須田泰成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

須田 泰成(すだ やすなり、1968年昭和43年1月5日 - )は、日本男性コメディ作家、放送作家脚本家プロデューサー。有限会社大日本生ゲノム及びスローコメディ広告社代表取締役。日本のモンティ・パイソン研究家として活動している。

来歴[編集]

大阪府寝屋川市生まれ。大阪府立清水谷高等学校卒業、早稲田大学第二文学部中退、業界紙記者、映像ディレクターコピーライターなどの傍ら新作落語コントなどを執筆。イギリスに留学し、ロンドン市立大学でコメディを学ぶ。コメディ専門チャンネル「マイコメ」の製作・プロデュースも行っている。

また、タレントの松尾貴史、落語家の春風亭昇太、マジシャンのナポレオンズ・パルト小石、コピーライターの後藤国弘らと9人で、東京都世田谷区の上馬交差点近くでバー「bar-closed(バー・クローズド)」を共同で運営。また、新宿ゴールデン街にも「マチュカ・バー」もプロデュースした。

学生時代に感銘を受けた評論家植草甚一の著書で世田谷区経堂の地名を知り、1997年平成9年)から在住。経堂エリアの個人商店のネットワークを活性化するコミュニティ・サイト『経堂系ドットコム』を運営し、お店や地域情報の紹介、ライブなどイベントのプロデュース、地域の住人同士で機会や情報やノウハウを共有する経堂系シェアリングなどを展開している。2008年平成20年)、世田谷区下北沢にコメディ・イベントも行うカフェ「slow comedy factory」をオープン。ほぼ毎日、様々なイベントをプロデュースする(2012年閉店)。

2007年平成19年)、ご当地グルメによる経堂の町おこしを企画。居酒屋のまかないメニューとして出した「さば缶ネギバター醤油」が評判になったことを機に、13店舗で、さば缶フェアを展開。近隣に住む友人の俳優西郷輝彦も「我が青春の味」とテレビで絶賛したという。2009年平成21年)、予約制イベント居酒屋「さばの湯(さばのゆ)」を経堂でスタート。“飲みニュケーション”を昇華させ「コミュニティのハブになる、人が集まる場所を」目指す[1]

東日本大震災での支援、洗って売った「希望の缶詰」25万缶[編集]

「さば缶」で交流のあった水産加工品メーカー「木の屋石巻水産」(宮城県石巻市)が2011年平成23年)3月11日の東日本大震災で被災し、工場の缶詰約100万缶が震災に伴う津波で流失した。

それら中身の品質に問題ない缶詰が、救援物資の届くまで被災者の「命の缶詰」となったのだが、まだ大量の缶詰がガレキ・泥水の下に埋まっており、これを木の屋石巻水産が掘り出し始めたことを聞いた「さばのゆ」と須田が「泥つきでいいから缶詰を送ってほしい」と連絡。缶詰をボランティアで手洗い、「1000円の義援金につき3缶をお返しとして渡す」活動を始める。この活動がテレビで報道されて支援活動が広がり、「希望の缶詰」と呼ばれた缶詰25万缶が支援者の手に渡り、木の屋石巻水産の再建の一助になった[2]

この支援活動について、須田は震災の翌2012年平成24年)に絵本『きぼうのかんづめ』として、2018年平成30年)に書籍『蘇るサバ缶 震災と希望と人情商店街』として、出版している。

コメディも料理も「五つの素材」が重要[編集]

町おこしや被災者支援の活動の目立つ須田だが、原点は人を笑顔にするコメディ。なおコメディについての須田の持論は「お笑いは料理と一緒。どちらも人を楽しませるし素材が大切」という。取材インタビューで訪れた記者に、須田は手料理をふるまいながら、「五つの素材」で調理する重要性を説く。五つとは「ダシ→共感」「歯ごたえ→状況」「味→キャラクター」「スパイス→共感を刺激」そして「珍味」という[3]

著述[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 別冊宝島WT ロンドン攻略読本 「ブリティッシュ」最新事情!(宝島社1996年平成8年)5月)
  • 別冊宝島 芸能界スキャンダル読本 ゴシップ・スキャンダル情報をめぐるマスコミ・タレント・芸能(宝島社、1997年2月)
  • 別冊宝島WT 中欧世紀末読本 今よみがえる「ハート・オブ・ヨーロッパ」(宝島社、1997年4月)
  • 別冊宝島 これで笑え! 古今東西のあらゆる《笑い》を完全に網羅した「笑撃」(宝島社、1997年11月)
  • 別冊宝島 楳図かずお大研究(宝島社、2002年8月)
  • 大物講座(中丸謙一朗との共著、講談社、2008年9月)

翻訳[編集]

脚本[編集]

など

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地域を繋ぐコミュニティ酒場。経堂さばのゆ 須田泰成さん | このひとの世田谷 - 「世田谷くみん手帖」世田谷サービス公社
  2. ^ 「石巻の缶詰メーカー、どん底からの超復活劇 震災支援の縁を活かし過去最高業績上げる」 - 2018(平成30年)年3月10日東洋経済オンライン
  3. ^ 産経新聞朝刊1997年11月1日 「メトロポリタン」須田泰成さん(29)国内外の“笑える作品”を一冊に

外部リンク[編集]