叶姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
叶美香から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
かのう きょうこ・みか
叶 恭子・美香
Kano Sisters.jpg
映画君❗️是非『レディ・プレイヤー1』ジャパンプレミアにて(2018年)。左から恭子、美香[1]
国籍 日本の旗 日本
職業  モデルテレビタレント著述家
代表作 (((((゜゜;)

叶姉妹(かのうしまい)は、叶 恭子(かのう きょうこ)と叶 美香(かのう みか)の2人からなるユニット。戸籍上の姉妹ではない。モデルテレビタレント作家映画プロデューサー、エクササイズビデオの発売など活動は多岐に亘る。肩書として、かつては「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」「ライフスタイルアドバイザー」を自称していたが、現在は「ライフスタイルプロデューサー」を名乗っている。

メンバー[編集]

叶 恭子[編集]

かのう きょうこ
叶 恭子
プロフィール
別名義 杉本エルザ(旧芸名)
愛称 ココ、お姉さん
公称サイズ([2] [3]時点)
身長 / 体重 cm / 52 kg
スリーサイズ 98.5 - 56 - 92 cm
モデル: テンプレート - カテゴリ

叶 恭子(かのう きょうこ、生年月日非公表)。叶姉妹の姉役。芸能活動の初期には、杉本 エルザ(すぎもと えるざ)の芸名で活動しており、1984年9月号『平凡パンチ別冊』(平凡出版)にてセミヌード・グラビアを披露している。

大の昆虫好きで、本屋へ行くとあらゆる昆虫図鑑を購入している[4]。特にアリが好きで、大きな黒いアリをアントクアリウムで「エリザベス」「アンソニー」など1匹ごとに名前を付けて飼っていたこともあった[4][5]が、共食いをするため、自然に返すよう美香に頼んだ(東京ではダメということで、美香は富士山麓まで車で行って放した)[5]ベンガルキャットを飼っており、溺愛している。ただし、殆どの世話は美香に任せている。

アンダーヘアー永久脱毛しており、その箇所にはバタフライのタトゥーが施されている。タトゥーは他に、左手の平に「叶」の一文字、足の甲には恭子自らが下絵を描いた白虎の姿が彫られている。

自身の取り巻きである男性のことを「メンズ」と呼んでいる。その中でも特別に容姿端麗な男性の事を「グッド・ルッキング・ガイ」と呼んでいる。彼らは恭子の好みからほとんどは、20代前半の黄色人種以外の男性[6]で世界的に活躍するスーパーモデルが多いという[7]。メンバーはよく変わる[8]

叶 美香[編集]

かのう みか
叶 美香
プロフィール
別名義 玉乃ヒカリ(旧芸名)
愛称 美香さん
公称サイズ([2][3]時点)
身長 / 体重 170 cm / 51 kg
BMI 17.6
スリーサイズ 100.5 - 59 - 95 cm
カップサイズ Q~R
モデル: テンプレート - カテゴリ

叶 美香(かのう みか、生年月日非公開)。叶姉妹の妹役。芸能活動の初期には、玉乃 ヒカリ(たまの ひかり)の芸名で、グラビア等で活動し写真集も出している。第20回1988年ミス日本グランプリ[注 1]。1988年、日本テレビ系の深夜番組『11PM』のカバーガールとして月曜日にレギュラー出演。映画彼女が水着にきがえたら』にも出演している。高校時代、阪神タイガースを応援する番組『週刊トラトラタイガース』に番組アシスタントとして出演。

恭子に比べて常識人で冷静。いつも姉の世話に手を焼いている。昼夜逆転の生活を送っている「夜型人間」で、睡眠時間は2 - 3時間であるという[9]。ほぼ毎夜デートをする姉の送り迎えを担っており、自らハンドルを握り車を運転することもある。

保育士教員の免許を所持している[10]ゴルフが得意。芸能人ゴルフコンペに単独で出場しており、姉、恭子がコーディネートしたシャネルやベルサーチなどのハイブランドの服をゴルフウェアにした華やかな姿がマスコミでもよく取り上げられる。

来歴[編集]

1997年頃、ファッション雑誌25ans」に「スーパー読者」として登場し[11]、女性読者から熱狂的な支持を受けた[12]。彼女らの登場は、読者モデルが一般的に注目されるきっかけになった[13]。また、時期を同じくしてワイドショー「スーパーワイド」、「ジャスト」のコーナー『辛口ピーコのファッションチェック』において、たびたび取り上げられるようになる。その後すぐに、「ジャスト」で『美は一日にして成らず』という女性の美に対する情報のコーナーをもつ。

ブログ[編集]

2009年1月9日アメーバブログにて公式ウェブログ『ABUNAI SISTERS』を開設。これは叶姉妹をモデルとしたProduction I.G制作のアニメーションの名前からとったもので、「ABUNAI(危ない)」は恭子が考えたようで、アメリカのドラマ『HEROES』内でマシ・オカ演じるヒロ・ナカムラが発して世界的に流行った「ヤッター!」に続いて流行らせたいと思っている日本語だという。開設直後からランキングの上位の常連であり、2009年1月31日に有名人ランキング1位を獲得している[14]。2009年7月ごろ、恭子のレーシック手術のためブログを一時的に休止[15]。2009年8月26日再開。

2016年7月9日、Twitterに一般ユーザーが「最近の叶恭子さん、ジョジョみたいで最高じゃないですか?」(いわゆる“ジョジョ立ち”のようでクールであるという趣旨)のコメントとともに、叶姉妹のブログに掲載されていた恭子のポージング写真をピックアップしてツイートし、多くリツイートされ反響を呼んだ。叶姉妹はTwitterにアカウントを持っていなかったが、同年7月13日のブログに『ジョジョの空条承太郎・東方仗助・DIOのような!?』のタイトルで、話題になっていることが耳に届いていること、美香が『ジョジョの奇妙な冒険』を以前より愛読していること、この話題をきっかけに恭子も同作品に興味を持ったことなどを記事にした[16]。その後も度々サブカルチャーに興味を持っているとブログに掲載すると、姉妹のスタイルが2次元のキャラクターのようだと称えるコメントが寄せられることが増えた。その声に応えるように、アニメや漫画に登場する女性キャラクターのコスプレをして写真をアップする試みを始め、新たな読者層を獲得するようになった。

コミックマーケット[編集]

2人(特に美香)が漫画やアニメに理解があることが知られるようになると、コミックマーケットについての話題が寄せられ、興味を示すようになる。2016年12月に開催された“コミケ91”に足を運ぶ旨をブログに掲載すると「支払いはカードではなく現金で。紙幣で用意するのであれば1000円札が望ましい」「広い会場を歩くのでヒールの高い靴は避けて」「参加者への差し入れは遠慮した方が良い」など、読者からアドバイスが寄せられ、姉妹はそれに素直に従う姿勢をみせた。実際に会場を訪れ、独特の雰囲気を体感すると「自分たちもサークル参加をしてみたい」と意欲を見せ始めた。

2017年夏に開催される“コミケ92”に出展する旨をブログに記すると、申し込みの注意点や合否の有無などについて多くの意見やアドバイスがコメント欄に寄せられた。叶姉妹はそれらに目を通し、分からないことや疑問点を再度ブログ記事で投げかけ、それに対して読者がまたレスポンスするという形式を通した。その姿勢は合格通知が届き、同年8月の参加当日まで変わらなかった。2017年8月11日、“コミケ92”に『ファビュラス叶組』『プレシャスM組』として参加。グッズ頒布(物販)は専属スタッフに一任し、叶姉妹は、この日のために製作した特製の名刺を来客一人一人に手渡して声をかけることに専念した[17]。また、不適正な高額転売[18]を封じるように、即日、受注生産でグッズを追加製作・販売をする旨を発表した。

コミケ92に出展した翌12日、同人誌などを販売する「とらのあな」の新CM起用が発表された。すると「コミケ参加は(同CM出演の)宣伝・プロモーションだったのではないか?」など、憶測や揶揄する言葉がtwitterに複数流れた。それらの事態を受けて、8月14日に更新したブログにおいて「事実無根」であると否定。コミケ申し込みした時期とCMのオファーのあった時期では時系列が成り立たないことを挙げ、また、コミケ参加者及びその文化を大切にしている人々に失礼であると厳しく咎めた[19]。同年12月29日、コミケ93にサークル参加。クリスマスデートの予定を全てキャンセルして、頒布する写真集3000冊全てに直筆のサインをする熱の入れようであった。前回同様、数時間待ちの行列が出来る人気ぶりで好評を得たが、今回で一旦サークル参加を控える旨を明らかにした。今後は、姉妹の興味を引く頒布物を入手する“一般参加”でコミケを楽しむつもりであるという[20]

騒動[編集]

名誉毀損[編集]

2000年4月に叶恭子の内縁の関係だった男性が「シーザーの憂鬱」というタイトルで暴露本を出した。のちに叶恭子側が名誉毀損で訴えて出版差し止めを請求をしたが最終的には帯の叶恭子の写真を外して決着した[21]

2005年6月27日に関西テレビで放映された「快傑えみちゃんねる」に岡田美里が出演した際、「夫が女性から『ちょっと遊びませんか?』と誘われた」、「興信所を使ったのか」などと発言。イニシャルと共に「あの大物姉妹」とのナレーションが流れたため、人物が特定される。これに対し叶側は「発言は真実ではない」とし、名誉毀損と計約1100万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。東京地裁は2006年7月28日、「社会的評価に影響を与えた」と認定、岡田に計約66万円の支払いを命じる判決を下した[22]

2005年に中村うさぎデリヘル嬢として性風俗店に勤務し、体験記を『新潮45』に掲載した際、使用した源氏名が「叶恭子」だったことから、叶側は『新潮45』編集長宛に「名誉棄損とパブリシティーの侵害」として内容証明を送り抗議する[23]

2014年にサイゾーウーマンにて叶姉妹は普段はジャージで移動で人の目の触れる場所ではセレブ姿になると記事を書かれた。これに叶姉妹側が抗議をしサイゾーウーマン側が事実確認ができない内容として謝罪を掲載した[24]

「芸歴26年」のテロップでフジテレビが謝罪[編集]

2011年11月10日に放送された、フジテレビ笑っていいとも」にゲスト出演した際、テロップで「芸歴26年」と流し、コーナーの司会の山崎弘也も「芸歴26年ということで」と紹介したところ、コーナー終了後のCM明けに高橋真麻が、「先ほどの叶姉妹さんの経歴に関する情報は、全て間違いでした。お詫びして訂正いたします」と謝罪することとなった[25]

作品[編集]

映画[編集]

  • 叶姉妹
    • 『BUTTERFLISTA すべては、愛の行為。』(2010年)
  • 恭子
    • 『IL VENTO E LE ROSE イルベントエレローゼ 愛するということ』 - 後述、恭子の書籍「トリオリズム」を原作とした、叶恭子初主演映画。
  • 美香

DVD[編集]

  • 叶姉妹
    • 『KYOKO KANO+MIKA KANO LOVE&BEAUTY II KISSING』(2001年9月、ポニーキャニオン)
    • 『LOVE & BEAUTY3Loving』(2001年10月、ポニーキャニオン)
    • 『叶姉妹:MIRAGE』(2002年12月、ポニーキャニオン)
    • 『Kyokokano+Mikakano SUPER BEAUTY』(2003年5月、ポニーキャニオン)
    • 『KanoSisuteha'FABULOUS MAX』(2004年7月、ポニーキャニオン)
  • 恭子
    • 『叶恭子のスーパービューティー・ボディメイキング』(2000年8月、ポニーキャニオン)
  • 美香
    • 『MIKA KANO 叶美香 INNOCENTBEAUTY』(2000年11月、ポニーキャニオン)
    • 『叶美香 INNOCENTBEAUTY II〜VACANCE WITHANGELIO MIKA〜』(2000年12月、ポニーキャニオン)
    • 『どっきんアイランド』(1989年、大陸書房) - 玉乃ヒカリ名義 ※ビデオ
    • 『南の島のドッキンハンター』(1990年、大陸書房) - 玉乃ヒカリ名義 ※ビデオ

書籍・写真集[編集]

  • 叶姉妹
    • 『月刊叶姉妹 special―Super celebrity Kano sisters』(2010年1月、新潮社)
    • 『叶恭子 叶美香 写真集 Fabulous Hot』(2010年9月、講談社)
    • 『FABULOUS BODY―叶恭子+美香写真集』(2000年7月、バウハウス)
    • 『ファビュラス 叶 コスプレアート写真集 FABULOUS COSPLAY WORLD』(2018年12月25日、玄光社)
  • 恭子
    • 『蜜の味―ミレニアム・ミューズ』(1999年12月)
    • 『叶恭子のスーパービューティ』(1999年8月)
    • 『HEAVENLY BEAUTY Kyoko kano'S Non-Fiotion』発行:ポニーキャニオン、発売:扶桑社
    • 『叶恭子・トリオリズム(3P)』(2006年1月、小学館)
    • 『INNOCENTBEAUTY-叶恭子フォトエッセー-』(2000年12月、ポニーキャニオン)
    • 『叶恭子 Love&Sex』(2007年3月28日)
    • 『叶恭子の知のジュエリー12ヵ月』(2008年8月23日、理論社・よりみちパン!セ レーベル)
    • 『fabulous beauty “kyoko kano”/ファビュラス ビューティ 』(2008年4月22日)
    • 『KOKO』(2009年3月16日)
    • 『叶恭子の美しすぎる奇跡のセレブ肌を貴方に 「美は1日してならず」』(2012年6月26日)
    • 『叶 恭子幸せの日めくり 31のフィロソフィ たとえ100万人が楽しそうにしていたとしても、そこに楽しめるものがない『この世にたった一人のあなた』は、無理に笑うことはありません。』(2015年12月25日)
  • 美香
    • 『Be Cool!』1989年10月、大陸書房)- 玉乃ヒカリ名義 ※写真集
    • 『Melting』光文社(2012年8月)
    • 『Sweet Goddess』(2006年4月、バウハウス) 撮影:叶恭子
    • 『Sweet Goddess II』(2006年11月、バウハウス) 撮影:叶恭子
    • 『おっぱいにつまっているもの 気くばり目くばり思いやり』(2008年9月、講談社)
    • 『MeltingⅡ Precious Morning』(2018年1月26日、光文社) 撮影:叶恭子

テレビドラマ / アニメ[編集]

トーク番組[編集]

CD[編集]

  • 『サルサ!アマイエクスタシー』(2000年9月、ダイキ) - 作詞:恭子、歌唱:美香。
  • 『O・SU・SO・WA・KE〜プルプルンのキュッのボン!〜』(2004年12月15日、ポニーキャニオン) - スーパービューティーミカリン+K with キューティーモンすたーズ名義。

オリジナルアニメーション[編集]

  • 『ABUNAI SISTERS -KOKO & MIKA-』
世界初の日米同時ギャザリング方式を採用し、世界同時完全予約のオリジナルDVD。2009年3月5日発売。叶姉妹をモデルとした3DCGアニメーション。ショートエピソード10話収録で、イラスト原案は松下進が担当。監督は中尾浩之が担当。作品の制作は、海外でも有名なプロダクションI.Gが担当[26]
「予約数が集まるほど安くなるギャザリングシステム」を採用した。初値30,000円から累積購入申込み数で段階的に販売価格が下がる方式で、90,001枚以上販売で底値2,500円になるはずだった。先着予約者500枚に発売記念パーティへの招待権・エンドロールへの名前を記録の特典、1000枚までには非売品フィギュア、2000枚までには直筆サインが付属した。
当初の予約締め切り日は2009年1月29日であったが、29日時点で約150枚ほどしか予約数が無かったので、急遽2月20日まで受付期限を延長した[27]。2009年2月20日13:00に予約受付は終了し、最終予約枚数は265枚、価格は30,000円が確定した[28]

人形[編集]

  • タカラ叶姉妹ゴージャスドール/グラマー
    • 姉妹セットの人形。2体共、赤のドレスを着用。大きな違いは細かいデザイン、装飾品、恭子人形には白のケープがついている。2体セット¥20,000、完売。
  • タカラ叶姉妹ゴージャスドール/ミューズ
    • 上記の同人形別バージョンセットで、2体共マーメードスカートのドレスを着用。大きな違いはスカートの裾のデザイン、ドレスの色が恭子人形はゴールド、美香人形はシルバーである。2体セット¥20,000、完売。

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ しかし、ミス日本グランプリ受賞者の現状を取材した2011年放送「映像体験!イッキ見シアター」(関西テレビ放送)と、2015年放送「明石家さんまの転職DE天職第4弾」(日本テレビ放送網)では、都合によりグランプリ受賞者としての紹介を割愛されており、特に後者は「氏名・顔ともNG」と紹介されている。また放送年月日未定の「上岡龍太郎vs50人」(TBSテレビ)においての「上岡vsミス日本の50人」と題した特集では、玉井美香の名義・会社社長の肩書にて、当時のたすきとティアラを付けて出演し、インタビューに答えている。

出典[編集]

  1. ^ 『レディ・プレイヤー1』ジャパン・プレミア開催 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日!”. ファミ通.com (2018年4月19日). 2018年9月26日閲覧。
  2. ^ a b シネマトゥデイ (2015年1月8日). “叶美香が姉妹の体重を公表!意外な食生活に驚きの声”. 2019年6月9日閲覧。
  3. ^ a b モデルプレス (2018年3月17日). “叶姉妹、スリーサイズを告白 ファビュラスボディを忠実再現した特注トルソーが話題”. 2019年6月9日閲覧。
  4. ^ a b “叶恭子が熱烈ラブコールしたのは、なんと最も知的なあの生物!”. シネマトゥデイ. (2008年6月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014055 2014年7月9日閲覧。 
  5. ^ a b “『バグズ・ワールド』虫の日(6月4日)イベントレポート 叶恭子vs叶美香 蟻(あり)の女王対決”. シネマジャーナル. http://www.cinemajournal.net/special/2008/bugsworld/ 2014年7月9日閲覧。 
  6. ^ 2006年6月号『JUNON』、「叶恭子が語る「私のセックス・ルール」」より
  7. ^ オフィシャルブログ『ABUNAI SISTERS』 (2009年2月4日). “アンジェリーナ・ジョリーと‥‥。”. 2009年2月5日閲覧。
  8. ^ オフィシャルブログ『ABUNAI SISTERS』 (2009年2月5日). “グットルッキング・ガイ”. 2009年2月5日閲覧。
  9. ^ “叶美香、料理番組初出演も“ゴージャスドレス”でシェフを悩殺”. ORICON STYLE (オリコン). (2008年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/60430/full/ 2014年7月9日閲覧。 
  10. ^ "[1]". 踊る!さんま御殿!!. 日本テレビ. 2004年7月20日放送.
  11. ^ 週刊プレイボーイ 2012年6月4日 90-91頁 現代"読モ"がよくわかる基礎講座
  12. ^ 水口陽子「連載!山田美保子さん&植松晃士さん 有名人ウォッチング対談「美人の国へのパスポート」第56回 もえさんもカエラさんも叶姉妹までも話題の芸能人は“読モ”上がり!?」『からだにいいこと』第7巻第7号、祥伝社、2011年7月、 pp.56-57。
  13. ^ 大出世の可能性ある読者モデル 1日のギャラ2000〜5000円”. 女性セブン. ポストセブン (2011年1月21日). 2011年5月20日閲覧。
  14. ^ J-CASTニュース (2009年2月1日). “叶姉妹ブログが「アメブロ」1位 恭子が喜びのKISS”. 2009年8月20日閲覧。
  15. ^ 時事ドットコム (2009年8月11日). “叶姉妹 ブログ休止の理由は「レーシック手術」”. 2009年8月20日閲覧。
  16. ^ ジョジョの空条承太郎・東方仗助・DIOのような!?”. 叶姉妹オフィシャルブログ (2016年7月13日). 2017年8月12日閲覧。
  17. ^ 冬コミにも意欲! 叶姉妹参戦のコミケで何が起きたのか? 時系列レポート”. ライブドアニュース (2017年8月11日). 2017年8月12日閲覧。
  18. ^ グッズ頒布直後から転売屋がオークションサイトに高値で出品していた。
  19. ^ 叶姉妹、コミケ出展「宣伝説」に激怒 「大変失礼」「事実無根の名誉毀損にも」”. J-CASTニュース (2017年8月14日). 2017年8月20日閲覧。
  20. ^ 【コミケ93】叶姉妹、“コミケファースト”貫く サークル参加終了で1000人超が行列”. ORICON NEWS (2017年12月29日). 2018年2月19日閲覧。
  21. ^ 闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(5)細木数子、松坂慶子、倉木麻衣が訴訟 asagei+
  22. ^ ““イニシャルトーク”駄目 叶姉妹への名誉棄損認める”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年7月28日). http://www.47news.jp/CN/200607/CN2006072801003531.html 2015年7月13日閲覧。 
  23. ^ “中村うさぎ“叶恭子”めぐる抗議にオブジェクション!”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2005年10月18日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_10/g2005101805.html 2015年7月13日閲覧。 
  24. ^ 「さかなクンは既婚者」「武井壮はポルシェ所有」都市伝説だらけの芸能人の素顔 サイゾーウーマン
  25. ^ 叶姉妹の「芸歴26年テロップ」出てフジテレビが平謝りの裏 NEWSポストセブン
  26. ^ 世界初の日米同時ギャザリング方式
  27. ^ Infoseek (2009年2月3日). “このままでは1枚3万円 叶姉妹アニメDVD、予約受け付け延長 (ITmedia)”. 2009年2月11日閲覧。
  28. ^ 叶姉妹のアニメDVD予約受付が終了。1枚31,500円に-“ギャザリング方式”で、販売数は265枚

外部リンク[編集]