山本博 (アーチェリー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 博 Archery pictogram.svg
個人情報
生誕名 山本 博
国籍 日本の旗 日本
生誕 1962年10月31日(53歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
スポーツ
日本の旗 日本
競技 アーチェリー

山本 博(やまもと ひろし、1962年10月31日 - )は、日本アーチェリー選手。日本体育大学教授。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会 顧問 所属事務所は「マザーランド」。

来歴[編集]

神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。横浜高等学校3年次に同志社大学を受験するも、選択問題の答えをすべて1と書き不合格、将来は教員志望という事もあり、一浪して体育教員養成では定評もあってアーチェリー部のある日本体育大学体育学部社会体育学科に合格した。日本体育大学体育学部社会体育学科卒。指導者(体育教諭)として大宮開成高校時代にインターハイで全国制覇、母校日体大では受験に失敗した同志社大学に決勝戦で勝利しインカレで日本一に導いている。

ロサンゼルスオリンピックアーチェリー男子個人銅メダリスト、アテネオリンピック銀メダリスト。

通称「山本先生」「中年の星」。最初の銅メダルから20年を経て41歳で1つランクアップした銀メダルを獲得したことが注目され、「中年の星」と呼ばれた[1]。山本は、「これから20年かけて金を目指します」と公言している[1]

大宮開成高等学校保健体育科教諭、日本体育大学女子短期大学部助教授を経て、2013年より日本体育大学体育学部社会体育学科教授。元日体大アーチェリー部長。専門はアーチェリー、コーチング学。2015年3月に弘前大学大学院医学研究科博士課程修了。学位は博士(医学)[2]

経歴・競技歴等[編集]

W杯トルコ大会にて男子団体で守屋龍一近大)金村賢(京都・莵道高)らと組み優勝。
トルコ大会直後、世界アーチェリー連盟発表の6月11日付ランキングで、日本人として初めて1位にランク付けされた。また同月27日付のランキングでも1位をキープ。
  • 2007年:世界選手権最終選考会で4位に終わり、世界選手権連続出場が13回で途切れた。またアジア選手権でも成績が振るわず、北京オリンピック出場の可能性がなくなった。山本が国内予選で敗れてオリンピックに出場できないのは、モスクワシドニーに続いて3度目。
  • 2009年:世界選手権大会日本代表予選3位通過により、日本代表選手(14度目)に内定する。6月、国体予選で男子70メートル(36射)で345点をマークし、自身が持っていた344点の日本記録を19年ぶりに更新。70メートルラウンド(72射)でも687点の日本新を出した。
  • 2011年弘前大学大学院医学研究科博士課程入学[3]
  • 2013年:日本体育大学体育学部社会体育学科教授に昇格[3]
  • 2014年:4月、公益財団法人 東京都体育協会長に就任[5]。5月、日体大アーチェリー部未成年部員に飲酒させ、7月に部長を辞任した。

同年8月、全日本アーチェリー連盟は1ヶ月間(同年8月1日から31日まで)の資格停止処分を下した[6]

エピソード[編集]

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]