田中陽子 (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか ようこ
田中 陽子
生年月日 (1973-12-12) 1973年12月12日(43歳)
出生地 日本の旗 日本徳島県徳島市
血液型 A型
職業 タレント歌手
活動期間 1989年 - 1991年

田中 陽子(たなか ようこ、1973年12月12日 - )は、1990年代に活躍した日本の元アイドル。愛称「よっきゅん」。

徳島県徳島市出身。射手座のA型。徳島県立徳島商業高等学校中退。

概要[編集]

芸能活動時[編集]

1989年8月に行われた、第14回「ホリプロタレントスカウトキャラバン」と「THEオーディション」でそれぞれグランプリを獲得。ホリプロに所属する形で芸能界入り。

翌1990年4月、ポニーキャニオンから『陽春(はる)のパッセージ』でアイドル歌手デビュー。同年の第9回メガロポリス歌謡祭で、優秀新人賞受賞および最優秀新人賞受賞。全日本歌謡祭・銀座音楽祭新宿音楽祭で銀賞を受賞するなど、各音楽祭の各賞にノミネートされた。

デビューとリンクする形で、本人をモデルにしたテレビアニメアイドル天使ようこそようこ』(テレビせとうち制作)が放送されるなど、アイドルとしての期待も高かったが、わずか1年半ほどで引退した。当時は素行不良と活動態度の悪さから再三注意を受けた上、解雇という流れだったが[1]、のちに再三注意されたこともなく、前もって内容を知らされずに現場で本人NGな撮影を強要されたことをきっかけに事務所を信頼できなくなり、自分から事務所との関係を絶ったという経緯を明らかにした[2]

引退後[編集]

1993年、同じホリプロに所属していた池田貴族が小説『アイドル残酷!?物語 どん底』を執筆(雑誌『BOMB』1993年8・9月号に掲載)。作中で、彼女の活動について触れた。

引退後は芸能関係の裏方(イベントの企画・制作など)の仕事に関わっている[2]

その後も長らく公の場には出ていなかったが、2015年4月9日Twitterアカウントを開設。『東京イエローページ』『鶴ちゃんのプッツン5』で共演していた宍戸留美をはじめ、親交のあった田中有紀美などが告知したこともあり、開設から10日でフォロワー数が約1,000に上った。

2015年6月5日に田中有紀美主催のトークイベントに出演し、23年ぶりにかつてのファンの前に姿を見せた[3]。 さらに11月3日には『宍戸留美誕生祭&デビュー25周年記念イベント』へゲスト出演。『陽春のパッセージ』『一人にさせない』『夕陽のクレッシェンド』『おジャ魔女カーニバル(with 宍戸留美&minmin)』の生歌を披露した。『夕陽のクレッシェンド』の際には感極まって歌えなくなり、会場のファンが大合唱するという一幕もあった。

2017年8月13日、プロレスラーのアレクサンダー大塚との結婚を発表した[4]

エピソード[編集]

  • 大手芸能事務所を芸能活動のピークの時期に引退したことから、経緯に関して多くの憶測がされたが、その多くが関係者の悪意によって誇張されたものや[2]、深夜ラジオのネタハガキが元になっている物だった[5]
  • 2枚目のシングル『夕陽のクレッシェンド』では、曲の冒頭・間奏・終わりにくるりと回転する振り付けが施されていたため、フレアーのミニスカートから白(もしくは紺色)のアンダースコートが露出。「鶴ちゃんのプッツン5」での歌唱時には、司会の片岡鶴太郎が「これ見せる下着?」「すごいなこれは」と驚いていた。このパンチラ演出は、レコーディング時の雑談から生まれたもので、当時のポニーキャニオンのプロデューサーから「夏だし、くるっと回ってパンチラする感じがイイね」と提案されたアイディアとのこと。[6]
  • なお、当初はスカートの下のアンダースコートの色は白だったが、歌番組の収録(『歌謡びんびんハウス』)を見に来ていた会社の上層部の方が「やっぱり白はやめよう」と判断したため途中から衣装と同色の紺色に変更となった。田中陽子本人は「私は白のままでよかった」と、田中有紀美主催のトークイベント出演時に語っている。
  • ネット上では、このアンダースコートの色の変更についても様々な憶測が生まれ、「田中陽子が白パンチラを嫌がり、紺色に変えさせた」という説がいつしか主流となっていたが、前述の発言により、引退の真相と同様それらは根も葉もないガセネタであったことが判明。当の本人は、このパンチラ演出のことをトークショーで自ら語り出し、田中有紀美とともに「私たちパンチラ仲間」「ダブル・パンチラ田中」と発言するなど、わりとあっけらかんとした感覚で捉えているようである。ちなみに、ツイッターの発言によれば、現在も衣装とともに『夕陽のクレッシェンド』のアンダースコートもきちんと保管してあるとのこと。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 陽春はるのパッセージ(1990年4月25日) - 作詞・森雪之丞 / 作曲・岡本朗 / 編曲・鷺巣詩郎 - テレビ東京系アニメ『アイドル天使ようこそようこ』オープニングテーマ
    (c/w) 一人にさせない - 同エンディングテーマ
  2. 夕陽のクレッシェンド(1990年7月25日) - 作詞・森雪之丞 / 作曲・いしいめぐみ / 編曲・鷺巣詩郎 - テレビ東京系アニメ『アイドル天使ようこそようこ』挿入歌
    (c/w) 水たまりの太陽 - 同挿入歌
  3. 陽炎かげろうのエチュード(1990年10月24日) - 作詞・工藤順子 / 作曲・いしいめぐみ / 編曲・鷺巣詩郎 - テレビ東京系アニメ『アイドル天使ようこそようこ』挿入歌
    (c/w) 放課後の冒険者たち - 同挿入歌
  4. 白のコンチェルト(1991年-未発売) - 作詞・許瑛子 / 作曲・山口美央子 / 編曲・鷺巣詩郎
    1990年に収録され、1991年に4枚目のシングルとして発売されるはずだった。2003年に「Myこれ!クション田中陽子ベスト」に収録された。
  • ファンクラブ会員特典 クリスマス限定CD 非売品(1990年12月、ポニーキャニオン)
原曲「夢の中の待ちぼうけ」をクリスマスVersionに歌詞を変えて「あなたにメリークリスマス」をプレゼント

アルバム[編集]

  • Invitation(1990年11月7日)
    1. 太陽のバースディ(作詞・森雪之丞 / 作曲・柴矢俊彦 / 編曲・鷺巣詩郎)
    2. 陽春はるのパッセージ(作詞・森雪之丞 / 作曲・岡本朗 / 編曲・鷺巣詩郎)
    3. 水たまりの太陽(作詞・森雪之丞 / 作曲・山口美央子 / 編曲・鷺巣詩郎)
    4. 一人にさせない(作詞・許瑛子 / 作曲・山口美央子 / 編曲・鷺巣詩郎)
    5. 夢の中の待ちぼうけ(作詞・田口俊 / 作曲・山口美央子 / 編曲・鷺巣詩郎)
    6. 夕陽のクレッシェンド(作詞・森雪之丞 / 作曲・いしいめぐみ / 編曲・鷺巣詩郎)
    7. 放課後の冒険者たち(作詞・田口俊 / 作曲・松浦有希 / 編曲・鷺巣詩郎)
    8. 陽炎かげろうのエチュード(作詞・工藤順子 / 作曲・いしいめぐみ / 編曲・鷺巣詩郎)
    9. 赤い口紅(作詞・大森祥子 / 作曲・松本俊明 / 編曲・鷺巣詩郎)
    10. 陽のあたるステーション(作詞・田口俊 / 作曲・山口美央子 / 編曲・鷺巣詩郎)
※「夢の中の待ちぼうけ」と「赤い口紅」以外はアニメ「アイドル天使ようこそようこ」にて使用されている。
  • テレビ東京系アニメ「アイドル天使ようこそようこ」サウンドトラック(1991年1月30日、ポニーキャニオン)
  • 90’アイドルJAPAN(1998年11月18日、ポニーキャニオン)
「陽春のパッセージ」収録
  • Myこれ!クション田中陽子ベスト(2003年3月19日、ポニーキャニオン)
「Invitation」収録曲に「白のコンチェルト」を追加。シングルのタイトル4曲のカラオケつき。
  • Myこれ!クション Vol.3(ポニーキャニオン)
「陽春のパッセージ」収録
  • 田中陽子SINGLESコンプリート(2007年8月17日、ポニーキャニオン)
「白のコンチェルト」以外のシングル3曲とカップリングの6曲。ビデオ・クリップつき。
  • 女性アイドルで聴く!TVアニメ主題歌のあゆみ(2008年7月16日、ポニーキャニオン)
「陽春のパッセージ」収録
  • Myこれ!Lite 田中陽子(2010年4月21日、ポニーキャニオン)
シングルコンプリート、c/w、「Invitation」から4曲、「白のコンチェルト」の全11曲収録。

CD、DVD[編集]

  • テレビ東京系アニメ「アイドル天使ようこそようこ」DVD-BOX(1999年12月10日発売、ムービック)
  • 「ホリプロタレントスカウトキャラバン 25thメモリアルDVD、CD」(2001年12月1日、ポニーキャニオン)

LD[編集]

  • テレビ東京系アニメ「アイドル天使ようこそようこ」TVシリーズ全話 LD BOXセット(1993年12月25日発売、ソニー・ミュージックエンタテインメント)
※アニメファンの署名活動により実現

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]