エリック・アイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリック・アイドル
Eric Idle
Eric Idle
2003年撮影
生年月日 (1943-03-29) 1943年3月29日(73歳)
出生地 イギリスの旗イギリスダラム州サウス・シールズ(現在はタイン・アンド・ウィア州に属す)
職業 コメディアン
俳優
脚本家
歌手
プロデューサー
小説家
声優
ジャンル コメディ
パロディ
活動期間 1966年 -
配偶者 リン・アシュレイ(1969年 - 1975年
タニア・コセヴィッチ(1981年 -)
著名な家族 娘2人
主な作品
空飛ぶモンティ・パイソン
バロン
相続王座決定戦
キャスパー
シュレック3
備考
モンティ・パイソン」メンバー
ザ・ラトルズ」メンバー

エリック・アイドルEric Idle1943年3月29日 - )は、イギリスコメディアンミュージシャンコメディグループのモンティ・パイソンのメンバー。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1943年にイングランドのサウス・シールズに生まれた。アイドルの父は英国空軍の軍人だったが、アイドルが2歳のときのクリスマス・イブに交通事故で死去する[1]。その後アイドルは親戚などに預けられ、7歳から大学入学までの12年間、王立の全寮制学校で暮らす[1]。学校は厳格で強制収容所のようだったらしく、アイドルはあまりいい印象を持っていない[1]

ケンブリッジ大学へ入学し、英文学を専攻する。その年、1963年にケンブリッジ大学のコメディ・サークル『ケンブリッジ・フットライツ』へ入り、後には代表まで務めた。代表時代には、女人禁制制度を廃止し、女性メンバーの加入を正式に認めるなど、数々の改革を行った。大学を卒業後は、キャバレーでの下積みを経て、ラジオやTVの台本の執筆をするようになる。1967年には子供番組『ドゥ・ノット・アジャスト・ユア・セット』に参加。後のパイソンメンバーであるマイケル・ペイリンテリー・ジョーンズらと組んだ。

モンティ・パイソン[編集]

1969年、アイドルは他の5人のメンバーと共にモンティ・パイソンを結成し、BBCにてTVシリーズ『空飛ぶモンティ・パイソン』の放送が開始された。パイソンの中でのアイドルは一匹狼であり、一人で台本を執筆するのが特徴であった。大学時代に英文学を学んでいたこともあり、「しゃべり」重視の、言葉遊びやワンライナー・ジョークをテンポよく織り交ぜた短いスケッチを多く書いた。また、ミュージシャンでもあるアイドルは、訛りなどのクセのあるしゃべりかたの物まねがうまく、数々の有名人をネタにしたキャラクターを演じている。代表的な出演スケッチに「ナッジ・ナッジ(ちょんちょん、このお!)」「マネー・プログラム」「アナグラムでしゃべる男」「旅行代理店」などがある。その後のパイソン映画にも出演した。

アイドルはビジネスにも長けており、パイソン・レコードやパイソン本の類の考案者はアイドルである。

またアイドルは、パイソンの音楽面でも一役買っていた。彼が作詞、作曲して歌った『ライフ・オブ・ブライアン』のエンディング曲「Always Look on the Bright Side of Life』はヒットを記録したほか、「銀河系の歌」「エリック・ザ・ハーフ・ア・ビー」(: Eric the Half-a-Bee)などの名曲がある。アイドルは、パイソン関連のレコードで数多くの楽曲を発表している。

スケッチ中では長身のジョン・クリーズ(196cm)やグレアム・チャップマン(188cm)と写っている印象で小柄という印象が強いが、彼自身も183cmとそれなりに長身である。

パイソン後の活動[編集]

パイソンの終了後は、当時アイドルが制作していたラジオ番組『ラジオ・ファイブ・オン・ラジオ・ワン』がTV番組化され、『ラトランド・ウィークエンド・テレビジョン』として放送。元ボンゾ・ドッグ・バンドのメンバーであるニール・イネスと制作したこの番組は、セットが天気予報並みという低予算ながら好評を博した。

ザ・ビートルズのパロディバンドであるザ・ラトルズ(The Rutles)のメンバーでもある。実際アイドルにはビートルズと交友関係があり、映画『ライフ・オブ・ブライアン』はジョージ・ハリスンの出資によって完成している。

また、SFコメディ小説も書いている。1993年リック・モラニスバーバラ・ハーシージョン・クリーズキャサリン・ゼタ=ジョーンズらと共演した『相続王座決定戦』では脚本・主題歌・製作総指揮も担当している。

1995年に出演したクリスティーナ・リッチ主演の『キャスパー』では、悪女とその弁護士という設定でキャシー・モリアーティと嫌味なコンビを演じ、製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグから大絶賛された。ロビン・ウィリアムズスティーヴ・マーティンなどと親交がある。現在はアメリカ合衆国に在住し、米人気アニメの『ザ・シンプソンズ』において声優としても活躍している。

2012年ロンドンオリンピックの閉会式で『Always Look on the Bright Side of Life』を披露した。

来日[編集]

2011年8月にアイドル自身が脚本を務めた『スパマロット』の日本公演が決定し、初来日を果たす。駐日英国大使館で執り行われた公演の記者会見では駐日英国大使や日本版の出演者ユースケ・サンタマリア池田成志らと共に登壇。コメディアンらしくジョークを飛ばしつつも、東日本大震災にも配慮したシリアスなコメントも残している[2]。また、『Always Look on the Bright Side of Life』を日本語で披露したり、公演の宣伝のために同舞台出演者のユースケ・サンタマリアと共演したCMや、タモリ司会の『笑っていいとも!』にゲスト出演した。

主な出演作品[編集]

ギターを持つアイドル。パイソンズ時代からミュージシャンとしての一面も見せていた

テレビ[編集]

  • ドゥ・ノット・アジャスト・ユア・セット Do Not Adjust Your Set (1967年 - 1969年) - DVD題「モンティ・パイソン・レアリティーズ ドゥ・ノット・アジャスト・ユア・セット」
  • 空飛ぶモンティ・パイソン Monty Python's Flying Circus (1969年 - 1974年)
  • ラトランド・ウィークエンド・テレビジョン Rutland Weekend Television (1975年)
  • オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ All You Need Is Cash (1978年)
  • フェアリーテール・シアター Faerie Tale Theatre (1982年) 監督・ナレーション・出演
  • ミカド The Mikado (1987年)

映画[編集]

アニメ映画[編集]

テレビアニメ[編集]

その他[編集]

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートなどにあるアトラクションのムービーに出演している。東京ディズニーランドでは『ミクロアドベンチャー!』の名称となっている。

日本語吹替声優[編集]

  • 広川太一郎 - 『空飛ぶモンティ・パイソン』、『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』、『モンティ・パイソン・アンド・ザ・ホーリー・グレイル』、『ライフ・オブ・ブライアン』、『人生狂騒曲』、『オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ』、『キャスパー』(TV版)
  • 仲野裕 - 『キャスパー』(VHS版)、『ダドリーの大冒険』
  • 牛山茂 - 『キャスパー』(DVD版)
  • 石井敏郎 - 『トランスフォーマー ザ・ムービー』
  • 嶋俊介 - 『バロン』(ソフト版)
  • 大山高男 - 『バロン』(機内版)
  • 江原正士 - 『バロン』(TV版)
  • 松尾貴史 - 『ナンズ・オン・ザ・ラン 走れ!尼さん』
  • 千葉耕市 - 『スペース・エイド』
  • 岩崎ひろし - 『アラン・スミシー・フィルム』
  • 島田敏 - 『102』
  • 小形満 - 『ハウス・オブ・マウス』
  • 大木民夫 - 『シュレック3』
  • 高島忠夫 - 『ミクロアドベンチャー!
  • 金光宣明 - 『ミラクル・ニール!』

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]