中村伊知哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら いちや
中村 伊知哉
生誕 (1961-03-19) 1961年3月19日(58歳)
日本の旗 日本 京都府
出身校 京都大学経済学部
大阪大学大学院国際公共政策研究科[いつ?]
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科[疑問点]

中村 伊知哉(なかむら いちや、1961年(昭和36年)3月19日 - )は、日本の政策学者慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 (KMD) 教授。

人物[編集]

学歴[編集]

京都府出身。京都大学経済学部卒業。大阪大学大学院博士課程単位取得退学[いつ?]慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科で博士号(博士(政策・メディア)、2008年)取得。

職歴[編集]

1984年、ロックバンド少年ナイフのディレクターを経て[疑問点]郵政省入省。同期に谷脇康彦総合通信基盤局長)、山田真貴子総務審議官)、武田博之(内閣官房内閣審議官(内閣官房郵政民営化推進室長))等がいる。通信・放送 融合政策、インターネット政策を政府で最初に担当するが、橋本行革で省庁再編に携わったのを最後に退官し渡米。1998年、MITメディアラボ客員教授。2002年、スタンフォード日本センター研究所長[疑問点]。2006年より慶應義塾大学教授。 内閣府知的財産戦略本部検証・評価・企画委員会 座長、内閣府 クールジャパン戦略会議委員。一般社団法人CiP協議会理事長、 一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム理事長、一般社団法人超教育協会専務理事、特定非営利活動法人CANVAS副理事長、理化学研究所AIPセンターコーディネーター[要出典]東京大学先端科学技術研究センター稲見・檜山研究室客員研究員、吉本興業ホールディングス社外取締役などを兼務。

2020年に開学予定のi専門職大学(仮称、設置認可申請中)の学長に就任予定[1]

所属[編集]

これまでの所属[編集]

政府委員[編集]

これまでの政府委員[編集]

  • 内閣官房
    • 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部 政策参与
    • ポップカルチャー分科会 議長
    • 知的財産戦略本部
      • コンテンツ強化専門調査会 会長
      • 知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会 委員
      • 検証・評価・企画委員会
        • 共同座長(知的財産推進計画2014策定に向けた検討[26]、知的財産推進計画2015策定に向けた検討[27]
        • 知的財産推進計画2016策定に向けた検討[28]
          • コンテンツ分野を取り扱う会合への出席者 座長
          • 次世代知財システムを取り扱う会合(次世代知財システム検討委員会)への出席者 座長
        • 知的財産推進計画2017策定に向けた検討[29]
          • コンテンツ分野を取り扱う会合への出席者 座長
          • 新たな情報財を取り扱う会合(新たな情報財検討委員会)への出席者 検討委員長(共同)
          • 映画の振興施策に関する検討会議 座長[30]
        • 知的財産推進計画2018策定に向けた検討
          • コンテンツ分野を取り扱う会合への出席者 座長[31]
  • 総務省
    • 情報通信審議会 専門委員
    • デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会] 座長
    • 「コンテンツ振興検討チーム」 座長代理
    • 「今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム」 メンバー
    • 「新たな電波の活用ビジョンに関するチーム」 委員
    • 「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」 座長代理
    • ICTビジョン懇談会「情報流通促進SWG」 主査
    • ICTビジョン懇談会「基本戦略WG」 構成員
    • 「wiMAX評価委員会」 委員
    • 情報通信審議会情報通信政策部会「通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会」 専門委員
    • ICT国際競争力懇談会「ワイヤレス分科会」 メンバー
    • 「取引市場WG」 主査
    • ICT国際競争力懇談会「ワイヤレスWG」 座長代理
    • 通信・放送問題タスクフォース メンバー
    • 「コンテンツ取引市場形成に関する検討会」 委員
    • 「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」 委員
    • 「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」 委員
    • 「通信・放送の融合時代における事業環境研究会」 座長
    • 「衛星放送懇談会」 構成員
    • 「コンテンツ安心マーク」 構成員
    • 「コンテンツ政策」 専門委員
    • 情報通信ソフト懇談会「コンテンツWG」 座長代理
    • 「デジタル著作権プロジェクト」 主査
    • 「情報通信政策セッション」 委員
    • ホワイトスペース推進会議] 委員
    • 地域情報化評価会] メンバー
    • コンテンツ海外展開協議会]座長
    • 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会
    • 情報通信白書編集委員会 座長
  • 経済産業省
    • 新しいライフスタイルのための映像ビジネス環境に関する 調査研究会 座長
  • 国土交通省
    • 「地理空間情報の活用推進のための方策に関する検討委員会」 委員
  • 文部科学省
    • 「学校教育の情報化に関する懇談会」委員
    • 「コミュニケーション推進教育会議」委員
  • 文化庁
    • 文化審議会 著作権分科会専門委員
    • 「次世代ネットワーク社会における著作権制度のあり方についての調査研究会」 委員
    • 文化審議会「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」委員
    • 文化審議会 著作権分科会国際小委員会 委員

著書[編集]

単著[編集]

  • 『超ヒマ社会をつくる』ヨシモトブックス、2019年6月。ISBN978-4-8470-9799-7
  • 『コンテンツと国家戦略 ソフトパワーと日本再興』角川書店〈角川EPUB選書〉、2013年12月。ISBN 978-4-04-080006-6
  • 『中村伊知哉の 「新世紀ITビジネス進化論」』ディスカヴァー・トゥエンティワン〈ディスカヴァー携書〉、2011年12月。ISBN 978-4-7993-1099-1
  • 『「通信と放送の融合」のこれから』翔泳社、2008年。ISBN 978-4-7981-1580-1
  • 『デジタルのおもちゃ箱』NTT出版、2003年。ISBN 4757101120
  • 『インターネット、自由を我等に』アスキー出版局〈ASCII archivesシリーズ〉、1996年7月。ISBN 4756116752

共著[編集]

  • 中村伊知哉、石戸奈々子『デジタル教科書革命』ソフトバンククリエティブ、2010年9月。ISBN 978-4797360264
  • 中村伊知哉、石戸奈々子『日本を動かす次世代メディア デジタルサイネージ戦略 電子看板最前線』アスキー・メディアワークス、2010年4月。ISBN 978-4-04-868479-8
  • 中村伊知哉、石戸奈々子『デジタルサイネージ革命』朝日新聞出版、2009年6月。ISBN 978-4-02-250598-9
  • 中村伊知哉、小野打恵『日本のポップパワー―世界を変えるコンテンツの実像』日本経済新聞社、2006年5月。ISBN 978-4532351861

監修[編集]

  • ジェニファー・ランドー『Amazonをつくったジェフ・ベゾス』岩崎書店〈時代をきりひらくIT企業と創設者たち〉、2013年2月。ISBN 978-4265079094
  • コロナ・ブジェジナ『Googleをつくった3人の男』岩崎書店〈時代をきりひらくIT企業と創設者たち〉、2013年2月。ISBN 978-4265079087
  • テレーズ・シェイ『Appleをつくったスティーブ・ジョブズ』岩崎書店〈時代をきりひらくIT企業と創設者たち〉、2013年2月。ISBN 978-4265079117
  • 近藤静雄『手にとるようにウェブ世界がわかる本』かんき出版、2006年10月。ISBN 4-7612-6389-X

講師[編集]

  • 『中高年のためのらくらくデジタル塾 もう怖くない! デジタル機器』NHK出版〈趣味工房シリーズ〉、2011年5月。ISBN 978-4141897309
  • 『中高年のためのらくらくパソコン塾 音楽・写真で楽しさ広がる! デジタル生活』NHK出版〈趣味工房シリーズ〉、2010年12月。ISBN 978-4141897217

部分執筆[編集]

  • 『スマート化する放送 ICTの革新と放送の変容]』(部分執筆) 三省堂2014年 ISBN 978-4-385-36303-5
  • 『頭のいい人が変えた10の世界 NHK ITホワイトボックス』講談社、2011年 ISBN 978-4-06-217463-3
  • 『日本のポップパワー 世界を変えるコンテンツの実像』(部分執筆) 日本経済新聞社2006年 ISBN 4-532-35186-3
  • 「CANVAS-NPOと子どもとメディア」 『2010年コンテンツ産業に必要な8つの要件-d-commerce宣言』 NHK出版、2004年
  • 「第4章コンテンツ政策の転換」 『NHKスペシャル-変革の世紀II インターネット時代を生きる』 日本工学アカデミー・日本学術会議編、2003年
  • 「デジタルは日本を切り拓く」『電脳への提言』 アスキー1997年

出演番組など[編集]

テレビ番組など[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

TV-CM[編集]

  •  ベネッセコーポレーション 「教授、語る編」、2012年3月

連載コラム[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「在学中に全員起業」 i専門職大学は超実践主義”. NIKKEI STYLE (2018年8月19日). 2019年7月15日閲覧。
  2. ^ 中村伊知哉 炎上対策のご相談はNRAまで Yahoo!ニュース 2013年3月2日
  3. ^ 推進体制”. 超教育協会. 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ SHIBUYA CREATIVE TOWN 2017”. 2018年3月12日閲覧。
  5. ^ 中村伊知哉本人のツイート” (2016年2月2日). 2016年2月15日閲覧。
  6. ^ MEMBERS”. INFORMATION SOMATICS LAB. 2019年7月7日閲覧。
  7. ^ 「武雄市MY図書館」オープンの記者会見を行いました”. 武雄市 (2011年4月13日). 2011年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月25日閲覧。
  8. ^ 武雄市図書館デジタル化推進協議会”. 2015年2月2日閲覧。
  9. ^ 樋渡流教育改革 ― デジタル教科書推進団体の道具だった! 武雄市タブレット端末教育事業 疑惑の機種選定(3)”. HUNTER (2015年5月21日). 2015年5月25日閲覧。
  10. ^ お知らせ|DiTT デジタル教科書教材協議会” (2015年10月15日). 2016年2月15日閲覧。
  11. ^ お知らせ|DiTT デジタル教科書教材協議会” (2015年5月14日). 2016年2月15日閲覧。
  12. ^ 協会概要”. 一般社団法人 日本eスポーツ協会. 2018年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月8日閲覧。
  13. ^ 公益財団法人KDDI財団 役員名簿 (PDF)” (2017年6月22日). 2019年7月8日閲覧。
  14. ^ 公益財団法人KDDI財団 役員名簿 (PDF)” (2018年6月22日). 2019年7月8日閲覧。
  15. ^ 2015年4月、コンピュータエンターテインメント協会に吸収合併
  16. ^ 音楽業界とチケットキャンプの対立、調整できず……中村伊知哉氏、ミクシィ社外取締役辞任”. ITmedia ニュース (2016年10月21日). 2017年1月27日閲覧。
  17. ^ 中村伊知哉本人のツイート” (2016年1月29日). 2016年2月15日閲覧。
  18. ^ 役員一覧”. 芸術科学会. 2014年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月12日閲覧。
  19. ^ アニメ・マンガ人材養成産官学連携コンソーシアム”. 2018年3月12日閲覧。
  20. ^ 【Tokyo Crazy Kawaii Paris】大盛況のうちに第1回目終了!|AATJ株式会社のプレスリリース”. PR TIMES. 2018年3月12日閲覧。
  21. ^ 千葉県総合企画部報道広報課. “台湾における交通広告を媒体とした千葉県プロモーションについて (PDF)”. 2018年3月12日閲覧。
  22. ^ 海外マンガフェスタ | Kaigai Manga Festa<”. 2018年3月12日閲覧。
  23. ^ プロジェクトについて”. これも学習マンガだ!. 2018年3月12日閲覧。
  24. ^ クールジャパン戦略推進会議の開催について (PDF)”. 内閣府 (2015年1月15日). 2018年3月31日閲覧。
  25. ^ 検証・評価・企画委員会構成員(計33名) (PDF)”. 首相官邸. 2019年7月7日閲覧。
  26. ^ 検証・評価・企画委員会構成員”. 首相官邸. 2018年3月31日閲覧。
  27. ^ 検証・評価・企画委員会構成員”. 首相官邸. 2018年3月31日閲覧。
  28. ^ 検証・評価・企画委員会構成員”. 首相官邸. 2018年3月31日閲覧。
  29. ^ 検証・評価・企画委員会構成員”. 首相官邸. 2018年3月31日閲覧。
  30. ^ 映画の振興施策に関する検討会議(タスクフォース)の設置について (PDF)”. 首相官邸. 2018年3月31日閲覧。
  31. ^ 検証・評価・企画委員会構成員(計33名) (PDF)”. 首相官邸. 2018年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]