菅沼栄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅沼 栄一郎(すがぬま えいいちろう、1955年11月27日 - )は、日本ジャーナリスト。元・朝日新聞記者東京都足立区出身。

略歴[編集]

エピソード他[編集]

  • 学生時代、『ラブアタック!』(テレビ朝日系列)に出演したことがある。
  • 『ニュースステーション』のコメンテーター就任は、番組スタッフが候補に挙がった朝日新聞記者に面談した結果、菅沼が「最も声の通りが良かった」からだった。
  • べらんめえ調で喋り、ゲストに対し歯に衣着せぬ厳しい発言を繰り返したこともあった。「礼儀知らず」「言葉遣いを知らない」と批判する声もあったが、お堅い朝日新聞記者というイメージと違ったため、良くも悪くも視聴者の印象は強かった。
  • 阪神タイガースの大ファンで、スポーツコーナーでは当時低迷していたチームによく苦言を呈しており、広島東洋カープファンの久米宏とのやりとりも好評だった。
  • 1999年4月、現職の民主党代議士の石井一の元・秘書女性が、『私と菅沼栄一郎・愛欲8年』とのタイトルで週刊誌に不倫関係を暴露した。週刊誌の広告には「バナナ女性器に挿入された」と掲載され、記事の中で「女性の髪の毛をわしづかみにしてを捻じ曲げて性器を見せた」「卑猥な言葉を言うように強要した」「バナナを女性の意志に反し無理やり女性器に入れて、それを食べた」などと菅沼の性癖を告白した。
  • 週刊誌の発売後、『ニュースステーション』のオープニングで久米宏が「本人の意向により・・」と10秒にも満たない早口で週刊誌で報道された内容には全く触れないまま番組を降板した事を告知し、事件そのものが無かったかのように番組を続けた。
  • 私的な事情での降板となったが、番組では直前に東京高検検事長の則定衛の不倫問題に対し、久米宏と一緒に「情報公開しろ、情報公開しろ」と執拗に糾弾して辞任を迫ったばかりでもあり、菅沼の留任は困難だった。
  • 『ニュースステーション』を降板した1999年4月20日は奇しくも1989年4月20日の朝日珊瑚事件のぴったり10年後でもあった。
  • 週刊誌に学生時代から女千人斬りを目指し、かなりの数の女性と性交乱交した事を周囲に物語っていたと書かれた。
  • 朝日新聞社の指示と助力か週刊誌の発売後に取材しようとしたマスメディアから、一時期、完全に雲隠れする事に成功し、そのため記者会見などで社会視聴者に対してを晒した謝罪はしていない。
  • 『ニュースステーション』のコメンテーターのみ降板で朝日新聞社を辞職しなかったので、既に辞職していた東京高検検事長の則定衛と比較して、マスコミの一部では国家権力相打ちに持ち込んだとして逆に誉める雰囲気があった。
  • 『ニュースステーション』の放送最終日に18年間の放送を振りかえる記念VTRが流されたが、歴代コメンテーターの紹介場面すらも一人だけ飛ばされ、番組に在籍していた歴史そのものが無かったかのように菅沼の映像は完全抹殺されていた。
  • 番組降板後の数年間は、週刊誌の「あの人は今」の企画で頻繁に名前が取り上げられ写真を撮られた。不倫発覚から5年以上がたった週刊新潮の直撃に、菅沼は「私はいつまでもこんな取材を受けなければならないのでしょうか」と語った。その記事に掲載された菅沼の写真には「バナナ記者」と書かれていた。
  • 現在、本人に取材することは、社の規制がかかるためか、できない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「元代議士女性秘書が告白『私と菅沼栄一郎(Nステのご意見番)愛欲8年』」週刊文春 41(17), 40-45, 1999-05-06
  2. ^ https://dot.asahi.com/aera/2021020900071.html?page=1