唯月ふうか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆづき ふうか
唯月 ふうか
本名 川上 桃子
別名義 momoko、桃、momo
生年月日 (1996-09-08) 1996年9月8日(22歳)
出生地 日本の旗 日本北海道札幌市
身長 154cm
血液型 A型
職業 女優歌手タレントアイドル
ジャンル ミュージカル舞台J-POPアニソン
活動期間 2006年 -
事務所 ホリプロ
公式サイト 唯月ふうか
主な作品

舞台

ピーター・パン
デスノートThe musical
スウィーニー・トッド
レ・ミゼラブル
屋根の上のヴァイオリン弾き
舞妓はレディ
『夢の裂け目』

唯月 ふうか(ゆづき ふうか、1996年9月8日 - )は、日本女優歌手タレント。本名及び旧芸名は、川上 桃子(かわかみ ももこ)。血液型A型。愛称はふうちゃん。ホリプロ所属。かつては、スターダストプロモーションに所属していた。

現在は、女優として舞台(ミュージカルストレートプレイ)を中心に活動。

略歴[編集]

2003年
2006年
2007年
  • ミュージカル『赤毛のアン』に一般キャストオーディション(グリーン・ゲーブルズ SAPPORO)として舞台公演に出演する[1]
2009年
  • 5月、3B juniorから選抜された谷川菜奈、矢野妃菜喜と共にガールズユニットmomonakiが結成され、momokoとして主に北海道を拠点に活動をする。
  • ラジオ番組『Superduper Radio Next Generation』(AIR-G')では、デビュー曲とのタイアップ企画された内包番組『LISTEN!』が設けられレギュラー出演。momokoのモモ☆"ブロ(AIR-G')では、自身初となる ラジオパーソナリティを単独で務めるなどソロ活動が目立ち、momonaki 3rdシングル「Fallin' Snow」では、単独ボーカルとしてリリースする。
2011年
2012年
  • 5月、ミュージカル『赤毛のアン』のキャストオーディション(グリーン・ゲーブルズ SAPPORO)[2]に合格する。
  • 6月、所属事務所であるスターダストプロモーションの公式サイトに同月末をもってmomoの活動を休止し、事務所を離れると発表する。
  • 8月12日より開催されたミュージカル『赤毛のアン TOURS 2012』の北海道公演(札幌市教育文化会館)に出演する。
  • 子役時代に在籍していた事務所アクターズスタジオネットワーク(旧:アクターズスタジオ)に復帰し、同事務所在籍の12名によるセイコーマートCM「さんま蒲焼重」の特別選抜ユニット「mik-an」の一員として出演した[3]
  • 8月29日、『37thホリプロタレントスカウトキャラバン2012』の決勝大会が開催され、歌唱審査ではYUKIの「ワンダーライン」を披露、演技力と歌唱力が評価され、審査員特別賞を受賞した[4]
  • 9月2日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS)にグランプリの優希美青と共に出演する。番組内では、人物紹介、芸名のサプライズ発表がされ、唯月ふうかに改名した[5]。その他、芸名が番組放送開始前に決定したエピソードや命名の由来などが放送された。
2013年
  • 1月、ミュージカル『ピーターパン』で主役の9代目ピーターパン役に選ばれる[6]
2014年
2015年
2016年
  • 8月、ミュージカル『ピーターパン』の舞台稽古中に左目の眼窩底吹き抜け骨折の怪我を負い、大阪公演が中止となる[9]
  • 9月、退院を所属事務所を通じて発表[10]
2017年
2018年

活動名義[編集]

スターダストプロモーション芸能3部時代は、タレント名義を川上桃子、アーティスト名義をmomokoとして活動。メジャーデビュー後はmomoとして活動。その他に、エフエム北海道(AIR-G')とのタイアップ企画に関連する名義は、桃(MOMO)。ホリプロへ移籍後は、唯月ふうかとして活動する。

出演[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル「赤毛のアン TOURS 2012」(2012年8月、札幌市教育文化会館
  • ミュージカル「ピーター・パン」(2013年7月14日 - 15日、KAAT神奈川芸術劇場 / 7月18日 - 28日、東京国際フォーラムホールC) - 主演 ピーターパン役
  • 美内すずえ×ガラスの仮面劇場「女海賊ビアンカ」(2013年11月27日 - 12月1日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - 主演 ビアンカ・カスターニ役
  • 美内すずえ×ガラスの仮面劇場「女海賊ビアンカ」(2014年4月19日 - 20日、森ノ宮ピロティホール) - 主演 ビアンカ・カスターニ役
  • ミュージカル「ピーター・パン」(2014年7月13日、KAAT神奈川芸術劇場 / 7月20日 - 31日、東京国際フォーラムホールC / 8月2日、広島文化学園HBGホール / 8月9日、梅田芸術劇場) - 主演 ピーターパン役
  • アリス・イン・ワンダーランド(2014年11月9日 - 30日、青山劇場 / 12月5日 - 7日、梅田芸術劇場メインホール / 19日 - 20日、中日劇場) - クロエ役
  • デスノート The Musical(2015年4月6日 - 29日、日生劇場 / 5月15日 - 17日、梅田芸術劇場 / 5月23日 - 24日、愛知県芸術劇場) - 弥海砂[8]
  • ミュージカル「ピーター・パン」(2015年7月20日-30日、東京国際フォーラムホールC / 8月2日、梅田芸術劇場) - 主演 ピーターパン役
  • 美内すずえ×ガラスの仮面劇場「女海賊ビアンカ」(2015年9月9日 - 13日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - 主演 ビアンカ・カスターニ役
  • REPAIR~アナタの人生、修理(リペア)しませんか?~ (2015年12月5日 - 14日、シアタークリエ / 12月17日 - 20日、梅田芸術劇場) - ミク役
  • スウィーニー・トッド(2016年4月14日 - 5月8日、東京芸術劇場プレイハウス / 5月13日 - 15日、シアターBRAVA! / 5月20日 - 22日、愛知県芸術劇場)- ジョアンナ役
  • ミュージカル「ピーター・パン」(2016年7月24日 - 8月3日、東京国際フォーラムホールC)- 主演 ピーターパン役 [18][9]
  • A NEW MUSICAL クロスハート(2016年11月11日 - 13日、EX THEATER ROPPONGI / 12月9日 - 28日、Zeppブルーシアター六本木 / 2017年1月6日 - 8日、森ノ宮ピロティホール) - カミーユ / 柏木美優 役[19]
  • レ・ミゼラブル(2017年5月26日(唯月ふうかプレビュー初日 5月22日) - 7月15日、帝国劇場 / 8月1日 - 14日、博多座 / 10月5日 - 16日、中日劇場) - エポニーヌ 役 (トリプルキャスト)[11]
  • デスノート The Musical(2017年6月、オーバード・ホール / 8月、梅田芸術劇場メインホール / 9月、新国立劇場 中劇場) - 弥海砂
  • 屋根の上のヴァイオリン弾き(2017年12月5日 - 29日、日生劇場 / 2018年1月3日 - 8日、梅田芸術劇場メインホール / 1月13日 - 14日、静岡市清水文化会館 / 1月19日 - 21日、愛知県芸術劇場大ホール / 1月24日 - 28日、博多座 / 2月10日 - 12日、ウェスタ川越) - 三女・チャヴァ 役[12][13]
  • 舞妓はレディ(寺崎秀臣演出、2018年3月4日 - 20日、博多座) - 主演 西郷春子 役[14][15]
  • 夢の裂け目栗山民也演出、2018年6月 新国立劇場 小劇場)- 田中道子 役[16][17]
  • ミュージカル生きる宮本亜門演出、2018年10月 TBS赤坂ACTシアター) - 小田切とよ 役、渡辺一枝 役[20]
  • レ・ミゼラブル(2019年4月19日 - 5月28日、帝国劇場 / 6月、名古屋・御園座 / 7月、梅田芸術劇場メインホール / 7月 - 8月、博多座 / 9月、札幌文化芸術劇場) - エポニーヌ 役 (トリプルキャスト)[21]

テレビ番組[編集]

レギュラー
ドラマ
その他

映画[編集]

ラジオ番組[編集]

レギュラー
  • momokoのモモ☆"ブロ(2009年7月5日 - 2010年3月28日、AIR-G')
  • momokoのももころじー(2010年4月4日 - 2012年6月24日、AIR-G')
    • momoのももころじー(芸名変更後の番組名、2011年1月23日〜)
  • Superduper Radio Next Generation『LISTEN!』(2008年10月 - 2012年3月30日、AIR-G')※内包番組
    携帯コミック『LISTEN!』とのタイアップ番組。2011年4月のメジャーデビュー後は、不定期放送。
  • 唯月ふうかのFFFのF(ふふふのふ)(2014年4月4日 - 2016年9月27日、FMFUJI

その他メディア[編集]

携帯コミック・アフレコ

エフエム北海道(AIR-G')のラジオ番組「Superduper Radio Next Generation」・エアジーワークスWEBコンテンツ「Mono Globe」・北海道出身の漫画家ヤマモトマナブのコラボレート企画により人物モデル・アフレコとしての出演[22]。当初は、札幌の地域フリーペーパー「Comic RAG(コミック・ラグ)」に連載していたが休刊により、携帯コミックcomic.jp」にて配信。

  • LISTEN!(著者:ヤマモトマナブ、2009年7月14日) - 山田桃役
  • LISTEN! 2nd Generation side:MOMO(2009年7月21日)
書誌・グラビア

イベント[編集]

  • スタジオランタイムさん祭り 2004(2004年5月2日、北海道厚生年金会館)
    ランタイムのメンバーと共にZONEの楽曲「believe in love」を披露。
  • スタジオランタイムさん祭り 2005(2005年1月23日、北海道厚生年金会館)
    ランタイムのメンバーと共に「evening beach」を披露。
  • LAWSON presents KENSUKE SAKURA MANKAI DAY』北海道日本ハムファイターズ×埼玉西武ライオンズ戦ホームゲーム(2009年5月3日、札幌ドーム[24]
    国歌斉唱。田中賢介選手の登場曲がmomonakiの楽曲に変更。
  • 『第29回さっぽろホワイトイルミネーション』コラボレートソング X'mas SPECIAL MUSIC GIFT(2009年、大通公園
    『Fallin' Snow - X'mas version -』(共演:大平まゆみ)を披露。
  • スタ☆フェス vol.15 (2010年10月3日、アムラックス)共演:みにちあ☆ベアーズ
    1.「Hey Mr.DJ」、2.「Over Drive」、3.「Fallin' Snow」を披露。
  • スタ☆フェス vol.19 (2011年3月6日、アムラックス)共演:みにちあ☆ベアーズ・私立恵比寿中学
  • 第30回さっぽろホワイトイルミネーション コラボレートソング(2010年、大通公園)
  • 第62回さっぽろ雪まつり 大通8丁目雪まつり会場「雪のHTB広場」(2011年2月、大通公園)
  • スタ☆フェスVol.20(2011年4月17日、東放学園映画専門学校)共演:みにちあ☆ベアーズ・私立恵比寿中学
  • momo メジャーデビュー記念 イベントツアー はじめての旅『大好きだよ"♥"』(2011年4月23日〜5月22日)
  • momoファーストワンマンライブツアー『momo 100%〜ぎゅぎゅっと濃縮♥〜』(東京公演:2011年8月28日、原宿アストロホール)(札幌公演:2011年9月4日、札幌cube garden)
  • momoフェスvol.1〜スタフェス番外編〜(2011年10月23日、Shibuya O-WEST)共演:クリミテーションZ・みにちあ☆ベアーズ

楽曲作品[編集]

スターダスト所属時代[編集]

オムニバスCD

3-B Jr.のメンバーとして活動。

  • 3-B Jr.ぷちアルバム(2008年8月31日)
    • 1曲目 KISS OF BEACH(川上桃子、権藤葵玉井詩織伊倉愛美桜木せいら
    • 2曲目 VOICE(川上桃子、権藤葵、玉井詩織)
    • 7曲目 Rainy Day(川上桃子、権藤葵)
    • 9曲目 ひとりじゃないよ(川上桃子、権藤葵、玉井詩織、伊倉愛美、桜木せいら)
楽曲参加作品
ソロ活動
  • Fallin' Snow(2009年11月18日、スターダスト音楽出版、SDMC-0009)- momonaki 3rdシングルであるが単独での歌唱
  • 教室(2011年1月19日、スターダスト音楽出版、SDMC-0020)
    桃(from Superduper Radio Next Generation)×yusukeP feat.初音ミク名義
メジャーデビュー後
楽曲参加作品

スターダスト退所後[編集]

楽曲参加作品
  • 好きだよフレンズ!
    mik-an(アクターズスタジオネットワークの選抜ユニット)の一員でセンター。2012年度版セイコーマートCM「さんま蒲焼重」の特別選抜ユニット。

ホリプロ所属時代[編集]

  • ガラスの仮面劇場 女海賊ビアンカ ミュージカル・サウンドトラック[27]
    女海賊ビアンカ主演の唯月ふうかが歌う劇団つきかげテーマソング「ありがとう」も収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (2007年8月18日(土)札幌市教育文化会館
  2. ^ ミュージカル「赤毛のアン TOURS 2012」
  3. ^ セイコーマートCM「さんま蒲焼重」2012年編(アクターズスタジオネットワーク)アーカイブ
  4. ^ 「彼女が一番輝いていた」15歳・川上桃子さんに急きょ特別賞(スポニチアネックス、2012年8月29日)
  5. ^ アッコ命名「唯月ふうか」ホリプロ新人”. デイリースポーツ. 2012年9月3日閲覧。
  6. ^ ピーターパン9代目に唯月ふうか抜てき!”. サンケイスポーツ. 2013年1月16日閲覧。
  7. ^ 唯月ふうかのFFFのF”. FM FUJI (2014年4月4日). 2014年7月12日閲覧。
    唯月ふうかプロフィール”. FM FUJI (2014年4月4日). 2014年7月12日閲覧。
  8. ^ a b コミックナタリー (2014年9月22日). “デスノート The Musical、リュークら配役発表”. 2014年9月22日閲覧。
  9. ^ a b “唯月ふうか、けいこ中に左目骨折し入院 『ピーターパン』大阪公演中止”. ORICON STYLE. (2016年8月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2076906/full/ 2016年8月17日閲覧。 
  10. ^ “唯月ふうかが退院 舞台『ピーターパン』けいこ中に左目骨折で入院”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077812/full/ 2016年9月2日閲覧。 
  11. ^ a b 『レ・ミゼラブル』昆夏美・唯月ふうか・松原凜子がエポニーヌ鼎談~可愛く、強く、切なく~ (エンタメ特化型情報 メディアスパイス、2017年4月6日)
  12. ^ a b 「屋根の上のヴァイオリン弾き」開幕、市村正親「世のお父さんを代表して」”. ステージナタリー (2017年12月5日). 2018年7月10日閲覧。
  13. ^ a b 市村正親「屋根の上のヴァイオリン弾き」開幕”. スポーツ報知 (2017年12月5日). 2018年7月10日閲覧。
  14. ^ a b 「舞妓はレディ」唯月ふうか着物姿で歌唱披露「しっかり歌い、踊っていきたい」”. ステージナタリー (2017年12月14日). 2018年7月10日閲覧。
  15. ^ a b 唯月ふうかの存在感で見応え 博多座「舞妓はレディ」”. 西日本新聞 (2018年3月13日). 2018年7月10日閲覧。
  16. ^ a b 井上ひさし×栗山民也「夢の裂け目」段田安則ら全キャスト発表”. ステージナタリー (2017年7月10日). 2018年7月10日閲覧。
  17. ^ a b 井上ひさしの『夢の裂け目』開幕!演出・栗山民也「今、向き合うべき“記憶についての劇”」”. エンタステージ (2018年6月5日). 2018年7月10日閲覧。
  18. ^ 2016年の大阪公演は怪我により公演中止。
  19. ^ “中山優馬×屋良朝幸のミュージカル「クロスハート」、全キャストの配役発表”. ステージナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/stage/news/200407 2016年9月5日閲覧。 
  20. ^ ミュージカル「生きる」ヒロインはミュージカル初出演のMay'n&唯月ふうか”. ステージナタリー (2018年2月25日). 2018年7月10日閲覧。
  21. ^ 帝国劇場 ミュージカル『レ・ミゼラブル』”. 東宝. 2018年7月21日閲覧。
  22. ^ 携帯コミックコラボレーション企画
  23. ^ 日本音楽事業者協会 音事協WEBマガジンvol.020(2014年7月号)
  24. ^ 北海道日本ハムファイターズ ファミリーシリーズ 〜さくらまつり〜 埼玉西武戦
  25. ^ 『momo TV Vol.6』〜momoが新曲を踊ってみた〜スタデジch.YouTube・スターダストプロモーション公式チャンネル)にて新曲紹介。
  26. ^ sonymusic MemorieS
  27. ^ UNIVERSAL SPECIAL STORE ガラスの仮面劇場「女海賊ビアンカ」ミュージカル・サウンドトラック

外部リンク[編集]