井山淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井山 淳(いやま じゅん)北海道富良野市出身 日本の元お笑い芸人。お笑いコンビ「マックボンボン」の元メンバー(ボケ)でザ・ドリフターズの付き人でもあった。渡辺プロダクションに所属していた。

1969年頃、ザ・ドリフターズの付き人となる。同時期に映画「ドリフターズですよ!全員突撃」に端役で出演。この頃の芸名はいやま淳だった。

1972年に、同じくザ・ドリフターズの付き人だった志村けん(当時・志村健)と「チャーミングコンビ」を結成したが、志村の師匠であったいかりや長介からの指摘により改名し、「マックボンボン」としてデビューする。身体を張ったネタが評判になり、徐々に小柳ルミ子天地真理森進一沢田研二などの前座を任されるようになっていった。

同年10月にはさっそく日本テレビ系列の「ぎんぎら!ボンボン!」(後に「シャボン玉ボンボン」にリニューアル)にはじめてレギュラー出演するが、知名度の低さとワンパターンなネタがすぐに飽きられ番組は2本共に3ヶ月で打ち切りとなった(番組開始当初からいかりやはその事を危惧していた)。それにショックを受けた井山は失踪した(同時に脱退)。連絡が取れなくなった渡辺プロダクションは井山を解雇した。

その後、マックボンボンには元自衛隊員福田正夫が加入するが、福田のやる気の無さと志村のドリフ付き人への復帰で自然消滅した。

主な出演[編集]

コンビでの出演は「マックボンボン」を参照。

関連項目[編集]