清水淳司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

清水 淳司(しみず じゅんじ、1960年4月6日 - )は、フジテレビデジタル技術推進部データ放送プロデューサー[1]。元美術制作局美術センター専任部長 美術プロデューサー大分県出身、早稲田大学卒業。

略歴[編集]

1984年フジテレビ入社。第二制作部へ配属。以来、バラエティ番組に携わる。

オレたちひょうきん族ADを経て、いきなりフライデーナイトディレクターデビューを果たす。

その後、やまだかつてないテレビなどを手がけ、1995年、CM部へ異動となる。

さらに1997年には、FCC(フジクリエイティブコーポレーション)へ出向。ポンキッキーズなどのプロデューサーを担当した。爆笑問題を起用し、「爆チュー問題」のコーナーなどで話題を呼ぶ。

2005年、フジテレビへ戻り、美術制作局へ配属となる。あっぱれさんま大教授ミュージックフェアなどの美術プロデューサーを担当した。

2009年、ライツ開発局コンテンツ事業センター映像企画部(現:映像コンテンツ事業部)へ異動。現在[いつ?]DVDプロデューサーとして、主にバラエティ番組のDVDを企画・制作している。

主な担当番組[編集]

ADとして携わった番組[編集]

ディレクターとして携わった番組[編集]

プロデューサーとして携わった番組[編集]

その他エピソードなど[編集]

  • 文才があり、本人も文章を書くのが好きであるために2007年6月11日よりフジテレビZOOホームページ内において「美術Pは見た!~セット裏から見た制作ウラ話~」という個人ブログを開設。
  • 団塊ヒーロー!香リン4」のプロデューサー以外の原案脚本監督では大分駿のペンネームを使用している。大分は、彼の出身地であること。また、宮崎の上(北側)に位置することから宮崎駿のパロディというシャレも意味している。
  • 1985年9月30日 - 1986年3月28日、いいともスタッフ隊として、森田一義アワー 笑っていいとも!に日割り制度(出演時にAD兼任)で出演していた。
  • かつて『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』で流された『愛はチキンカツ』(KAN愛は勝つ』の替え歌)の作詞者である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今夜はナゾトレ関連本が10万部突破!データ放送連動!”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2017年7月3日). 2018年4月1日閲覧。
  2. ^ 愛はチキンカツ - ウェイバックマシン(2007年9月21日アーカイブ分) 清水P(映像企画P)は見た!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]