コミックとらのあな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社虎の穴
Toranoana Inc.
種類 株式会社
略称 とらのあな、とら
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田3-13-8 東京角田ビル4F・5F
千葉県市川市田尻1-8-36 4F
設立 1996年7月22日
業種 小売業
事業内容 書籍・雑誌・玩具・娯楽用品販売
代表者 代表取締役 吉田博高
資本金 2,000万円[1]
売上高 182億円(2010年6月期)
従業員数 1000名[1]
決算期 6月
主要株主 ユメノソラホールディングス (100%)
主要子会社 ツクルノモリ株式会社
外部リンク http://www.toranoana.jp/
特記事項:一部『帝国データバンク会社年鑑. 2012 東日本』記載のデータを基にした。
テンプレートを表示

コミックとらのあなは、株式会社虎の穴が経営する、同人誌を中心とした漫画関連商品などを店頭販売および通信販売する同人ショップ。漫画同人誌以外にも商業漫画本(漫画雑誌・単行本)、アニメ関連の映像・音楽ソフトや書籍、またそれらの関連商品などのオタク向けグッズ等も扱っている。通称とらのあなもしくはとら

沿革[編集]

1994年6月に秋葉原で創業。当初は、秋葉原の路地裏にある雑居ビル(神林ビル)の3階の一室に店を構える同人誌の古書店だった。当時、同人誌を扱っている店はまだ少なく、同じビルの2階に入居していた「湘南通商」とはしごして同人誌やジャンク品を買い漁るマニアの姿が多く見られた。店名および運営社名は、漫画『タイガーマスク』に登場するプロレス秘密結社「虎の穴」に由来する。

1996年7月に有限会社として法人化、同時に通信販売部門を新設。以後、新刊同人誌の委託販売にも進出し、規模を拡大していった。秋葉原で多店舗展開する他、池袋・新宿など都内で足場を固めた後、2000年3月の大阪進出を皮切りに他地方の主要都市へと店舗網を広げている。

2003年4月に株式会社化。2006年には秋葉原に自社ビル(秋葉原本店、現店名: 秋葉原店B)を新築、所有した。

2008年、物流センターおよび実務上の本社機能を相次いで千葉県市川市田尻の貸倉庫(日本ロジステック株式会社京葉市川センター)に移転。関連会社の本社も同所に移った。また、とらのあなダウンロードストアも開設し、デジ同人に本格的に進出した(しかし、2015年12月15日に閉鎖された[2])。

2013年10月1日ユメノソラホールディングス株式会社を設立し、持株会社体制に移行した。同時に関連会社のFOX出版もツクルノモリ株式会社に商号変更・改組したほか、株式会社アクアプラスの全株式を取得しグループ化することで合意している[3][4]。以降はソーシャルゲーム事業参入やアクセサリーブランドを立ち上げるなど、様々なコンテンツを展開するようになった。

なお、創業者で現代表の吉田博高は、創業以前はパソコンやゲーム等を扱う量販店ソフマップの従業員だった。

店舗[編集]

秋葉原店A(右から3棟目)と秋葉原店B(同2棟目)は、中央通り沿いに隣接している
移転前の池袋店
名古屋店新店舗

現行店舗[編集]

人口の多い東京都(東京都区部)および政令指定都市を中心とした都市部にのみ出店している。 政令指定都市でも、川崎市相模原市浜松市堺市岡山市北九州市熊本市には出店しておらず、2008年に吉祥寺、2009年に八王子市町田市、2013年に蒲田に出店するなど特別区近郊へ重点的に出店しており、一時期は関東地方だけで全店舗の約半数を占めていた。しかし、2016年3月までに西東京の店舗は全て閉店、東京山手線内にある秋葉原池袋新宿に集約させるため、店舗数は減少している[5]

都道府県 店名 開店・異動時期・備考[6]
北海道 札幌 2003年11月開店
宮城県 仙台 2007年7月14日開店[7]、2009年8月8日移転[8]
埼玉県 大宮 2009年11月14日開店[9]
千葉県 千葉 2010年2月20日開店[10]
東京都 秋葉原店A 2002年12月現在地に移転、2009年7月25日秋葉原1号店から改称[11][12]
秋葉原店B 2006年8月5日開店[13]、2009年7月25日秋葉原本店から改称[11][12]
秋葉原店C 2013年11月1日開店。この店舗があるビルには、とらのあなや同社の関連企業の本社事務所も入居している。
新宿店A 2000年6月開店、2001年6月移転。
2001年10月新宿2号店から新宿店に改称。2013年8月に新宿店Aに再改称
池袋店A 2013年4月19日開店[14]、2015年11月14日移転[15]
池袋店B 1998年2月開店、1999年8月増床、2012年10月4日移転・大幅縮小。
2013年4月に池袋店A開店に伴い、池袋店より改称。2015年11月14日移転[15]
神奈川県 横浜 2003年9月開店、2009年8月8日移転[16]
新潟県 新潟 2010年12月3日開店[17]
静岡県 静岡 2010年10月23日開店[18]
愛知県 名古屋 2002年2月開店、2013年4月26日移転
京都府 京都 2010年12月3日開店[17]
大阪府 なんば店A 2000年3月開店、2001年4月増床。
なんば店B開店に伴いなんば店から改称
なんば店B 2013年8月2日開店[19]
梅田 2004年5月開店。18歳未満立入禁止[20]。2016年6月25日に全年齢対象店となり移転予定[21]
兵庫県 三宮 2001年8月開店、2008年2月23日増床、2010年2月27日減床[22]
広島県 広島 2001年9月開店 2013年3月20日移転
福岡県 福岡 2003年2月開店、2006年10月21日移転[23]

とらのあな出張所[編集]

一般の書店の中で展開している店舗。営業はその書店に合わせているためとらのあなのポイントカードが使えないなどの差がある。

都道府県 店名 備考
千葉県 松戸 良文堂書店内
船橋 ときわ書房本店内
愛知県 豊橋 精文館書店豊橋本店コミック館内

閉店した店舗[編集]

  • (秋葉原)2号店・3号店・4号店・5号店 → 秋葉原1号店・秋葉原本店(現: 秋葉原店A・秋葉原店B)に集約
  • 新宿1号店(2000年5月開店、2001年10月閉店) → 新宿2号店に集約し同店が新宿店に改称
  • (大阪)日本橋店(2001年6月開店、2003年10月閉店) → なんば店に集約
  • なんば2号店(2005年7月30日開店、2007年12月8日移転[24]、2009年3月15日閉店[25]) → なんば店に集約
  • 吉祥寺店(2008年4月26日開店[26]、2009年3月15日閉店[25]
  • 蒲田店 (2012年3月16日開店、2015年3月15日閉店[27]
  • 新宿店B(2013年8月8日開店[28]、2015年2月28日閉店[29]
  • 新宿西口店(2013年8月8日開店[30]、2016年2月28日閉店[31]
  • 町田店(2007年4月14日開店[32]、2009年11月21日移転[33]、2016年3月6日閉店[31]
  • 八王子店(2009年11月28日開店[34]、2016年3月13日閉店[31]

その他[編集]

  • 秋葉原本店(現: 秋葉原店B)の2階では、2006年8月5日の同店開店時よりコスプレ喫茶「Cafe with Cat」を運営していた[13]が、2009年5月17日に閉店[35]。跡地はその後、店内設備はほぼそのままで、オリジナルグッズ売り場に変更された。


広告・宣伝媒体[編集]

イメージソング[編集]

  • 『ここだよ。』(作詞・作曲:桃井はるこ、編曲:小池雅也、歌:UNDER17
    • 2004年12月にとらのあな限定でCDが発売された(UNDER17バージョン、虎々(松来未祐)バージョン、とらみ(桃井はるこ)バージョン、インストゥルメンタルを収録)。
    • UNDER17バージョンはUNDER17のアルバム『そして伝説へ…』(2004年12月22日発売)にも収録。また松来未祐バージョンは松来のアルバム『MEMORIES 〜Miyu Matsuki Best Songs〜』(2008年9月26日発売)にも収録。
    元UNDER17ボーカルの桃井はるこは、とらのあな創業当時、向かいのジャンク屋でアルバイトをしており、休憩時間などに度々立ち寄っていたという。後にテーマソングを担当することになるとは思いもよらず、オファーが来たときは大変驚いたと語っている。
  • 以前は『虎のプライド』(歌:串田アキラ)というイメージソングもあった。

無料配布小冊子[編集]

『とらだよ。』『虎通』『プリンセスノート』の3誌とも2012年(平成24年)7月25日刊行分を持って一旦、すべて休刊。同年10月にリニューアルして再開する予定であったが、かなわずにそのまま消滅した[36]。その後2013年(平成25年)から、『とらだよ。EXTRA』が不定期刊行されている。

2012年10月より、インターネットのコンテンツとして配信していたが、2015年(平成27年)12月25日をもって更新を終了。

  • とらだよ。
    2001年(平成13年)2月創刊[6]2011年(平成23年)6月より「プリンセスノート」と合冊。漫画・アニメの情報のほか松来未祐門脇舞(現: 門脇舞以)生天目仁美伊藤静といった声優のコラムや漫画家のインタビューなどを掲載。非常に充実した内容を誇っており、配布時期終了前に品切れをすることもしばしばであった。
    2013年(平成25年)から、『とらだよ。EXTRA』として不定期刊行。
  • 虎通
    1996年(平成8年)7月創刊[6]。主に男性向け同人商材、18禁PCゲームなどの記事を扱う。同人商材の売り上げランキングや新作18禁ゲームの紹介、成人向けコミック誌の紹介がメインとなっている。元は有料の同人誌通販カタログ(コミックの掲載もあり)だった。
  • プリンセスノート
    2004年(平成16年)10月創刊[6]2011年(平成23年)6月より「とらだよ。」と合冊。女性向けの同人商材・商業誌を記事にしていた。

インターネット配信コンテンツ[編集]

とらのあなラジオ部 〜とららじ〜[編集]

コミックとらのあな店舗で開催されるキャンペーン、ランキングなど様々な情報を届けるラジオ番組。コミックとらのあな全店での店内放送および、公式サイト上で無料配信された。全21回。

概要
  • 配信期間:2009年11月27日 - 2011年7月29日(月1回配信)
  • パーソナリティ:小林ゆう今井麻美

開運☆野望神社シリーズ[編集]

生天目仁美伊藤静によるウェブラジオ番組。とらのあな公式サイトにて、2003年から2008年まで3シリーズ全96回が隔週で無料配信されていた。2010年に特別編1回を配信。

ウェブコミック配信[編集]

以下のウェブコミック配信サイトを運営している。いずれも無料で閲覧可能。

オンラインゲーム配信[編集]

オンラインゲームの一種たるソーシャルゲームプラットフォームとして2013年に「トラゲー」がオープンされたが、2016年に終了した。PCスマートフォンの両方で利用が可能の作品から配信されたが、スマートフォン専用の作品がこのプラットフォームを占めるようになった。多くのソーシャルゲームと同様に基本利用料は無料、一部コンテンツ有料となっている。

提供・協力番組[編集]

  • アキバ!AKIBA☆あきば
    東京MXテレビで2006年4月から9月末まで毎週水曜23:30-24:00に放送されていた、とらのあな提供の秋葉原情報番組。
  • げんしけん
    TVアニメ版第1期シリーズのスポンサーを務めた。原作漫画第3話では架空の店舗「同じ穴のムジナ」、アニメ版第2話では実在するコミックとらのあな秋葉原1号店が描かれている。
  • ドージンワーク
    原作漫画で「コミックしりのあな(株式会社尻の穴)」として登場。個人出版課など、株式会社虎の穴に実在する部署名が登場する。TVアニメ版ではとらのあながスポンサーおよび製作委員会で参加しており、秋葉原本店で実写パートのロケが行われた。
  • くじびきアンバランス
  • 一騎当千 Dragon Destiny
  • クイーンズブレイド 流浪の戦士
    製作委員会に出資している。
  • 女子高生
    製作協力。
  • モンスター娘のいる日常
    籠城事件現場となった同人ショップが、原作では架空の店舗だったがアニメ版ではとらのあなになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 会社案内 - 会社概要
  2. ^ 『とらのあなダウンロードストア』サービス終了のお知らせ - とらのあなオフィシャルサイト 2015年12月16日
  3. ^ 持株会社化移行のお知らせ,ユメノソラホールディングス,2013年10月1日
  4. ^ 株式会社アクアプラスとの資本業務提携(全株式取得)の合意に関するお知らせ,ユメノソラホールディングス,2013年10月1日
  5. ^ 「とらのあな」新宿西口店・町田店・八王子店が閉店 - ねとらぼ 2016年2月5日(2016年2月6日閲覧)
  6. ^ a b c d 会社案内 - 沿革
  7. ^ 「とらのあな」が東北初進出―仙台・クリスロードに7月オープン - 仙台経済新聞
  8. ^ コミックとらのあな、仙台店が大幅リニューアル!(2009年8月7日時点のアーカイブ
  9. ^ コミックとらのあな 大宮店オープニングキャンペーン実施中!(2010年1月3日時点のアーカイブ
  10. ^ コミックとらのあな 千葉店 2010年2月20日(土)遂にオープンしました!!(2010年3月24日時点のアーカイブ
  11. ^ a b コミックとらのあな、秋葉原店が大幅リニューアル!(2009年7月22日時点のアーカイブ
  12. ^ a b 「とらのあな秋葉原店」リニューアルへ-名称変更・売り場拡張も - アキバ経済新聞
  13. ^ a b 「とらのあな秋葉原本店」開店-初の女性向けフロアも - アキバ経済新聞
  14. ^ 2013年4月19日(金)とらのあな池袋「新店」オープンしました!!
  15. ^ a b とらのあな池袋店A&Bフロアリニューアル!11月8日(日)にイベントスペースオープン、11月14日(土)に店舗リニューアルオープン決定!
  16. ^ コミックとらのあな、横浜店が大幅リニューアル!(2009年9月6日時点のアーカイブ
  17. ^ a b 全国出店が続く「とらのあな」に、新しい店舗が2010年12月オープン決定!!(2010年12月3日時点のアーカイブ
  18. ^ コミックとらのあな、静岡にてオープン!!(2010年9月25日時点のアーカイブ
  19. ^ とらのあななんば店B、ついにオープン!!
  20. ^ 梅田店
  21. ^ とらのあな梅田店 6/25(土)移転リニューアルオープン!! 及び、移転に伴う臨時休業のお知らせ
  22. ^ 2/27(土)に三宮店がコンパクトになってリニューアル![リンク切れ]
  23. ^ とらのあな福岡店、でっかく移転リニューアルオープン(2006年11月13日時点のアーカイブ
  24. ^ 2007.11.04 | とらのあな、なんば2号店を12月に移転【NIPPON-BASHI SHOP HEADLINE】
  25. ^ a b コミックとらのあな吉祥寺店、なんば2号店 閉店のお知らせ(2009年2月18日時点のアーカイブ
  26. ^ サブカル発信地・吉祥寺にアニメショップ「コミックとらのあな」出店 - 吉祥寺経済新聞
  27. ^ 【とらのあな蒲田店】閉店のお知らせ
  28. ^ 乗降客数NO.1の「新宿」にとらのあなの2店舗目・3店舗目となる「新宿店B」・「新宿西口店」が2013年8月8日(木)ついにオープン!!
  29. ^ 【とらのあな新宿店B】閉店のお知らせ
  30. ^ 乗降客数NO.1の「新宿」にとらのあなの2店舗目・3店舗目となる「新宿店B」・「新宿西口店」が2013年8月8日(木)ついにオープン!!
  31. ^ a b c 【とらのあな一部店舗】閉店のお知らせ
  32. ^ 「コミックとらのあな 町田店」2007年4月14日(土)オープン!! (2007年4月15日時点のアーカイブ
  33. ^ コミックとらのあな 町田店 新装開店!!(2009年12月13日時点のアーカイブ
  34. ^ 11月14日(土)のコミックとらのあな大宮店のオープンに引き続き、11月28日(土)、コミックとらのあな八王子店が堂々のオープンです!!(2009年12月21日時点のアーカイブ
  35. ^ 開店から2年、とらのあな魔法猫カフェ「Cafe with Cat」、閉店へ - アキバ経済新聞
  36. ^ とらだよ。&PrincessNote」「虎通」休刊のお知らせ - とらのあな公式サイト 2012年9月25日(2012年10月23日時点のアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]