ヒゲダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒゲダンスは、ザ・ドリフターズ加藤茶志村けんが中心となって、1979年から1980年にかけてテレビ番組『8時だョ!全員集合』のコントコーナーで披露した、大道芸の要素を取り入れたダンスである。

概要[編集]

2人は燕尾服に付けの扮装で、腕をまっすぐに下ろし手首を外側に90度向けるというペンギンに似た姿勢を取り、軽快な音楽に乗せて無言で膝を大きく曲げながら歩き回る踊りをしつつ、様々な芸に挑戦する(難易度が高くなるほど志村の演技がオーバーになる)。ここで、加藤茶の役はボケで基本的に失敗をし、志村けんの突っ込みに対して笑いを取り、続いて志村による芸の成功により拍手を得るかと思ったところで、芸の種をわざと暴露させ、更なる笑いを取るという構成が多く取られていた。背景には煉瓦造りの壁を模したセットが用いられていた。

また、一通りの芸を終えて志村が戻ろうとする際、加藤がアンコールをする事がある。志村は一度は固辞するが、加藤が客席をけしかけて万雷の拍手が起きると、志村はやけくそ気味に手を振りながらも、アンコールにきっちりと応えて、更なる笑いを取っている。

時折ゲストとの3人ヒゲダンスも行われた。『全員集合』では、前川清沢田研二小柳ルミ子榊原郁恵郷ひろみなどもヒゲダンスに参加した。二枚目男性や美人歌手が珍妙な付け髭姿で踊るというシチュエーションは、レギュラーの加藤・志村コンビの演技とは違う意味で視聴者の笑いを誘った。

ヒゲダンスは、1979年から暫くの間、子供だけでなく大人の間でも会社の忘年会や新人歓迎会の芸にも使われる程の大ヒットを飛ばした。永谷園からはザ・ドリフターズをイメージキャラクターに起用した「味ぶし」、「鮭っ子」等の各種ふりかけが売られる(1980年当時)程の人気であった。「8時だョ!全員集合」にゲスト出演した三船敏郎もアドリブでヒゲダンスを披露し、ドリフターズメンバーや観客を驚かせたことがある。

『全員集合』内でのヒゲダンスそのものはあまり長く行われていたわけではなく、1980年9月20日の放送を最後に終了した。しかし視聴者に与えたインパクトは大きく、ヒゲダンスキットは現在でもパーティグッズの定番の一つとして市販されている。1995年には、ヒゲダンスのBGMである「「ヒゲ」のテーマ」が8cmシングルCDとして再発された。2004年の暮れには、黒木瞳と志村けんの組み合わせによるヒゲダンスがNHKのリバイバル企画番組中で披露され、その後2005年10月2日のTBSの50周年記念番組『名番組だヨ!全員集合』でもリバイバルされ、番組中で優香ベッキーえなりかずき中居正広SMAP)の4人が体験し6人ヒゲダンスも行われている。

BGM[編集]

ソウル・ミュージックを好んで聴いていた志村の推薦により、テディ・ペンダーグラス「Do Me」のベースラインを一部だけ抜き取りアレンジし直したBGMを独自に作成(編曲は『全員集合』の音楽担当であったたかしまあきひこ)。「「ヒゲ」のテーマ」としてレコード化(のちにCD化も)された。

レコード・CD[編集]

※「ヒゲ」のテーマの冒頭には、ニ長調の明るいメロディが出囃子として挿入される。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]