東村山音頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
庭先は多摩湖

東村山音頭』(ひがしむらやまおんど)は、1963年(昭和38年)に発表された日本の楽曲である。東京都東村山市(旧北多摩郡東村山町)の市制施行記念し、東村山町農業協同組合(現在の東京みらい農業協同組合)が東村山町役場の協賛を得てレコード発売した音頭である。

この項目では志村けんが同曲をアレンジカヴァーした『志村けんの全員集合 東村山音頭』等、カヴァー楽曲についても述べる。

略歴・概要[編集]

発祥・オリジナル版[編集]

東村山音頭

市歌の対象
Flag of Higashimurayama, Tokyo.svg 東村山市

作詞 土屋忠司
作曲 細川潤一
採用時期 1963年(昭和38年)
言語 日本語
テンプレートを表示

1963年(昭和38年)東京都北多摩郡東村山町制定で、東村山町農業協同組合が発売した。作詞の土屋忠司は、当時、東京都武蔵野市水道部長であった。歌はキングレコード専属の歌手三橋美智也下谷二三子春日八郎大津美子を起用し、振り付けは日本舞踊花柳徳兵衛が担当した。東京郊外の小さな町でこれほどの企画が実現できた背景には、パン食の普及で当時需要が急増していた小麦の出荷により東村山町農協に莫大な収益があったためであるといわれる。現在でもオリジナル版のカセットテープ東京みらい農業協同組合東村山支店で入手できる。また、東村山市の公式サイトで配信されているほか、市立図書館で借りることもできる。

正調(平田版)[編集]

東村山音頭
Higashimurayama Ondo
平田満シングル
初出アルバム『愛の狩人
A面 東村山音頭
B面 ビューティフル・サンデー
リリース
規格 7インチシングル
録音 1976年 日本の旗 日本
ジャンル 音頭民謡
歌謡曲
レーベル キングレコード
作詞・作曲 土屋忠司細川潤一
チャート最高順位
平田満 シングル 年表
愛の狩人
1976年
東村山音頭
(1976年)
もしもお許し願えれば女について話しましょう
1976年
テンプレートを表示

その13年後、1976年(昭和51年)6月21日に歌手の平田満(現:幸斉たけし俳優平田満とは別人)がカヴァーし、原曲と同様にキングレコードより発売した。B面はダニエル・ブーンのヒット曲『ビューティフル・サンデー』であった。明確に「企画盤」であるが、平田の歌唱は「正調」で勝負した。

平田は、当時、前年まで活動していたバンド「原みつるとシャネル・ファイブ」から、同年2月5日にソロデビュー、デビューシングルの『愛の狩人』が10万枚を超えるヒットをしたばかりであったが、路線の違う楽曲、イラストのジャケットで同シングルをリリースし、オリコン最高位は65位を記録した[1]

同シングルの演奏は「シャネル・ファイブ」であり、同バンドも平田も、かつてリリースしたアルバム『稚内ブルース』(1971年)以来、カヴァーは得意とするところであり、同年に「平田満+シャネル・ファイブ」名義でリリースしたアルバム『愛の狩人』に同曲は収録された。

2016年(平成28年)10月現在、CD化はされていない。

志村版[編集]

加藤茶のはじめての僕デス
Kato cha no hajimete no boku desu
志村けんの全員集合 東村山音頭[2]
Simura ken no zen-in shugo Higashimurayama Ondo
加藤茶志村けん[3]シングル
A面 加藤茶のはじめての僕デス
B面 志村けんの全員集合 東村山音頭
リリース
規格 7インチシングル
録音 1976年 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲音頭
レーベル 東芝レコード/東芝EMI
作詞・作曲 関沢新一中村勝彦(A面)
土屋忠司細川潤一(B面)
加藤茶志村けん[3] シングル 年表
-加藤茶のはじめての僕デス/志村けんの全員集合 東村山音頭
(1976年)
-
テンプレートを表示

東村山市出身の志村けんが、ザ・ドリフターズの一員として出演していたTBS系のバラエティ番組8時だョ!全員集合」での名物コーナー「少年少女合唱隊」にて「東村山音頭」をリメイクし披露、後にレコード化もされた。番組放送当時の視聴者を中心に、オリジナルよりも知名度が高い。

志村けんの全員集合 東村山音頭』(しむらけんのぜんいんしゅうごう ひがしむらやまおんど)は、志村と同じドリフメンバーの加藤茶が、宮本浩次(後のエレファントカシマシのメンバー)の楽曲(NHKみんなのうたでも放送)である『はじめての僕デス』をカバーした『加藤茶のはじめての僕デス』との両A面シングルとして、1976年東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)より発売された。編曲は両曲ともたかしまあきひこが担当した。

オリジナルの「東村山音頭」とは歌詞メロディともに異なり「東村山4丁目」「3丁目」「1丁目」の歌がある。「4丁目」は正調に近い形だが、それ以降が独自に加えられており、「3丁目」はいかりや長介、1丁目は志村けんが作詞・作曲。丁目の数字が小さくなるほどメロディ・歌詞ともにコミカルな内容になる。「東村山2丁目」という歌詞がないことについて後年志村は「語呂が悪く、ギャグテンポがずれるから」と説明している。また自身の著書『変なおじさん』では「作る時間がなかった」とも語っている。なお、実際の世界でも「4丁目」「3丁目」「1丁目」があっても「2丁目」が存在しない区域が日本で1か所ある(京都府京田辺市松井ヶ丘。これは計画の変更によって2丁目の設定をしなかったことによるものである)。

「東村山音頭」を「全員集合」で披露する事になった理由については、いかりやが著書で「『全員集合』のネタ作り会議の合間にメンバーで将棋を指していた際に、志村が得体の知れない歌(=オリジナルの東村山音頭)を歌いながら指すことがよくあり、将棋が優勢になるとその歌が口をついて出てくる」ことから、いっそそれをネタとして使ってしまおうとなったことがきっかけであると明かしている[4]

志村けんの木

志村はこの曲により「東村山市の知名度を高めた」功績が認められ、当時の東村山市長から感謝状が授与された。 この時、感謝状授与記念と志村への激励の証として植えられたケヤキの木「志村けんの木」が東村山駅前にある。

なお、歌詞に出てくる「東村山○丁目」という地名は東村山市には実在しない。当時、多くの小学生が訪れ、交番で「東村山1丁目〜4丁目」の場所を尋ねるといった社会現象が起こった。

2001年にドリフが正式な出場歌手としては最初で最後の紅白出場を果たした第52回NHK紅白歌合戦での出場の際には、メドレー「ドリフのほんとにほんとにご苦労さんスペシャル」の中で歌唱された。

2006年には、ご当地限定グッズとして「東村山音頭 パラパラversion」が発売され、情報番組で紹介された[5]

発車メロディでの使用[編集]

東村山市市制施行50周年を記念して2014年12月1日から2016年3月31日まで西武新宿線東村山駅にて、下りの4番ホームで東村山音頭の前奏部分、上りの5・6番ホームで東村山音頭の歌い出し部分が発車メロディに使用された[6]

ディスコグラフィ[編集]

  1. 東村山音頭 (1963年発売、キングレコード
    1. 東村山音頭 - 三橋美智也下谷二三子
    2. 多摩湖小唄 - 春日八郎大津美子
      • 作詞土屋忠司、作曲・編曲細川潤一、振付花柳徳兵衛
  2. 東村山音頭 (1976年6月21日発売、キングレコード) - 平田満
    1. 東村山音頭
      • 作詞土屋忠司、作曲細川潤一、編曲土持城夫
    2. ビューティフル・サンデー
  3. はじめての僕デス/志村けんの全員集合 東村山音頭 (1976年9月1日発売、東芝EMI
    1. 加藤茶のはじめての僕デス - 加藤茶
    2. 志村けんの全員集合 東村山音頭 - 志村けん
      • 作詞土屋忠司、作曲細川潤一、編曲たかしまあきひこ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『オリコンチャート・ブック:1968-1997』オリコン、1997年、274頁。ISBN 4-87131-041-8
  2. ^ ただし発売当初のジャケット、および盤面等には”志村ケンの全員集合 東村山音頭”と表記。
  3. ^ ただし発売当初のジャケット、および盤面等には”志村ケン”と表記。
  4. ^ 「東村山音頭」誕生秘話 - 将棋ペンクラブログ・2010年1月29日
  5. ^ 東村山音頭|2006年10月21日|出没! アド街ック天国テレビ東京公式サイト
  6. ^ “「東村山音頭」聴き納め? 西武新宿線の発車メロディー31日まで”. 東京新聞. (2016年3月29日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201603/CK2016032902000235.html 2016年3月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]