることも多い。『大技林』などの徳間書店発行の裏技冊子では「とにかくキャラの表情がリアルなのが印象的」と紹介されており、その外見は『ユーズド・ゲームズ(のちのGAME SIDE)』の紹介記事で「二頭身で顔だけリアル」と表現されていた。

日本国外版[編集]

本作は日本国外では『J.J. & Jeff』のタイトルで発売されているが、加藤が「J.J.」(金髪オールバック)に、志村が「Jeff」(赤毛にサングラス)にそれぞれ差し替えられている。また、ゲーム中のアクションはしゃがむと後方に噴射する「オナラ攻撃」がスプレーによる前方攻撃に変更されていたり、立ちションの描写が削除、野糞が狼、子猫の被り物をして茂みに潜んでいるに変更されている。この『J.J. & Jeff』は北米ヨーロッパではWiiバーチャルコンソール2007年6月15日に配信開始されたが、日本では配信されていない。

PCエンジン mini(北米版:TurboGrafx-16 mini、欧州版:PC Engine Core Grafx mini含む)では『J.J. & Jeff』が収録されるが、ローカライズ(日本語化)はされない[4]

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

敵キャラや障害物に触れるもしくは一定時間が経過する度にバイタリティゲージが減っていき、ゲージが0になるとミスとなってプレイヤーが減る。また、穴に落ちてもミス。プレイヤーの残り人数が無くなるとゲームオーバーとなる。

バイタリティゲージは途中に出てくるアイテムの食べ物を取ったり、スロットマシーン(後述)で特定の図柄を揃えるといくらか回復できる。また隠し部屋に入って相方からのヒントを聞けば全回復する。

使用できる攻撃は「キック」と「踏みつけ」と「オナラ」である[2]。キックはステージにあるヒントやスロットマシーンの部屋の扉を開いたり、先に進むための仕掛けを作動させたりすることができる最も重要な動作である[2]。一定時間しゃがむことによってオナラ攻撃ができ、アイテムフライドポテトを取ることによってその飛距離が伸びる。オナラでないと倒せない敵もいる。またステージ中に相方がギャグ(キャラが加藤だと志村が「だいじょぶだぁ太鼓」を叩く、キャラが志村だと加藤が「ちょっとだけよ」をする)場所があり、ここに行くと一定時間無敵となる。

途中様々な所でコインを得ることができ、このコインはスロットマシーンに使うことができる。スロットマシーンで当たればバイタリティゲージを回復させたり、バイタリティゲージの最大値(初期値が10目盛、最高20目盛まで)を増やしたり、残りのキャラ数を増やしたりもできる。

本作にはコンティニュー機能が搭載されており、「GAME OVER」の表示が出ている間にIボタン・IIボタン・RUNボタンを同時に押すことでエリアの最初から再開できる。回数は無限。このコンティニューの操作は説明書にも掲載されている。

アイテム[編集]

カギ、コイン、ポテト、カレー、ハチ助は初めから画面に出ていない隠しアイテムである。これらのアイテムはごみ箱、背景の消火栓バス停看板、時には何も無い空間をキックすることによって出現する。

  • チェリー - バイタリティが2目盛回復。
  • メロン -バイタリティが2目盛回復。
  • ハンバーガー - バイタリティが4目盛回復。
  • カップラーメン - バイタリティが全回復。
  • カギ - ボスのいる面に行くために必要。
  • コイン - スロットマシーンをするために必要。
  • フライドポテト - オナラが遠くまで飛ぶようになる。
  • カレー - バイタリティ・ゲージが2目盛増え、満タンになる。
  • ハチ助 - プレイヤーの残数が1人追加(1UP)される。

スロットマシーン[編集]

スロットマシーンへの部屋は前述のとおり扉などから進むことが出来る。道中で入手するコインが必要で、スロット1回転につき1〜5枚コインをBET出来る。ハチ助、ハンバーガー、ポテト、コーラ、コイン、蝿の6種類の図柄があり、停止した図柄の組み合わせにより様々な効果を得られる。以下にその組み合わせおよび効果を示す。出目欄中の「 - 」の図柄は問わない。

左出目 中出目 右出目 効果
ハチ助 ハチ助 ハチ助 プレイヤーの残数が(BET数×2)追加
ハチ助 ハチ助 プレイヤーの残数がBET数分追加
ハンバーガー ハンバーガー ハンバーガー
ポテト ポテト ポテト
コーラ コーラ コーラ
ハチ助 バイタリティ・ゲージのMAXを(BET数×2)目盛上昇し全回復
ハンバーガー ハンバーガー
ポテト ポテト
コーラ コーラ バイタリティを(BET数×2)目盛回復
ハンバーガー
コイン コイン コイン コインを(BET数×10)枚獲得
コイン コイン コインを(BET数×5)枚獲得
コイン コインを(BET数×2)枚獲得

上表以外の組み合わせはすべてハズレとなる。

隠しフィーチャー[編集]

アイテムと同様、これらも殆どがキックによって発見できる。

ボーナスステージ
特定のポイントをキックするとステージ間移動のものと同じようなゴンドラが降りてくる場合があり、これに乗ると雲の上の世界に行くことが出来る。ここでは相方が空中から次々と食べ物やコインを投げてくるので、それらを上手くキャッチしながら進んでいく。ジャンプに失敗するなどして画面下へ落下するとその場でボーナスステージ終了になる。
隠しドア
や何も無い空間をキックすると突然ドアが現れるという場所も存在する。通常のドアと同じようにヒント面やスロット面などに行くことが出来る。
ハンマーゴング
特定の街灯や椰子の木、壁のパイプなどに隠されている。ポイントをキックすると出現したハンマーが上がってゆき、キックした瞬間の移動速度に応じて得点が入る。このとき、最高速だと頂上のゴングが鳴って1UPする。

ステージ構成[編集]

最初に2人のうちのいずれかをプレイヤーキャラクターとして選択する。すると、もう一方が道中でいろいろと邪魔をしたりヒントを与えてくれたりするキャラになる。

ゲームは6つのフィールドで構成され、各フィールドは4つのエリアで構成されている。各フィールドの最後のエリア(エリア4)にはボスキャラがいて、これを倒す事によって次のフィールドに進むことができる。ボスキャラの待つシーンに到達するには各フィールドのエリア3に隠されている「鍵」が必要である。そのため、鍵を持たずにエリア4に到達してもエリアの途中から先に進むことが出来ず、その付近に設置してある緑のスプリングに乗り大ジャンプするなどして前のエリアに戻って鍵を探す羽目になる[注 6])。

なおボスキャラには、ボスキャラの腰より上をキックすることによってしかダメージを与えることはできない。プレイヤーの足は非常に短いためキックの当たり判定が小さく、これがボス戦の難易度を上げる要因となっている[2]

フィールド6のボスを倒すとエンディングが流れる。2周目以降はなく、1周で終了となる。

キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

カトちゃん(加藤)
足は遅いがスリップしにくい。選択しなかった場合は、ハゲオヤジ姿などで出てきて定番ギャグを披露してくれる。ケンちゃんよりも圧倒的に使いやすい[2]
ケンちゃん(志村)
足は速いがスリップしやすい。選択しなかった場合は、バカ殿様などの定番ギャグを披露してくれる。

本作では足が速くてもそれほど得にはならないため、ケンちゃんの方が上級者向けである(得られる情報も攻略のためのヒントよりは、高得点を得るためのヒントが多くなる)。ジャンプ力は両者とも同じであるが、滞空時間はケンちゃんの方が短い。

敵キャラクター[編集]

ザコキャラクター[編集]

特記したもの以外は「キック」と「踏みつけ」で倒すことができる。踏みつけで倒す場合、着地せずに連続的に踏みつけると得点に倍率がかかる(×1→×2→×4→×8→×10→×20。以降×20のまま)。踏みつけのあと、着地前にキックで倒したり、アイテムを取ったときも同様。

トメゾウ(TOMEZOU)
毛虫のような敵。からぶら下がったような感じで上下に往復している。50点。
プライマス(PLAIMAS)
のような敵。編隊を組み、サインカーブを描きながら飛んでくる。50点。
バーバード(BARBIRD)
のような敵。(ウントー)を落としてくるものもいる。100点。
モーリン(MORLIN)
モグラのような敵。地面から出現し、プレイヤーに向かって飛び掛ってくることもある。200点。
シンドラー(SHINDLER)
ネズミのような敵。モーリンと似た動きだが、画面の端や上方から現れる。200点。
ガジャブー(GAJABOO)
ブルドッグのような敵。まっすぐに移動し、たまに立ち止まって吠える。踏みつけは効かない。エンディングによるとが良くないらしい。200点。
ロッキージャック(ROCKY JACK)
転がってくる。ボスが投げてくることもある。ゴムでできているらしい。100点。
マッキー&タッキー(MACKY AND TACKY)[注 7]
焚き火。触れると火だるまになり、体力の残量に関係なく一撃でミスとなる。無敵でのみ倒せる。火の玉を飛ばすものもある。500点。
カニブンケ(KANIBUNKE)
のような敵。左右に往復する。姿勢が低く、キックを当てることができない。
美味しいらしい(解説より)。50点。
ラーディッシュ(LARDISH)
のような敵。から突然飛び出してくる。100点。
ペモペモ(PEMOPEMO)
ラッコのような敵。貝殻を飛ばしてくる。無敵でも倒せないが、上に乗ることが可能。
ウニボウ(UNIBOW)
ウニのような敵。海面で上下に跳ねている。50点。
ミッドフォー(MID4)
障害物となるイソギンチャク。キックするとアイテムや足場が出ることもある。無敵で倒せる。500点。
サンデーボーイ(THUNDY BOY)
カミナリ様だが、高木ブーのような顔はしていない。上空からを落としてくる。無敵でのみ倒せる。わがままな性格らしい。1000点。
タリネード(TALINADE)
小型の竜巻。地面をウロウロしているものと飛び跳ねるものがいる。50点。
ヘロボーイ(HEROBOY)
ヘリコプターの形をしている。サインカーブを描いて飛ぶがプライマスと違って単独で現れることが多く、オナラが効かない。ワイヤーで吊られているらしい。200点。
ノンターファミリー(NONTER FAMILY)
サングラスを掛けたスーツ姿の男。向かってくるだけのものと空き缶を投げながら逃げるものがいる。200点。
ハッシー(HUSSY)
恐竜のような生物。倒すには鼻先にオナラを当てるしかない。後半になると火を吐く「ファイアハッシー」が出現するようになる。接触ダメージが10なので、バイタリティの最大値が上がっていればぶつかっても辛うじて助かる場合がある。4000点(無敵時の体当たりは1000点)。は長いが胴は小さく手足は短い。
コハッシー(KO HUSSY)
ハッシーの子供。ガジャブーと同じ動きで吠えることもある。キック、オナラで倒せるが踏みつけは効かない。
解説に「LIKE A DOG」と書かれていて、犬に似ているらしい(そうは見えないが)500点。
ウントー(UNTO)
とぐろを巻いた大便。ブロックをの中から出てくることもあり、地面に落ちて少したつと消える。見た目からは信じられないが踏みつけで倒せる。100点。
クリボウ
のイガと思われる。プレイヤーが近づくと木から落ちてくる。50点。
デンキャ
動かない岩。無敵でないと倒せない。500点。
岩ツララ
正式名称不明。プレイヤーが近づくと落下し、地面に当たると砕ける。100点。
人魂
正式名称不明。プレイヤーの周りを漂う。無敵のほかはオナラしか効かない。500点。
野球ボール
正式名称不明。画面下から大きな放物線を描いて飛んでくる。踏み付けでやっつけられる。50点。
椰子の実
正式名称不明。プレイヤーが近づくと椰子の木から落ちてくる。100点。

ボスキャラクター[編集]

各フィールドのエリア4のゴールを通過すると、一画面分のボスとの決戦場に切り替わる。ボスはフィールドによって服の色と顔が異なるが、いずれも屈強な大男で、左右に移動しながら時折ジャンプしたり岩(ザコの「ロッキージャック」と同じキャラ)を投げて攻撃するというのが基本的な行動パターンとなる。ボスがジャンプして着地するときに地面にいると、振動で舞い上げられて一瞬操作不能になる。弱点は腰から上(上半身)なので、攻撃するには接近してジャンプキックしなければならない。各20000点。フィールドが進むごとに耐久力や移動速度、攻撃頻度が増していく。

モフィード(MOFEED)
フィールド1のボス。キック4発で倒せる。動きは緩慢で攻撃もゆるい。
リグルゴング(WRIGGLE GONG)
フィールド2のボス。キック4発で倒せるが動きがやや早く、その分攻撃の頻度も高い。
ヘビーメルダー(HEAVY MELDER)
フィールド3のボス。キック5発で倒せる。動きはリグルゴングとほぼ同じ。
ヤーマンZ(YARMAN Z)
フィールド4のボス。キック5発で倒せる。ヘビーメルダーより激しく攻撃してくる。
グレートパパ(GREAT PAPA)
フィールド5のボス。今までのボスよりスピードが圧倒的に速く、倒すにはキック6発が必要。
ダブルヘッダー(DOUBLE HEADER)
フィールド6のボス(最終ボス)。グレートパパより攻撃が激しくて速い。キック6発で倒せる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 J.J. & Jeff アメリカ合衆国 200705282007年5月28日
ヨーロッパ 200706152007年6月15日
Wii ハドソン ハドソン ダウンロード
バーチャルコンソール
- -
2 J.J. & Jeff 日本 202003192020年3月19日
アメリカ合衆国 202003192020年3月19日
ヨーロッパ 202003192020年3月19日
日本 PCエンジン mini
アメリカ合衆国 TurboGrafx-16 mini
ヨーロッパ PC Engine CoreGrafx mini
ハドソン KDE プリインストール - - 販売地域を問わず北米版(J.J. & Jeff)を収録。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:野沢勝広
  • プログラマー:野沢勝広、金田孝司、安田圭吾
  • ゲーム・プランナー:浦敏治、奥村めぐみ、高津敏之
  • ゲーム・デザイナー:野沢勝広、安田圭吾、金田孝司、高津敏之
  • BG・デザイナー:山本次行、進藤司、松田泰一、佐藤裕
  • キャラクター・デザイナー:山本次行、輪島智美、山口もと
  • サウンド・エフェクト:笹川敏幸、滝本利昭
  • ミュージック・プログラム:笹川敏幸
  • ミュージック:国本剛章

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games8/10点 (PCE)[5]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー30/40点 (PCE)[5]
Eurogamer1/10点 (Wii)[6]
ファミ通23/40点 (PCE)
NintendoLife3/10stars (Wii)[6]
PC Engine FAN19.95/30点 (PCE)[1]
Aktueller Software Markt9.6/12点 (PCE)[5]
PCエンジン完全ガイド肯定的[7]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では5・6・7・5で合計23点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.95点(満30点)となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で335位(485本中、1993年時点)となっている。
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.09 3.33 3.26 3.19 3.10 2.99 19.95
  • ゲーム本『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』では、選択しなかった方の主人公が道中で様々な形で出現する事や演出などについて肯定的に評価した他、オナラ攻撃などの下品さも元となった番組譲りのものであると指摘、さらに2頭身だが顔だけがリアルな主人公の造形は「不気味さはあれどゲームの雰囲気づくりに一役買っている」と肯定的に評価した[7]。しかし、本作が高難易度である事を指摘し、移動時にスリップしやすい操作性は慣れが必要になるとも言及した[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ タイトル画面での表記。
  2. ^ なお、番組のタイトルは「トちゃん」と「加藤」の「加」が漢字であるが、本ゲームは「トちゃん」と片仮名表記である。
  3. ^ ただし、当時スポンサーに入っていたゲームメーカーは任天堂コナミであり、発売元のハドソン(後にコナミデジタルエンタテインメントに吸収)は入っていなかった。
  4. ^ ファミリーコンピュータMSXでは『高橋名人の冒険島』(1986年)として移植された。
  5. ^ 「(高難度で知られる)『高橋名人の冒険島』が100万本を超える売れ行きだったからなのかもしれないが、少なくとも前半くらいは、小学3~4年生でもちゃんと遊べる難易度にして欲しかった」という。ただ、この作品で子供にもPCエンジンという名前を覚えてもらう事ができ、87年という時代ではピカイチだったとも語っている[3]
  6. ^ 最終面6-4のみ、あるテクニックを使う事で鍵無しでボス面にたどり着ける。これは制作スタッフも予期しなかった仕様の盲点である。
  7. ^ 説明書では「マッキー」、エンディングでは「MACKY AND TACKY」と表記されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 9頁。
  2. ^ a b c d e f g 太田出版『超クソゲーVR』(多根清史、阿部弘樹、箭本進一著)34ページから37ページ
  3. ^ カトちゃんケンちゃん”. 高橋名人16連射のつぶやき (2019年7月3日). 2019年7月15日閲覧。
  4. ^ 『PCエンジン mini』、収録タイトルの追加が決定!”. コナミデジタルエンタテインメント (2019年8月8日). 2019年8月8日閲覧。
  5. ^ a b c J.J. & Jeff for TurboGrafx-16 (1987)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月14日閲覧。
  6. ^ a b J.J. & Jeff for Wii (2007)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月14日閲覧。
  7. ^ a b c 「PCエンジンソフト完全カタログ 1987年」『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』スタンダーズ、2018年6月15日、31頁。ISBN 9784866362670

関連項目[編集]

外部リンク[編集]