松井康真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつい やすまさ
松井 康真
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 富山県南砺市
生年月日 (1963-03-13) 1963年3月13日(54歳)
血液型 A型
最終学歴 東京工業大学
勤務局 テレビ朝日
部署 報道局ニュースセンター社会部
職歴 アナウンス部→現職
活動期間 1986年 - 2011年
ジャンル 全般
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
過去 ミュージックステーション
ニュースステーション
ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー』など
その他 テレビ朝日アスク学校長(2008年4月 - 2010年3月)
番組模型製作担当

松井 康真(まつい やすまさ、1963年3月13日 - )は、テレビ朝日報道局社員で元アナウンサー。

来歴・人物[編集]

血液型A型。富山県南砺市(旧東礪波郡井波町)出身。富山県立高岡高等学校東京工業大学工学部化学工業科[1]卒業。

大学3年修了の直前にアナウンサーの道を志し、計画留年した上で恵比寿の東京アナウンスアカデミー[2]に1年間通った。しかし、東京工業大学からマスコミへ進むことが珍しかった当時、周囲には科学と全く畑違いのアナウンサーを目指し、夢を叶えた松井を咎める者もいたという[3]

1986年、テレビ朝日に入社。同期には、木下智佳子テレビ朝日福祉文化事業団)、雪野智世(退社)、曽根かおる(退社)がいる。アテネオリンピックアーチェリーの銀メダリスト山本博は親友であり、 日本テレビ元アナウンス部長の鷹西美佳は小学生時代の同級生である。また、読売新聞社元社主の正力松太郎漫画家藤子不二雄Aは高岡高校の先輩である。

熱心な模型マニアとしても知られ、国内外のミリタリーモデルのコレクション・歴史研究の第一人者として知られている。テレビ朝日アナウンサーとしての活動とは別のところで、模型メーカーのイベントに協力したり、模型専門誌「月刊アーマーモデリング」に長期にわたり連載を持つなどしている。『タモリ倶楽部』にもプラモデル(企画を持ち込んだこともあった)やミリタリーの企画に出演。奇しくも同番組がアナウンサーとしての最後の出演となった[4]

また、テレビ朝日のニュース番組で使用するための模型(万景峰号福島第一原子力発電所原子炉1号機[4]など)をフルスクラッチで作り上げているほか、既存のキットを組み上げたもの(トレーラーはやぶさ[5]など)も解説用模型として用いられた。

2008年4月1日から2010年3月31日までテレビ朝日アスクの学校長を務めた[6]

2011年1月から、原発問題について独自に勉強を始め、柏崎刈羽原発や「もんじゅ」を自費で取材し、青森県六ヶ所村の核燃料サイクルシステム取材中に敷地内で東日本大震災に遭遇した。直後から急遽報道局内に結成された「原発班」へ臨時配属された[7]

2011年7月1日から報道局ニュースセンター経済部[8]に所属し、経済部の原発担当デスク[9]を経て、2012年4月現在は社会部原発担当である[10]。ただし報道局異動後も、『拝啓!!鉄道人』のナレーションは引き続き担当し『タモリ倶楽部』にも出演している。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

雑誌連載[編集]

  • 田宮模型歴史研究室/戦車模型歴史研究室(大日本絵画社刊「月刊アーマーモデリング」)

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京工業大学広報誌 Tech Tech 第5号。2011年11月12日閲覧。
  2. ^ [1] 恩師であり、後に東京アナウンスセミナーを立ち上げた永井譲治の逝去に際し明かしている。
  3. ^ [2] 東京工業大学の広報誌に寄せた本人の回顧録より。
  4. ^ a b 松井康真 (2011年6月29日). “原発問題に思うこと”. テレビ朝日. 2011年12月25日閲覧。
  5. ^ 松井康真 (2010年7月5日). “2年半ぶりのタモリ倶楽部!”. テレビ朝日. 2011年12月25日閲覧。
  6. ^ アスク・松井学校長任期満了のお知らせ
  7. ^ 講演会「なんとを語る」プロフィールより
  8. ^ 2011年8月25日放送の『お昼のNews Access』で「経済部」の肩書で出演。
  9. ^ 2011年11月11日放送の『スーパーJチャンネル』や、2011年12月22日深夜(23日未明)放送の特別番組『池上彰vs報道記者 ニュースマニア』から。
  10. ^ 松井康真 (2012年4月4日). “『出前授業』で思ったこと”. テレビ朝日. 2012年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]