千足伸行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千足 伸行(せんぞく のぶゆき、1940年9月5日 - )は、日本の美術評論家成城大学名誉教授。広島県立美術館館長。

来歴[編集]

東京生まれ。1964年東京大学文学部を卒業後、TBS(東京放送)を経て国立西洋美術館勤務。1970年西ドイツ政府給費留学生としてミュンヘン大学に留学、1972年国立西洋美術館に復職。1979年成城大学文芸学部助教授を経て教授、2011年に退職し名誉教授。女優の鶴田真由は教え子。

2015年より広島県立美術館館長。世紀末芸術象徴主義耽美主義ほか)を専門とし多くの展覧会を企画した。

著書[編集]

共編著[編集]

主な画集解説[編集]

  • ミュシャ作品集 パリから祖国モラヴィアへ 東京美術、2012年
  • ミュシャ装飾デザイン集 『装飾資料集』『装飾人物集』 東京美術、2012年
  • クリムト作品集 東京美術、2013年
  • ミュシャ スラヴ作品集 東京美術、2015年

翻訳[編集]

監修[編集]

  • サージェント読売新聞社、1989年
  • 華麗なるバロック絵画 ワルシャワ国立美術館展、1992年
  • ケルン市立美術館所蔵 ドイツ絵画バロックから印象派まで 1992年
  • ムンク展 「ザ・フリーズ・オブ・ライフ」"愛と死" 出光美術館、1993年
  • 「ウィーン世紀末展」読売新聞社、1997年
  • 「新西洋美術史」西村書店、1999年
  • 「アール・ヌーヴォーとアール・デコ 蘇る黄金時代」小学館、2001年
  • 「西洋絵画名作101選」小学館、2003年
  • 「すぐわかる画家別幻想美術の見かた」東京美術、2004年
  • 「すぐわかるキリスト教絵画の見かた」東京美術、2005年
  • 「すぐわかるギリシア・ローマ神話の絵画」東京美術、2006年
  • 「すぐわかる女性画家の魅力」東京美術、2007年5月
  • 「すぐわかる西洋絵画よみとき66のキーワード」東京美術、2008年11月
  • 「クリムト、シーレ:ウィーン世紀末展」読売新聞社、2009年
  • 「THE ハプスブルク展」読売新聞社、2009年
  • フェルメール展」産経新聞社、2018年10月、上野の森美術館

外部リンク[編集]