もしもお許し願えれば女について話しましょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もしもお許し願えれば
女について話しましょう
平田満シングル
A面 もしもお許し願えれば
女について話しましょう
B面 運命が二人を分かつまで
リリース
規格 7インチシングル
録音 1976年
ジャンル 歌謡曲 / コミックソング
時間
レーベル キングレコード / GK-42
作詞・作曲 本野丈弾 / 金野孝
平田満 シングル 年表
東村山音頭
(1976年)
もしもお許し願えれば
女について話しましょう

1976年
484のブルース
(1979年)
テンプレートを表示

もしもお許し願えれば女について話しましょう』(もしもおゆるしねがえればおんなについてはなしましょう)は、1976年10月に平田満がリリースしたシングルである。

略歴・概要[編集]

2枚前のシングルで東北弁ラップの先駆『愛の狩人』(1976年2月5日発売)のヒットの余韻で出したラテンファンク民謡である。ジャケット写真も『愛の狩人』の別テイクを流用している[1]

この長いタイトルは、1964年のエットーレ・スコラ監督の映画『もしお許し願えれば女について話しましょう』からの明らかな引用である。この映画も、ひとりの主人公が複数のシチュエーションでくりひろげる艶笑ショートコント集である。『愛の狩人』も同様の構成をもち、平田満への「イタリア式コメディ」の影響は深刻である。

『もしもお許し願えれば女について話しましょう』は、歌詞はイントロの「もしもお許し願えれば女について話しましょう」という語りから始まり、笑い声で女性を4種類に分類・分析し、4部構成で解説する[1]。平田自身の『愛の狩人』や、のちの由紀さおりの楽曲『う・ふ・ふ』(1977年)、あるいは3部構成の松本隆作詞群である三木聖子の『三枚の写真』(1977年)、五十嵐夕紀の『第一印象』(1978年)等と同様の構成である。楽曲に関しては、編曲に小笠原寛こと手使海ユトロが起用され、チョッパー・ベースに特徴のあるファンクが形成され、歌唱は『東村山音頭』を正調で披露した徹底した民謡調である。『運命が二人を分かつまで』の曲調・歌唱は、イントロから徹頭徹尾、内山田洋とクール・ファイブ中の島ブルース』(1975年)に酷似した堂々たるムードコーラス歌謡である。

収録曲[編集]

  1. もしもお許し願えれば女について話しましょう
  2. 運命が二人を分かつまで
    • 作詞本野丈弾 / 作曲金野孝 / 編曲土持城夫
    • 音楽出版社 日音
    • 演奏時間 3分20秒

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b シングル『もしもお許し願えれば女について話しましょう』のジャケットの記述を参照。