奥薗壽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥薗 壽子(おくぞの としこ、1962年8月13日 - )は、京都府出身の料理研究家。手軽に作れる家庭料理のレシピを数多く紹介している。

略歴[編集]

神戸市外国語大学外国語学部中国学科卒業後、イラストレーター役者コンパニオンなどさまざまな職業を経験したのち、料理研究家となる。

ナマクラ流ズボラ派料理研究家と自称しているが、手抜き料理を勧めているわけではなく、調理における無駄を省き、素材のよさを最大に引き出すレシピを紹介することで、人気を集めている。

料理を始めたのは小学校1年生ごろで、母親が料理嫌いだったために、幼くして一家の台所を担っていたという。

2002年、『TVチャンピオン』(テレビ東京)の『3分間料理王選手権』に出場し、「3分じゃがいもピザ」を作って優勝した[1]

現在タレントとしてホリプロと契約を結んでおり、レシピ集やエッセイの執筆だけでなく、テレビ・新聞などのメディア出演、講演活動などを多数行っている。

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』ならびに後継番組の『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』では、数々の簡単で健康的な(低カロリー・減塩・疲労解消など)料理を披露しさらに認知度を高めた。実際に、あまり食事を好まない院長のビートたけしも、作った料理は必ず完食するほどである。

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 「ズボラ人間の料理術」シリーズ(サンマーク出版
  • 「もっと使える乾物の本」(農文協)
  • 「子育てごはんわたし流」(農文協)
  • 「奥薗壽子のマル秘元気料理ノート」(主婦と生活社

などのレシピ集が多数あるほか、

  • 「奥薗壽子の読むレシピ—今日の献立がすぐ決まる」 産経新聞出版、2008年6月 ISBN 978-4819110082
  • 「奥薗壽子の読むレシピ2」 産経新聞出版、2009年7月 ISBN 978-4819110570

という料理エッセイ集がある。

新聞[編集]

  • 「奥薗壽子の楽しておいしい生活」(産経新聞
  • 「週末楽々クッキング」(読売新聞

脚注[編集]

  1. ^ このレシピは「ズボラ人間の料理術 レシピ集」(サンマーク出版、2002年9月 ISBN 978-4763194640)に掲載されている。

外部リンク[編集]