ウォード・セクストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウォード・セクストン (Ward Sexton) として知られる、ウォード・E・セクストン(Ward E. Sexton[1]1953年ないし1954年 - )は、かつて日本に活動の拠点を置いていた英語ナレーター[2]声優[3]

セクストンの声は、「渋くて印象的な声」とされる[4]

経歴[編集]

アメリカ人の父親と、日本人の母親の間に福岡県で生まれ、アメリカ合衆国で育つ[2]1980年代前半に日本へ戻り[2]東京[3]英語ナレーターとして活動しはじめ、日本人の妻と結婚した[2]映画予告編コマーシャルなどの英語ナレーションを多数担当し、1990年代には日本における第一人者と評されていた[2]

ビデオゲームでは、『バイオハザード』などのナレーターを務め、『サイレントヒル2』などにも声優として参加している[1]。また、2008年の映画デトロイト・メタル・シティ』には出演者としてクレジットされた[5]

2011年東日本大震災の際の福島第一原子力発電所事故を受けて日本を離れ、カリフォルニア州ロサンゼルスバレー・ビレッジ英語版に拠点を移した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ward Sexton - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ a b c d e “[暮らしのことば考]第一部 異文化共生(14)カタカナ語の乱用(連載)”. 読売新聞・東京朝刊: p. 19. (1993年1月19日). "日本に住むアメリカ人、ウォード・セクストンさん(39)は、英語ナレーターの第一人者。... セクストンさんの父親はアメリカ人、母親が日本人。福岡生まれでアメリカに育ち、十年前に来日して日本人の妻を持つ。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  3. ^ a b c Ward Sexton”. Inyxception Enterprises, Inc. DBA Behind The Voice Actors. 2017年5月4日閲覧。
  4. ^ 古賀涼子 (2009年8月14日). “あの声!!!”. エフエム東京. 2017年5月4日閲覧。
  5. ^ デトロイト・メタル・シティ - allcinema

外部リンク[編集]