ポストマン・パット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポストマン・パット』(Postman Pat)は、イギリスの作家ジョン・カンリフ(John Cunliffe)原案のストップモーション・アニメーション製作による幼児向けテレビ番組

概要[ソースを編集]

イギリスの架空の町グリーンデールで郵便局員を務める主人公パットの日常を描く。第1シリーズの本放送は1981年に英国のBBC Oneで行われた。全13話の第1シリーズ放送終了後、15年のブランクを経て1996年に第2シリーズが放送され、以来断続的に2017年まで放送チャンネルが何度か移行しつつ8つのシリーズが放送された。

変遷[ソースを編集]

最初の2シリーズはウッドランド・アニメーション(Woodland Animations)が手掛け、『パディントン・ベア』なども手掛けたアイバー・ウッドが監督を務めた。脚本は全てジョン・カンリフが執筆し、声優は起用せずナレーターの一人芝居(語り)により物語が進行する演出が採られた。その後2004年放送の第3シリーズ以降はナレーターを廃止し個々の声優を起用するようになり、脚本も複数の脚本家によって執筆されるようになった。また、第3シリーズからの映像はコスグローブ・ホール・フィルム(Cosgrove Hall Films)が製作した。

主人公のパットはロイヤルメールの郵便局員という設定であったが、2000年以降にロイヤルメールが自社ロゴのメディアや広告等での使用を制限したことから[1]、2008年放送の第6シリーズからスペシャル・デリバリー・サービスという配達会社の責任者になる等設定の変更が行われ、シリーズのタイトルも「Postman Pat Special Delivery Service」とリニューアルされた。また、本編は従来と同様にストップモーション・アニメーションで製作されたが、オープニングでのみ3DCGが使用されるようになった。

2013年放送の第7シリーズからは『ティム・バートンのコープスブライド』や『ボブとはたらくブーブーズ』等の製作も手掛けたマッキノン・アンド・サンダース社(Mackinnon&Saunders Ltd)が製作する体制となり、2014年にはフル3DCG製作による劇場映画『Postman Pat: The Movie』が公開された。

日本での公開[ソースを編集]

日本では1994年より『ポンキッキーズ』で第1シリーズから第2シリーズまでがコーナードラマとして放送され、パットの着ぐるみが番組のオープニングやスタジオに登場した。その後、VHSビデオや写真絵本、テーマソングの翻訳版「ポストマンパットのうた」(作曲:ブライアン・ダリー、訳詞:加藤芳一)を収録した CDも発売され、『ポンキッキーズ』の派生番組『チルドレンタイム』でも放送された。その後、ディズニージュニアで第3シリーズから第5シリーズまでが放送されたが、声優やスタッフが一新された。第6シリーズ以降及び劇場映画作品は未公開。

登場人物[ソースを編集]

以下に列挙している担当声優の名前は、すべてディズニージュニア版のものである。ポンキッキーズ版では、ナレーションを含めて全キャラの声を竹中直人が担当した。

パット・クリフトン
声 - 竹本英史
主人公。グリーンデールの郵便局員。33歳。陽気で物分かりがよく、誰に対しても親切に接する。また自分の仕事を誇りに思っている。好物はチーズとクレソンのサンドイッチ。幼少の頃に大切にしていた「ビリー」という名のクマのぬいぐるみがあり、今も屋根裏部屋に保管してある。妹が1人いる。この村の催し物のほとんどは彼が企画したものである。
サラ・クリフトン
声 - 伊倉一恵
パットの妻。32歳。駅の喫茶店の仕事を手伝っている。
ジュリアン・クリフトン
声 - 川庄美雪
パット&サラの息子。6歳。小学校の教室内での席順は最後列でメーラの隣。素直で心優しい性格の持ち主だが、第61話では学校に行くのを面倒がり、仮病を使って休んだ。
ジェス
パットのペットである白と黒のぶち猫。パットが仕事に行く際はいつも同伴しており、配達中はバンの助手席にいる。ソーセージが好物。
ゴギンズさん
声 - 上村典子
グリーンデールの郵便局長兼雑貨屋。かなりの近眼であり、眼鏡をなくしてしまった時は手紙の宛先も読めなくなってしまうほど。
第61話でジュリアンが風邪をひいてパットの看病を受ける(後で仮病だとわかり彼に叱られる)ためにパットが配達を休まねばならなくなり、同話限定で彼の代わりに「ポストレディ・ゴギンズ」に変身して配達を担当した。
ボニー
ゴギンズさんが飼っている真っ白な犬。お気に入りは骨型の笛入りおもちゃ。
ピーター・ティムズ牧師
声 - 矢田耕司
グリーンデール教会の牧師。バイオリンの演奏が得意。若い頃はロックミュージシャンに憧れていた。
アジェイ・ベインズ
声 - 濱野雅嗣
グリーンデール駅専属の鉄道員。子どもたちにピザを作ってご馳走したことがある。自動二輪車を所持している。
ニーシャ・ベインズ
声 - 鹿野優以
アジェイの妻で、グリーンデール駅近くの喫茶店を経営している。インド出身らしい。
メーラ・ベインズ
アジェイ&ニーシャの娘で、ピンクのヘアピンをしている。8歳。果物が大好き(第36話より)。
ニキール・ベインズ
メーラの弟でまだ赤ちゃん。緑色のウサギのぬいぐるみを愛用しており、無くしてしまうと大泣きする(第12話より)。パットに小麦粉まみれにされたことがある(第33話より)。
テッド・グレン
パットの幼馴染。村はずれの水車小屋に住んでいる。車やトラクターの修理、様々な機械の発明、機関車の運転など、優れた技術を持っている。
ドクター‣ギルバートソン
グリーンデールの医師。アーサーがひそかに恋心を抱いている。
サラ・ギルバートソン
ドクター‣ギルバートソンの娘。パットの妻と同名である。男勝りな性格で、他の子達と衝突することもしばしば。ルーシーと仲がよい。
アーサー・セルビー
声 - 藤本たかひろ
お巡りさんで職位は巡査。隣町のペンカスターに転勤しようと考えていたが、パット達が行かないでほしいという気持ちを込めてパーティーを開いたために考えを改め、グリーンデールに残ることにした。
ルーシー・セルビー
アーサーの一人娘。歌が上手く、父曰く「天使の歌声」とのことだが、人前で歌うのは苦手。
チャーリー・プリングル
プリングル先生の息子。ジュリアンやメーラと仲良しの少年。「キャプテン・ザップ」というヒーローを愛している。
プリングル先生
グリーンデール小学校の男性教師。彼のクラスには8人児童がいる。
アルフ・トンプソン
羊飼いで、牧場も経営している。真っ赤なトラクターを愛用している。
ドロシー・トンプソン
アルフの妻で、普段は頭全体をスカーフで覆っている。
ビル・トンプソン
声 - 上村典子
アルフとドロシーの息子。村の子供たちの中では最年長。スケートボードやラジコンが得意。
セドリック
トンプソン家で飼われている伝書鳩。パットとティムズ牧師が教会の倉庫に閉じ込められた際にはそのことを皆に知らせ、大活躍を果たした。
ベッシー
ビルが幼いころから可愛がってきた羊。崖に取り残されたところをエイミーとパットが救助したことがある。
ジュリア
グリーンデールに住んでいる婦人。名前は似ているが明らかにパットの息子とは別人。
ケイティー&トム
ジュリアの子供で双子(どちらが年上かは不明)。そり滑りをしていた際にひび割れている凍った川の上に乗ってしまい、パットとアルフに助けられたことがある。
エイミー
村の獣医師。パンプキンという名の馬を飼っている。ジェスが穴に落ちたり、ベッシーが崖に取り残された際にはその危険を顧みずに全力で救助に向かった。

放送リスト[ソースを編集]

  1. ジェスとタコ揚げ
  2. ピエロは人気者
  3. パット第3話
  4. パットの不思議なクリスマス
  5. 楽しいリサイクル
  6. ドロシーの素敵な帽子
  7. グリーンデールにUFO出現
  8. パットのお見舞い
  9. パットは映画監督
  10. パットはスーパー・プレイヤー
  11. ジュリアンの社会見学
  12. ニキールの宝物
  13. いつもと違う日
  14. 天使の歌声
  15. みんなの列車

スタッフ[ソースを編集]

オリジナルスタッフ[ソースを編集]

  • 原案 - ジョン・カンリフ
  • 製作・監督 - アイバー・ウッド
  • 制作 - ウッドランド・アニメーション → コスグローブ・ホール・フィルム → マッキノン・アンド・サンダース

日本語版スタッフ[ソースを編集]

ポンキッキーズ版[ソースを編集]

  • ゼネラル・プロデューサー - 小畑芳和
  • ディレクター - 森田倫代
  • 脚本 - 加藤芳一
  • 監修 - 杉田洋

ディズニージュニア版[ソースを編集]

  • 日本語版OP:保坂真悟
  • 日本語版翻訳:五十嵐江

関連項目[ソースを編集]

  • おちゃめな魔女サブリナ』 - 舞台が本作の舞台と同じグリーンデールという名前だが、単なる偶然(『~サブリナ』のグリーンデールはやや都会っぽい)であり、本作と『~サブリナ』との関連性はない。

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]