山田真貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ まきこ
山田 真貴子
Makiko Yamada cropped Makiko Yamada 2013.jpg
内閣官房内閣人事局より公表された肖像
2013年撮影)
生誕 (1960-09-13) 1960年9月13日(61歳)
日本の旗 日本東京都
国籍日本の旗 日本
出身校早稲田大学法学部
職業国家公務員
配偶者吉田博史(

山田 真貴子(やまだ まきこ、1960年昭和35年〉9月13日[1] - )は、日本の元郵政総務官僚戸籍名吉田(よしだ)[2]

総務省情報通信国際戦略局長総務省大臣官房長総務省情報流通行政局長総務審議官(国際担当)内閣広報官などを歴任した。

概要[編集]

内閣総理大臣秘書官を経て、総務省情報通信国際戦略局長に就任。なお、総務省本省においては初の女性の局長である。2016年には総務省大臣官房長に就任し、中央省庁において初の女性の官房長となった。その後も総務省情報流通行政局長、総務審議官(国際担当)を歴任した。総務省退官後、内閣広報官を務めた。菅義偉の息子が勤める東北新社における接待問題により、2021年3月1日に辞職[3][4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都出身[5]。父親が石川県農政課長を務めた1965年から2年間、金沢市で暮らし、金沢大学附属小学校で学ぶ [6]。その後東京学芸大学附属高等学校(同級生に香山リカ大隅典子)を経て[7]1984年3月、早稲田大学法学部卒業[8][1]

郵政・総務官僚として[編集]

国家公務員採用上級甲種試験(試験区分:法律)に合格し、1984年4月、郵政省入省[8][1]。入省同期には、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の中村伊知哉、元総務審議官(郵政・通信担当)谷脇康彦、元内閣官房内閣審議官(内閣官房郵政民営化推進室長)の武田博之株式会社かんぽ生命保険代表執行役社長の千田哲也などがいる。

1987年にロンドン大学留学、1990年に下田郵便局長、2004年に世田谷区助役。

総務省総合通信基盤局国際部国際政策課長 (2007年)、総務省情報通信国際戦略局国際政策課長 (2008年)、総務省総合通信基盤局総務課長 (2009年)、総務省大臣官房会計課長(2010年)、総務省情報通信国際戦略局参事官 (2011年)、経済産業省大臣官房審議官(2013年)を経て、2013年11月31日、女性として初の内閣総理大臣秘書官に就任し[8][9]安倍政権のもとで広報、女性政策、少子化対策などを担当した[10]

2015年7月31日、総務省情報通信国際戦略局長[11][12]。2016年6月17日、総務省大臣官房長[13]。2017年7月11日、総務省情報流通行政局長[14]

2019年7月5日、女性としては初めて総務省次官級ポストの総務審議官(国際担当)に就任[15][16]。2020年7月20日、退官[17][18]

内閣広報官として[編集]

2020年9月16日、菅義偉内閣のもとで女性初の内閣広報官に就任[19]。同年10月26日のニュースウオッチ9有馬嘉男キャスターが菅総理に日本学術会議会員の任命問題について詰め寄った事に対して「総理が怒っている」と官邸から電話でNHKの原聖樹政治部長にクレームを入れたと報道された[20][21]

2021年3月1日、後述の菅首相長男からの違法供応接待問題の渦中で内閣広報官の辞職願を提出し[22][23]、同日の持ち回り閣議で辞職が認められた[24][25]

不祥事[編集]

菅首相長男からの違法供応接待問題[編集]

菅義偉内閣総理大臣(当時)の長男が勤める放送事業会社、東北新社による接待問題で、総務審議官であった自身も2019年11月6日に長男と会食をしており、1人あたりの飲食単価は7万4203円であったと2021年2月22日に総務省が調査結果を報告した[26]。総務省は長男らに接待を受けた13人のうち11人について、国家公務員倫理規定上の「利害関係者からの接待」に該当するか、その可能性が高いと認定し、懲戒処分などとする方針を固めた。山田は特別職の国家公務員のため、処分対象からは外れているが、接待当時は総務審議官(一般職)であった。[27]

菅長男らに接待を受けて20日に事実上更迭された秋本芳徳の後任となった吉田博史総括審議官は、山田の夫であった[28]

2月24日、山田が受けた7万4203円の供応の内容は、和牛ステーキ、海鮮料理などであると明らかになった[29]。当該会食の費用は、山田氏と総務省幹部ら4人、計5人で37万1,013円であった[30]

2月25日、山田は初めて参考人招致された衆院予算委員会で野党の追及を受けた[31]。山田は「(菅長男の)菅正剛さまとは、名刺交換はこの会合以前にしていたと思っております」と答えておきながら、立憲民主党の今井雅人議員が「会食に行った時に長男がいると認識していたのか」とただすと、山田は「交流がほとんどない状況だったので、事前にきちんと認識していたかというと、そうではなかったのではないか」と矛盾する答弁をした[32][33]。5人の会食時の認識は「横並びだったと思うので、お話もしておりませんので。どういう方がいたかも、にわかに思い出せなかったということです」と山田は迷走答弁を続けた[31][33]。今井が「5人で会食して、そこに首相の息子がいたかどうか分からない、なんてことがあるのか」などとただすと、山田は「私自身、仕事、プライベートでも、お会いする方がどういった方のご子息であるかとかは、あまりお付き合いに関係がないと思っている」「菅さまがいたことについて、こういう言い方は適当かどうか分かりませんが、私にとって大きな事実だったかというと、必ずしもそうではないのではないかと」と答えた[32]。答弁では、6日前に総務省の情報流通行政局長に就任した、山田の夫の吉田博史が助け船を出す場面もあった[33]。山田は月収の6割に相当する70万5000円を自主返納したが、辞任は否定した[31]。しかし、同年3月1日、体調不良による入院を理由に辞職届を提出した。山田の退職金について、加藤勝信官房長官は「回答を控える」との答弁をした。懲戒免職ではなく、自主退職のため退職金は満額支給されるものと見られる[34]。同日の持ち回り閣議により辞職が決定された[25]

なお、菅は2006年の総務大臣就任時、無名のバンドマンで社会人経験のない無職の菅の長男(当時25歳)を大臣秘書官として抜擢し、2007年まで多数の総務官僚との接点を持たせていた[35]

NTTによる供応接待問題[編集]

総務官僚の鈴木茂樹と、谷脇康彦、山田真貴子、秋本芳徳ら、外務官僚の金杉憲治、それに、坂井学総務副大臣(当時)、野田聖子総務大臣(当時)、高市早苗総務大臣(当時)、寺田稔総務副大臣(当時)、新谷正義総務副大臣の秘書(当時)、その他新藤義孝佐藤勉ら、現職又は元職の総務大臣、総務副大臣、総務大臣政務官らが、NTTからの出捐を得て、高額な会食を行っていたことが2021年3月3日から3月10日にかけての週刊文春報道などで発覚[36][37][38][39][40]。NTTは総務大臣から事業計画などの認可を受けて経営されており、一般職国家公務員の場合、総務省幹部がNTT側から供応接待を受けることは、国家公務員倫理法に抵触する疑いがある[40]

2020年6月4日、山田は総務省の巻口英司国際戦略局長とともにNTTグループの関連会社が運営するレストランを訪れていた[40]。接待したのはNTTの澤田純社長と北村亮太執行役員で、4人の飲食代は総額で約33万円(割引前)だった[40]。NTTら会員企業は100万円単位の年会費を店側に支払っており、会員企業の場合、代金が4割引きになる[40]

鈴木茂樹や、谷脇康彦、秋本も2018年などに、NTT鵜浦博夫前社長や、澤田純社長や、子会社・NTTデータ岩本敏男前社長から高額な接待を受けていた[40][36]

当時総務審議官だった山田真貴子が、NTT社長らとも会食をしていたと週刊文春で報じられたことについて、政府は2021年3月4日の参院予算委員会で山田氏に事実確認をしない考えを示した[41]。菅義偉は、山田が3月1日に辞職した際にNTT社長らとの会食を知らなかったのかと日本共産党田村智子に尋ねられ「承知していませんでした」と答えた[41]。田村が「山田氏への事実確認は当然行いますね」と尋ねると、加藤勝信官房長官は「既に退任されているので、当方から事実確認する立場にはないと思っている」と答弁した[41]。田村が「なぜ事実確認されないのか」と質問すると、加藤官房長官は「既に退任されて一般の方になっているわけですから、政府側が確認する立場にはない」と説明した[41]。田村が「それでは菅政権は接待問題を究明する立場にないことになる」と追及すると、菅は「そこはルールに基づいてしっかり対応している」と主張した[41]

3月5日、巻口英司国際戦略局長は、接待に山田も同席していたことを認めた上で、会費としてNTT側から求められた1万円を支払ったと説明した[42]

人物像[編集]

  • 早稲田大学法学部在学中に仮面浪人で東京大学法学部への進学を志していたが進学は叶わず、結果的に同級生に1年遅れて社会人となった[43]
  • 実家は早稲田大学から歩いて15分ほどの距離で、早稲田大学法学部在学中は司法試験合格を目指していたが、大学3年生の時に国家公務員であった父が他界したことを契機に、国家公務員を志す[44]
  • 20代で元リクルート社員の男性(後に銀行員に転職)と結婚したが、離婚。すぐに省の3年後輩の吉田博史と再婚している[43][45]
  • 夫と長男の3人家族[46]。30代半ばで海外勤務中に長男を出産している[47]
  • 2020年に若者への動画メッセージで、自身について「飲み会を絶対に断らない女」と述べた[48]。前述の菅首相長男からの違法供応接待を受けたのは、動画配信の7ヶ月前のことだった[48]

略歴[編集]


出典 : [1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 略歴書”. 2020年9月17日閲覧。
  2. ^ 2004年1月27日 - 世田谷区議会議会運営委員会会議録
  3. ^ 2021年 (令和3年) 3月3日 443号 - 官報
  4. ^ a b 山田内閣広報官が辞職 総務省接待問題で 菅首相 国会で陳謝 - NHK (2021年3月1日)
  5. ^ 総務次官に安田氏”. 日本経済新聞 (2017年7月4日). 2018年6月27日閲覧。
  6. ^ 北國新聞』2021年2月24日
  7. ^ 東京学芸大学附属高等学校同窓会会報『泰山木』32号 (PDF) p.18
  8. ^ a b c 憲政史上初の女性秘書官は法学部卒 総務省情報通信国際戦略局局長 山田 真貴子”. 早稲田ウィークリー. 2018年6月27日閲覧。
  9. ^ a b "総務省人事平成25年11月29日付" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  10. ^ 首相秘書官に初の女性起用 経産省の山田審議官”. 日本経済新聞 (2013年11月29日). 2018年6月27日閲覧。
  11. ^ xTECH(クロステック), 日経. “IoT/AIは政府一丸で振興する 技術の海外進出も後押し” (日本語). 日経 xTECH(クロステック). 2019年3月17日閲覧。
  12. ^ a b "総務省人事平成27年7月31日付" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  13. ^ a b "総務省人事平成28年6月17日付" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  14. ^ a b "総務省人事平成29年7月11日付" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  15. ^ 総務次官に鈴木氏 山田氏は女性初の次官級” (日本語). 日本経済新聞 (2019年7月2日). 2019年7月2日閲覧。
  16. ^ a b "総務省人事令和元年7月5日付" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  17. ^ 総務審議官に吉田氏” (日本語). 日本経済新聞 (2020年7月14日). 2020年7月14日閲覧。
  18. ^ a b "総務省人事令和2年7月20日付" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  19. ^ a b 内閣広報官に山田氏、女性初 北村氏らは再任” (日本語). 日本経済新聞 (2020年9月16日). 2020年9月17日閲覧。
  20. ^ 菅官邸を怒らせた……NHK「ニュースウオッチ9」有馬キャスターが3月いっぱいで降板”. 2021年2月10日閲覧。
  21. ^ NHKへのクレーム指示してない=学術会議巡るやり取りで菅首相”. 2020年11月25日閲覧。
  22. ^ 放送関連会社から接待の山田内閣広報官、辞職届を提出:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月1日閲覧。
  23. ^ 山田広報官が辞任 首相長男から高額接待” (日本語). 日本経済新聞 (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  24. ^ 山田広報官が辞任 入院で国会欠席、首相に痛手―高額接待問題 - 時事ドットコム 2021年3月1日
  25. ^ a b 令和3年3月1日(月)持ち回り閣議案件”. 首相官邸 (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  26. ^ 首相長男らの接待、内閣広報官も受ける 単価は7万4千円(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
  27. ^ 【菅首相長男接待問題】山田真貴子内閣広報官7万4000円“ゴチ”政権ダメージ必至(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月23日閲覧。
  28. ^ 菅首相の長男が接待した美人内閣広報官の裏の顔 更迭された総務省幹部の後任は夫〈週刊朝日〉(AERA dot.)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月23日閲覧。
  29. ^ 山田真貴子内閣広報官“7万円会食”は和牛と海鮮 菅首相長男接待(FNNプライムオンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月25日閲覧。
  30. ^ 山田氏会食 5人で37万円/和牛ステーキ、海鮮料理…/塩川氏に官房長官が答弁” (日本語). www.jcp.or.jp. 2021年2月28日閲覧。
  31. ^ a b c 山田広報官が辞任否定 野党は首相長男の招致求める(日刊スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月25日閲覧。
  32. ^ a b 首相長男の接待同席 山田広報官「大きな事実ではない」(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月25日閲覧。
  33. ^ a b c 首相長男から高額接待「心の緩み」質問攻めの山田広報官に総務省の夫が助け舟も止まらぬ辞任論”. FNNプライムオンライン. 2021年2月25日閲覧。
  34. ^ 放送関連会社から接待の山田内閣広報官、辞職届を提出” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月1日閲覧。
  35. ^ 菅義偉首相長男の「パパ活」から見える問題点 なぜ身内には“自助”を求めないのか?(文春オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月22日閲覧。
  36. ^ a b 高市早苗氏と野田聖子氏、総務相在任中にNTT側と会食 文春報道毎日新聞 2021/3/10
  37. ^ 内部文書入手 NTTが総務大臣、副大臣も接待していた 「週刊文春」編集部2021/03/10週刊文春 2021年3月18日号]
  38. ^ 秋本前局長も接待 NTT、鈴木前次官が同席毎日新聞 2021/3/15
  39. ^ 自民・野田幹事長代行、NTTからの接待を否定「プライベートな会合」産経新聞 2021/03/11 14:21
  40. ^ a b c d e f 「週刊文春」編集部. “一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待”. 文春オンライン. 2021年3月7日閲覧。
  41. ^ a b c d e 山田前広報官のNTT会食報道 菅政権「一般の方」と事実確認は行わない意向:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年3月7日閲覧。
  42. ^ “NTT接待” 山田真貴子氏の同席を総務省幹部認める”. TBS NEWS. 2021年3月7日閲覧。
  43. ^ a b 『週刊文春2021年3月4日号』文藝春秋、2021年2月25日、P24-25頁。 
  44. ^ 憲政史上初の女性秘書官は法学部卒 総務省情報通信国際戦略局局長 山田 真貴子” (日本語). 早稲田ウィークリー. 2021年2月28日閲覧。
  45. ^ 東北新社の子会社・囲碁将棋チャンネルの"特別待遇"が総務省「違法接待疑惑」のカギか?” (日本語). J-CAST テレビウォッチ (2021年2月25日). 2021年2月26日閲覧。
  46. ^ "政策の最前線から"総理大臣秘書官山田真貴子”. 総務省. 2021年2月26日閲覧。
  47. ^ 「波瀾万丈の勧め」Model21 山田真貴子”. 内閣官房. 2021年2月26日閲覧。
  48. ^ a b 「飲み会絶対断らない女」 山田真貴子氏、昨年の動画で公言:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年2月25日閲覧。
  49. ^ a b c d "先輩からのメッセージ情報通信ネットワークは 心をつなぎ いのちを守る" (PDF). 総務省. 2020年9月17日閲覧
  50. ^ 総務次官に安田氏” (日本語). 日本経済新聞 (2017年7月4日). 2019年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]

官職
先代:
長谷川榮一
日本の旗 内閣広報官
2020年 - 2021年
次代:
小野日子
先代:
渡辺克也
日本の旗 総務審議官(国際担当)
2019年 - 2020年
次代:
吉田眞人
先代:
南俊行
日本の旗 総務省情報流通行政局長
2017年 - 2019年
次代:
吉田眞人
先代:
黒田武一郎
日本の旗 総務省大臣官房長
2016年 - 2017年
次代:
林﨑理
先代:
鈴木茂樹
日本の旗 総務省情報通信国際戦略局長
2015年 - 2016年
次代:
谷脇康彦