好きになった人 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
好きになった人
都はるみシングル
B面 夜の海に来たの
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 白鳥朝詠(作詞)
市川昭介(作曲)
チャート最高順位
都はるみ シングル 年表
涙のバラ
(1968年)
好きになった人
(1968年)
霧に泣く恋
(1968年)
テンプレートを表示

好きになった人」(すきになったひと)は、1968年9月1日に発売された都はるみの37枚目のシングル。

概要[編集]

  • 20万枚の売り上げを記録するヒット曲となり、都はるみの代表曲として知られている。
  • 紅白歌合戦では他にも都はるみにとって引退のステージになった(5年後に復帰)1984年の「第35回NHK紅白歌合戦」でも大トリ曲の『夫婦坂』歌唱後に、「紅白史上初のアンコール」として本楽曲が歌唱された。都本人は、アンコール曲である本楽曲の1コーラス目では、大粒の涙を流したまま声が詰まって全く歌えず、他の歌手たちが都を囲んで大合唱していた。それでも2コーラス目には白組司会の鈴木健二や他歌手達の催促もあって、都は最後の力を振り絞る様に声を震わせながら歌唱した。
  • フジテレビ系列で放送されていた「志村けんのだいじょうぶだぁ」では、シリアス調のドラマと見せかけて、途中で突然BGMが変化し、本楽曲が流れてくると、だいじょうぶだぁファミリー全員が画面内に登場し、曲にあわせて盆踊りを踊るコントがあり、エンディングはこのコントで締められていた。

収録曲[編集]

  1. 好きになった人
  2. 夜の海に来たの

関連項目[編集]

カバー[編集]