山口裕美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山口 裕美(やまぐち ゆみ)は、アートディレクターアートプロデューサー。株式会社YY ARTSのCEOを務める[1]。NPO法人「芸術振興市民の会」理事長[2]現代芸術に関する複数の著書がある。

人物[編集]

1980年、一般企業勤務ののちドイツに滞在。帰国後ギャラリーに勤務するが、体系的な知識の必要性を感じ退職。成城大学大学院の千足伸行教授の元で美術史を学ぶ[3]。1996年、So-net会員向けコンテンツのウェブサイト「トウキョウトラッシュ」を開く[4]。テレビ番組のコメンテーターを務める[3]。1999年、金沢市で開かれるアートイベント「イート金沢」のプロデューサーを務める[5]。1999年から2001年にかけて日比野克彦とアートイベント「HIBINO in SYDENY」を開催[6]。2000年、NPO法人「芸術振興市民の会」を設立[2]。2008年、静岡県掛川市で「掛川アートプロジェクト」をプロデュース[7]

自身の活動を「アーティストが孤軍奮闘する日本の現代アートの現状の中で常にアーティストサイドに立ったサポート活動」としている。日本の現代アートを世界に向かって発信するその活動から「現代アートのチアリーダー」を名乗る[8][9][10]

活動履歴[編集]

  • イート金沢(eAT金沢)'99総合プロデューサー[5]
  • アルス・エレクトロニカ2004ネットビジョン審査員[11]
  • 総務省デジタルコンテンツワーキンググループ「新しいコンテンツ政策を考える研究会」委員(2004年)[12]
  • 「劇的3時間SHOW」キュレーター(2007年)[13]
  • 静岡県掛川市地域活性化プロジェクト「掛川現代アートプロジェクト」プロデューサー(2008年 - 2014年)[7]
  • ドゥ・ラ・メール 」10周年記念イベント総合ディレクター(2010年)[14]
  • 上海万国博覧会記念版画制作実行委員(2010年)[15]
  • 女子美術大学非常勤講師(2010年)[16]
  • 福井県恐竜キッズランド構想アドバイザー(2010年)[17]
  • 北京市 D-PARK Animals save the art gallery ディレクター[18]
  • 静岡県立美術館第三者評価委員会・委員[19]
  • eAT金沢実行委員会・委員[20]
  • TERADA ART AWARD審査員[21]
  • Golden Competition審査員(2010年、2014年)[22]
  • Emon Photo Award審査員(2013年、2014年)[23]
  • 第1回CAF賞審査員[24]
  • 第67回山口県美術展覧会審査員[25]
  • 高松市美術館展覧会アドバイザー[26]
  • 公益財団法人現代芸術振興財団ディレクター
  • NPO法人 芸術振興市民の会 (CLA) 理事長[2]
  • CANVASフェロー[27]
  • 著作権延長問題を考えるフォーラム発起人[28]
  • 日本ポップカルチャー委員会(JAPA)委員[29]
  • NPO法人 Open Museum Project理事[30]
  • 玉川大学観光学部非常勤講師[31]
  • NPO法人 アジア文化芸術協会理事

テレビ出演など[編集]

  • CafeSta 「日本を売り込め!」ゲスト出演 2014年4月[32]

著作[編集]

部分執筆[編集]

連載コラム[編集]

  • 静岡新聞にて「時評」連載中。
  • PRESIDENT Online「ビジネスマンのための『現代アートABC』」2008年10月 - 2009年10月
  • 芸術新潮にて「美に魅せられて」連載中。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]