和田アキ子殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和田アキ子殺人事件
ジャンル テレビドラマバラエティ番組
放送時間 月曜21:00 - 22:54
放送期間 2007年2月12日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 西尾聖(ホリプロ)
片山剛
監督 片山剛
脚本 福田雄一
プロデューサー 海本泰
三瓶慶介(ホリプロ)
出演者 下記を参照
テンプレートを表示

和田アキ子殺人事件』(わだアキこさつじんじけん)は、2007年2月12日、21:00 - 22:54(JST)にTBS系列月曜ゴールデン』で放送されたミステリーテレビドラマバラエティ和田アキ子はこれを「ドラエティ」と称した)である。

サブタイトルは「アッコが殺害された!容疑者は細木・黒柳・みの・玉緒・久本・爆笑問題・飯島・工藤・倖田ほか実名芸能人1000人以上!華麗なる超大物真犯人が語る衝撃の動機と壮絶な結末」であった。

概要[編集]

このドラマはホリプロの和田アキ子担当マネージャーである西尾聖が、「もし、和田アキ子が殺されたら一体どうなるか?」と発案したことで生まれたドラマである。

番組の制作を発表した直後、ホリプロに「和田アキ子さんはお亡くなりになられたのですか?」と問い合わせの電話があったことを和田が明かしていた。

通常、テレビドラマではカンペはなく、台詞を覚えて演技するものであるが、三村マサカズに関しては一切台詞を覚えず、用意されたカンペを見ながら演技していたと同局『ズバリ言うわよ!』2007年2月6日放送分でバラされた。また、容疑者の一人として出演した清原和博によれば、「シーンの途中から台本に台詞が書かれておらず、ほぼアドリブ状態であった」という。

視聴率は18.5%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録した。

DVDは、2007年4月18日ポニーキャニオンから発売された。

劇中のエピソード[編集]

  • ドラマ中に出ていた和田のサングラスはすべて和田の私物である[1]
  • TBSの正面玄関として撮影された場所は、実際には緑山スタジオの玄関である。
  • 実際にTBSで放送されている番組のパロディが織り込まれたシーンが数多くあった(後述)。例として、出演した船越英一郎が「狩矢警部も知ってるぞ!」「俺に任せれば二時間で解決してやる」と言ったシーンなどがある。また、『アッコにおまかせ!』の後続番組として、「におまかせ!」という番組も登場した(このほか『どうぶつ奇想天外!』をもじった「動物ふしぎいっぱい」やかつて同局で放送された『ニュースの森』をもじった「ニュースの林」などがあった)。
  • グラビアの撮影シーンがあった田代さやかは、後にそのグラビアを収めた写真集を本当に発売している[2]
  • このドラマの中で多くの芸能人の証言から「和田アキ子伝説」が数多く放送された。
  • フジテレビ系列平日正午に放送されているバラエティ番組笑っていいとも!』内の「テレフォンショッキング」のテレフォンゲストとして、2006年10月30日放送分に和田が生出演した際に、「今度TBSで私が殺される役をするから、タモちゃんも出てよ」と発言し、それにタモリも「ええ、いいですよ。」と即答し、これと同時に、明石家さんまに以前出演を依頼した際、留守電に「殺します、絶対殺します」と吹き込まれていたことも明かした。
  • みのもんたの朝ズバッ!』に出演したTBSのアナウンサーは『朝ズバッ!』のコメンテーター役を演じた。
  • クレジットロールの最後には、「このドラマは半分ノンフィクションで、半分フィクションです。」と表記された。
  • 登場人物のほとんどが和田の日頃の評判を刑事に聞かれる際に日頃の不満を応えているが、このドラマ自体がバラエティーの一環のため、「大丈夫ですか?こんなこと言っちゃって」「明日からテレビ局行き辛いわ」などと後悔したような言葉を漏らしていた。もちろんここの部分は演者のアドリブである。

キャスト[編集]

演者が表記されていないものは実名での出演。

その他、多数の和田アキ子本人と共演した人物及び関係・親交のある人物が容疑者のうち1人として出演。実名芸能人1000人以上。

当番組内で登場した番組[編集]

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニッポン放送ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』2007年2月10日放送分より
  2. ^ 2007年2月12日号『サンケイスポーツ』紙面より

外部リンク[編集]