坂井優美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂井 優美(さかい ゆみ、1980年10月6日[1][2][3] - )は、日本の元グラビアアイドルオフィスSATO、後にイエローキャブに所属していた。

来歴・人物[編集]

東京都台東区浅草の生まれ育ち[4]で、自称「チャキチャキの江戸っ子[4]。血液型はA型。身長は162cm、スリーサイズB88cm - W58cm - H89cm(2000年の時点)[1]

姉が一人いる[3]。小さい頃に母を亡くしている[3]。小学生の時から中山美穂のファンで、子供心ながら将来は歌手になれたらいいなとは思っていた[3]が、中学入学後にバレーボール部に入った後に太りだしてからは、芸能界は自分とは無縁な世界だと思っていたという[3]。高校2年生の17歳の時に友人たちと一緒に東京・秋葉原電気街に行った時に、そこで事務所のマネージャーにスカウトされたのをきっかけに、芸能界入り[1][3]2000年度の大磯ロングビーチキャンペーンガール[1]。アイドルユニット『KOMATI』のメンバーとしても活動[5]

公表したことのある趣味はバレーボール[2]、子供の頃からやっていたピアノ[2][3]ジャズ鑑賞[5]。ジャズ好きな父親の影響で自分もジャズ好きになったということで[3]、好きなジャズミュージシャンにバド・パウエル[5]オスカー・ピーターソン[5]ビル・エヴァンス[3]を挙げていたことがある。

写真集、DVD[編集]

写真集

  • 『STAY_坂井優美写真集』 J-HEART 2000年8月
  • 『カリス_坂井優美写真集』 バウハウス 2001年3月

DVD

  • 『ファイナル・ビューティ』
  • 『坂井優美とバーチャルデート』
  • 『Squall!!』
  • 『Bloody Mary』

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 週刊宝石 2000年6月8日号 p.5 - 9
  2. ^ a b c d 週刊プレイボーイ 2000年2月1日号 巻頭カラーグラビアページ
  3. ^ a b c d e f g h i 週刊宝石 2001年1月11日・1月18日号 p.172 - 176『永井美奈子の連載対談 美奈子倶楽部』
  4. ^ a b c sabra小学館)2001年3月22日号 本人掲載のページより。
  5. ^ a b c d SPA!扶桑社)2000年11月15日号 p.15「今週のプラスアルファ」
  6. ^ FRIDAY SPECIAL(講談社)2000年3月27日増刊号 p.121
  7. ^ FRIDAY講談社)2000年4月14日 p.33