大津美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大津 美子
生誕 (1938-01-12) 1938年1月12日(80歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県豊橋市
学歴 桜ケ丘高等学校
活動期間 1955年 - 
レーベル キングレコード

大津 美子(おおつ よしこ、1938年1月12日 - )は、日本歌手

本名 中條 美子

人物[編集]

愛知県豊橋市出身。私立桜ヶ丘高校卒業。

1953年、キングレコード専属作曲家だった渡久地政信に弟子入り。この頃は、毎週土曜日に夜行電車に乗り上京し、翌日の昼のレッスンを受け帰郷するという生活を続けていた。

1955年7月、キングレコードから「千鳥のブルース」でデビュー。デビュー2ヵ月後の9月に発売した「東京アンナ」が大ヒット。

「東京アンナ」がヒットしている最中、恩師渡久地がビクターに移籍した。これにより落胆する大津にキング文芸部長だった町尻量光は、同社作曲家だった飯田三郎を紹介し、以後、飯田は大津を指導することになる。

1956年、師である飯田が作曲し高橋掬太郎が作詞した同名映画の主題歌「ここに幸あり」が空前の大ヒット。ハワイ、ブラジルなどの多くの日系人の間で今日まで愛唱されている。

NHK紅白歌合戦に7回出場している(詳細は下記参照)。

1969年、実業家と結婚。

1980年、脳動脈破裂くも膜下出血)により倒れるが、奇跡のカムバックを遂げた。

1995年から1997年まで社団法人日本歌手協会副会長に選出。

2005年、歌手生活50周年を迎え、記念のBOXセット「大津美子大全集」を発売。「ここに幸あり」「東京は恋人」などの往年のヒット曲をオーケストラとの共演で新録音している。

2014年7月、歌手デビュー60周年目を迎え地元愛知県で収録されたNHKBS日本のうたにスペシャル・ステージ枠で出演。(共演は後輩の市川由紀乃竹島宏)自身のヒット曲「東京アンナ」「東京は恋人」「銀座の蝶」「いのちの限り」などをメドレーで披露した他、思い出のヒット曲として「白い桟橋」「ここに幸あり」を熱唱した。


現在でも、そのダイナミックなアルトの歌声は健在で、新曲発売や公演、テレビ出演など精力的に活動を続けている。

エピソード[編集]

  • 2005年に放送された、テレビ東京の『昭和歌謡大全集』で、司会の玉置宏に「歌手になる前の憧れの歌手は?」と尋ねられ「菅原都々子先生です」と答えている。菅原の高音の「泣き節」に感動したという。菅原都々子は同じ質問に対して「先輩歌手の中には素晴らしい方が沢山いらっしゃるけれど、誰か一人にしぼることはできません」と答えている。
  • 「ここに幸あり」は元々、レコード会社の先輩である三条町子が吹き込みを予定していたが、三条がこの時出産のため吹き込みができなくなってしまい、当時新人歌手だった大津にお鉢が回ってきた。

ヒット曲・代表曲[編集]

  • 東京アンナ (1955)
    作詞:藤間哲郎/作曲:渡久地政信/編曲:渡久地政信
  • ここに幸あり (1956)
    作詞:高橋掬太郎/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • 青い月夜の並木路 (1956)
    作詞:東條寿三郎/作曲:吉田矢健治/編曲:吉田矢健治
  • 流れのジプシー娘 (1956)
    作詞:矢野亮/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • いのちの限り (1957)
    作詞:矢野亮/作曲:江口浩司/編曲:江口浩司
  • 東京は恋人 (1957)
    作詞:横井弘/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • 純愛の砂 (1957)
    作詞:矢野亮/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • 銀座の蝶 (1958)
    作詞:横井弘/作曲:桜田誠一/編曲:桜田誠一
  • 白い桟橋 (1958)
    作詞:内村直也/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • 東京ドライブ (1958)
    作詞:横井弘/作曲:佐伯としを/編曲:佐伯としを
  • 空へ帰る人 (1959)
    作詞:横井弘/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
  • 忘れないで (1960)
    作詞:たなかゆきを/作曲:山田量男/編曲:江口浩司

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

主な他のシングル[編集]

  • 形見の詩集(昭和30年、デビューから2作目)
  • 雨にびっしょり夜の街(昭和32年)
  • 大阪の夜(昭和34年)
  • ハミングお嬢さん(昭和35年)
  • サンパウロ・チャチャ(昭和35年)
  • 恋の糸満娘(昭和36年)
  • ひとり行く旅なれば(昭和37年)
  • 紫川の白い花(昭和38年)
  • 東京のクレオパトラ(昭和38年)
  • 東京ローレライ(昭和38年)
  • 女の風雪(昭和38年)
  • かりそめの恋(昭和39年、三条町子のヒット曲のカヴァー)
  • 海つばめ(昭和39年、ビクター移籍第一弾、第一回吹込曲)
  • 土佐のカルメン(昭和40年、ビクター)
  • 美しき愛のかけら(昭和48年)
  • 若き日の詩(1977年、KING、GK-100)
  • 横須賀マリア(1978年、KING、GK-203)
    • 横須賀マリア - 作詞:たかたかし、作曲:馬飼野康二
    • 雨ようたって愛の詩 - 作詞:たかたかし、作曲:馬飼野康二
  • 夜霧のハンブルク(1979年、KING、GK-359)
  • 愁恋歌(1991年、KING、KIDX-35)
  • この生命のある限り(1995年、KING、KIDX-230)
    • この生命のある限り - 作詞:荒木とよひさ、作曲:市川昭介
    • 雲よ何処に - 作詞:荒木とよひさ、作曲:市川昭介
  • 愛の詩を花の詩を(2000年、KING、KIDX-546) ※歌手生活45周年記念盤
    • 愛の詩を花の詩を - 作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし
    • オムレツの舞踏曲 - 作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし
  • 夜空に光るあの星よ(2015年、KING、KICM-30687) ※歌手生活60周年記念盤
    • 夜空に光るあの星よ - 作詞:東逸平、作曲:杉本眞人
    • ここに幸あり(60周年バージョン) - 作詞:高橋掬太郎、作曲:飯田三郎

主なテレビ番組出演[編集]

歌番組[編集]

他、数々の歌番組に出演

ドラマ[編集]

その他の出演[編集]

  • 秋の歌謡フェスティバル[2]ゆうぽうと、2012年10月12日)
  • 日本歌手協会創立50周年記念 歌謡フェスティバル(ゆうぽうと、2013年11月22日

脚注[編集]

  1. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年)
  2. ^ 司会は女優の倍賞千恵子

外部リンク[編集]