鈴木恵理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 恵理(すずき えり、1987年[1]- )は、2008年度ミス日本グランプリ受賞者[2]

経歴[編集]

2007年、「ゆかたクイーンコンテスト2007」でパフォーマンス賞を受賞。それがミス日本にチャレンジするきっかけとなる[3]

日本大学文理学部体育学科2年在学中の[4]2008年1月28日[5]、「第40回ミス日本グランプリ決定コンテスト」で優勝。2941人の応募者の中から選ばれた[6]

2008年2月21日、東京都中央区の日本障がい者スポーツ協会を訪れ、「2008年北京パラリンピックの日本代表のために役立ててください」とミス日本の賞金の一部を寄付[4]

2008年5月3日、横浜の地場産品「横浜スカーフ」のPRイベント「横浜ファッションウィーク」(横浜市中区新港・横浜赤レンガ倉庫1号館)に特別ゲストとして参加 [7]

2010年5月29日、女子限定のイベント「“美ジョガー”フェスタ」(東京都渋谷区)にナビゲーターとして参加[8]

芸能界デビューの予定はないと早い段階から公表しており[9][10]、実際、2011年現在「小さいころからの目標だった」[6][10]というキャビンアテンダントをしている[11]

出版[編集]

  • 『週刊文春』2008年02月07日号(文藝春秋)
  • 『swim』 2010年3月号 表紙(ランナーズ)

フィルモグラフィ[編集]

人物[編集]

東京都出身。身長165cm、スリーサイズは82-58-84。趣味はスポーツ、料理。特技は水泳、マラソン[6]

3歳から始めた水泳は今でも続けている。中学・高校時代には東京都の大会に出場。2006年、マスターズの平泳ぎ個人で優勝[4]。現在、競泳の第一線からは退いている[3]

2007年12月、ホノルルマラソンに参加。フルマラソンはこれが初挑戦だったが完走[3][10]

出典[編集]

  1. ^ ミス日本グランプリ候補者が発表された2007年11月時点で20歳[1] 、ミス日本グランプリを受賞した2008年1月時点[2]でも20歳と発表されている。
  2. ^ ミス日本・歴代グランプリ者
  3. ^ a b c ミス日本は「肩幅自慢」鈴木恵理さん”. SponichiAnnex. (株)スポーツニッポン新聞社 (2008年1月29日). 2019年12月10日閲覧。
  4. ^ a b c ミス日本:賞金の一部寄付…「パラリンピックに役立てて」”. 毎日jp. (株)毎日新聞社 (2008年2月21日). 2008年2月23日閲覧。
  5. ^ 2008 ミス日本グランプリは“家族想い”の鈴木恵理さん”. eltha. オリコン株式会社 (2008年1月28日). 2019年12月22日閲覧。
  6. ^ a b c エイミー・モリ(Amiy Mori). “2008年ミス日本グランプリ鈴木恵理さん”. cafe α. ソニーマーケティング株式会社. 2019年12月10日閲覧。
  7. ^ 赤レンガ倉庫で「横浜スカーフ」PRイベント-ミス日本も参加”. ヨコハマ経済新聞. 横浜コミュニティデザイン・ラボ (2008年4月24日). 2019年12月10日閲覧。
  8. ^ “美ジョガー”フェスタ”. SPORTS ENTRY. 株式会社アプロード. 2019年12月10日閲覧。
  9. ^ 「日大出身のミス日本 鈴木恵理「芸能界デビューなし」宣言の真偽」『サンデ-毎日』第87巻第6号、毎日新聞社、2008年2月17日、 129-130頁。
  10. ^ a b c ミス日本 鈴木恵理 cafe α「旬」なあの人と語り合う、写真のこと、αのこと。 SONY 2019年12月17日閲覧
  11. ^ 「鈴木紀子」 のテレビ露出情報”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2019年12月10日閲覧。