武田双雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武田 双雲(たけだ そううん、本名:武田 大智(たけだ だいち)、1975年6月9日 - )は、日本書道家熊本県熊本市出身。

経歴[編集]

書歴[編集]

サラリーマンを経験した後、母・武田双葉の書道教室で1年間書を学び、その後ストリート書家としてスタート。路傍で道行く人の希望で即興で書くスタイルを披露、その後、墨を使った大字パフォーマンスでテレビなどに取り上げられ、NHKの大河ドラマのタイトル字などデザイン書の分野で注目される。

元来は左利きであり、書のときのみ右を使う。ただし左で書くことも可能。

家族・親族[編集]

提供[編集]

冨樫義博作品を『幽☆遊☆白書』時代から読んでおり、その縁で『劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』製作スタッフがコラボレージョン企画を持ちかけ、来場者先着50万名へ提供される手ぬぐいの題字を手がけた[1][2][3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]