吉村明宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉村 明宏
よしむら あきひろ
生年月日 1957年12月22日(58歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
方言 共通語
芸風 ものまね
事務所 ホリプロ
配偶者  飯村いづみ

吉村 明宏(よしむら あきひろ、1957年12月22日 - )は、日本タレント。所属事務所ホリプロ。夫人は元ミス日本タレント飯村いづみ

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市鶴見区出身。逗子開成高校卒業。高校生だった1975年TBSの『ぎんざNOW!』素人コメディアン道場で、和田アキ子のモノマネを披露し見事5週勝ち抜き、チャンピオンになり浜っ子吉村としてデビューを果たす。

しかしその後10年ほど売れず、アイドルのコンサートの司会をして過ごす日々が続く。

その司会で一生懸命会場を盛り上げていた姿が認められ、ホリプロのスカウトを受け芸名を本名に改名し、その後、『アッコにおまかせ!』『歌のトップテン』『ものまね王座決定戦』など人気番組に次々出演し一躍人気タレントとして売れ始める。また、和田アキ子からも気に入られ、和田アキ子の子分としての芸能界の立ち位置を確立する。

「あの頃は〜、ハッ!」「ハ〜ヒフ〜ヘホ〜!」などのギャグを入れた和田アキ子のモノマネはオハコである。実はもともと「あの頃は〜」でおなじみのヒット曲「古い日記」にはその後に「ハッ!」というフレーズはなかったのだが、吉村のモノマネが人気になりそのイメージがすっかり定着したため、後に発売されたバージョンでは「あの頃は〜」の後に和田アキ子本人が「ハッ!」と叫んでいる。

1996年11月2日放送の『超熱血27時間ぶちぬき炎のチャレンジ宣言!!』では森脇健児らと共にフルマラソンに挑戦。見事5時間ほどで完走。日頃よりジムに通ったり自宅周辺をジョギングしていることは、 テレビや雑誌(雑誌Tarzanの鍛えている芸能人のコーナーでグラビアに登場したことがある)などで何度も本人が公言している。1995年12月には宮古島にて芸能人ハーフマラソン大会の番組(1位間寛平、2位織田無道、他に工藤兄弟トミーズなどが参加)で3位を獲得している。

最近ではローカル活動がメインとなっているため、テレビラジオなどメディアへの出演の機会は減っている。2000年9月30日放送の『オールスター感謝祭'00 超豪華!クイズ決定版 今世紀最後の特大号』を最後にめったなことがない限り、全国ネットの番組に出演しなかったが、近年の活動としては、2010年7月18日放送の『アッコにおまかせ!』12年ぶりの出演と2014年2月11日放送の『解決!ナイナイアンサー[1]、さらに5年ぶりの出演となる2015年12月20日放送『アッコにおまかせ!』・2016年2月8日放送『しくじり先生』4本計4回、久々にテレビ出演を行っている。

テレビ出演が激減した理由については、「上から目線でスタッフを見てたかもしれない」「イライラしてるときに俺がこの番組を回してるなどと高飛車な態度をとったことが原因ではないか」と語っており、本人がそれを2016年2月8日放送のテレビ朝日「しくじり先生」において正式に認めた[2]

三代目三遊亭圓歌芸能人弟子である(落語家としての活動は行っていない)。

出演番組[編集]

現在の出演[編集]

以前の出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオCM[編集]

  • SL AUTO
  • 吉川住建

主なものまねのレパートリー[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 『解決!ナイナイアンサー』で吉村明宏が語った「芸能界から消えた」理由(2014年2月12日)
  2. ^ 『解決!ナイナイアンサー』で吉村明宏が語った「芸能界から消えた」理由(2014年2月12日)・テレビ朝日「しくじり先生」(2016年2月8日放送)