ウンジャラゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウンジャラゲは、1969年に発売されたコミックソング。歌はハナ肇とクレージーキャッツ、作曲は宮川泰。作詞は藤田敏雄となっているが、実際は宮川が植木等と話しながら決めていったとされる。

歌詞はスイス民謡やロシア民謡にみられる曜日をテーマにしたもののパロディである[1]。1番は月曜日から日曜日までを、「ウンジャラゲ」に始まり「ランガランガランラン」まで、ご機嫌さの程度を示唆する各種のオノマトペ(当然、週末に近づくにつれてテンションが上がる)を並べ立てて陽気に歌うもので、2番以降は曜日に代わって職業などが列挙される。具体的な意味というものはない。

テレビ放送時にはオリジナルのクレージーキャッツ(植木等)版、後年のカバーの志村けん版とも、メイン歌手を先頭に大人数が男女を問わず集団で脳天気に歌い踊る姿をミュージカル映画の群舞風に俯瞰からのカメラで捉える演出が行われ、その陽気さで視聴者から受けた。

オリジナル版[編集]

ウンジャラゲ
ハナ肇とクレージーキャッツ楽曲
リリース 1969年7月10日
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲コミックソング
レーベル 東芝音楽工業
作詞者 藤田敏雄
作曲者 宮川泰
その他収録アルバム
シングル「あんた」
収録曲
  1. あんた
  2. ウンジャラゲ
  • シングル「あんた」(東芝音楽工業 TP-2186)のカップリング曲として、1969年7月10日に発売されている。
  • 当初はA面扱いだったが、当時の渡辺プロダクション社長渡辺晋の"鶴の一声"でB面曲に変更された[1]
  • ラジオ番組『ゴー・ゴー・ナイアガラ』のクレージー特集で取り上げられた[1]
  • 東宝クレージー映画では唯一、1968年4月27日公開の『クレージーメキシコ大作戦』で歌われている(歌:植木等)。
  • TBSの『植木等ショー』において植木が坂本九森光子と共に歌っている映像が残されている(1968年11月21日放送回。DVD-BOX『植木等スーダラBOX』に収録)。この映像では「サラリーマンの一週間を歌った名曲」と植木に紹介され、直前のコントでの会社セットをバックに会社員姿での群舞で歌われた。
  • 1990年に発売された植木のヒット曲メドレー『スーダラ伝説』(歌:植木等、作詞:青島幸男他、作曲:萩原哲晶他、編曲:宮川泰)の中でも歌唱されているが、後述する志村けんらのカバー版がヒットして間もなかったため、「なんでクレージーの中に志村けんの歌が出てくるのか?」という声もあった[1]。なお、志村けんらによるカバー版がヒットした後の1989年7月には、オリジナルの「ウンジャラゲ」を1曲目に配したクレージーキャッツのベストCD『ビッグ・アーティスト・ベスト・コレクション』(CT25-9040、東芝EMI)が発売になっている。

志村けん版[編集]

ウンジャラゲ
志村けん&田代まさしだいじょうぶだぁファミリーシングル
リリース
ジャンル 歌謡曲コミックソング
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 志村けん
田代まさし
志村けん&田代まさしだいじょうぶだぁファミリー シングル 年表
志村けん
東村山音頭
1976年
田代まさし
パラディラタンの夜は更けて
1987年
ウンジャラゲ
(1988年)
婆様と爺様のセレナーデ(けん&マーシー)
1993年
テンプレートを表示

志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)の挿入歌(シングルジャケットでの表記は「フジテレビ系列『志村けんのだいじょうぶだぁ』でやってる唄」)。

基本的にオリジナルをカヴァーしたものだが、2・3番の歌詞が原版とは多少違い、2番は「アキナちゃん」「セイコちゃん」「キョウコちゃん」など、女性アイドルの名前を歌詞に盛り込み、3番は職業から家族(おじいちゃん、おばあちゃん等)に変更されている。また歌い方も東北弁のような訛りが強調されており、全体的に子供向けに変えられている。 だいじょうぶだぁファミリーが毎回この曲に合わせ、会社員・医者・こども・力士・シンクロ・原始人・お祭り野郎・警察員・バカ殿様・ステテコ腹巻姿にカンカン帽の丸眼鏡(原版における植木の象徴的な出で立ちでありそのリスペクト)のキャラの様々なコスプレをして歌い踊る映像は話題となった。フレーズごとに違う衣装のカットが挿入されたバージョンもあった。当時の少年誌等によれば、この踊りの振付け考案は田代であるとされたが、オリジナルとほぼ同じである。立ち位置は先頭が志村、二列目は視聴者から見て左から石野陽子(現:いしのようこ。苦手で恥ずかしいのか、他メンバーと比べて毎回明らかにきちんと踊っていなかった)と松本典子、三列目の左端は田代まさしで右端は桑野信義

ポニーキャニオンよりこの曲のシングルCD、アナログ盤(レコード)、カセットも発売され、20万枚を売り上げた[2]。『夜のヒットスタジオDELUXE』や『FNS歌謡祭』にファミリーで出演し、植木の前で披露した事もあった。CD発売後には番組で視聴者からウンジャラゲダンスを家庭用ビデオで録ったVTRを募集し、知人や職場の仲間と曲に乗せて踊るVTRをスタジオで紹介。中には生演奏(主に吹奏楽部)もあった。

ウンジャラゲに見せかけて途中から「好きになった人」(都はるみの楽曲)のコントになるパターンも存在した。

収録曲[編集]

  1. ウンジャラゲ
  2. ウンジャラゲ(ガイド入りカラオケ)

その他のカバー[編集]

  • 水戸華之助(1996年、アルバム『メイド・イン・バビロン』収録)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大瀧詠一Writing & Talking』白夜書房、2015年、676頁。ISBN 978-4-86494-048-1
  2. ^ 産経新聞1993年12月7日付東京夕刊