宮嶋泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みやじま やすこ
宮嶋 泰子
プロフィール
本名 宮嶋 泰子(旧姓:増山)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
(出生地:富山県高岡市
生年月日 (1955-01-09) 1955年1月9日(63歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部仏文科
勤務局 テレビ朝日
部署 スポーツ局コメンテーター
職歴 テレビ朝日アナウンス部副部長→アナウンス部・編成部(部長待遇→局次長待遇)→上級マネジャー→エグゼクティブアナウンサー→定年退職→テレビ朝日スポーツコメンテーター
活動期間

1977年4月 - 2015年1月(テレビ朝日アナウンサー兼ディレクターとして)

2015年2月 - (テレビ朝日スポーツコメンテーターとして)
ジャンル スポーツ
配偶者 26歳の時に結婚
公式サイト スポーツ古今東西
出演番組・活動
現在報道ステーション
ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜
過去 参照
その他

早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師(2006-2011) 日本女子体育大学招聘教授(2015―2107)

順天堂大学客員教授(2015-2018)

宮嶋 泰子(みやじま やすこ、旧姓・増山 / ますやま、1955年1月9日 - )は、テレビ朝日スポーツコメンテーター、元同局アナウンサーで、編成局アナウンス部エグゼクティブアナウンサー兼編成部。富山県高岡市生まれ、神奈川県鎌倉市で2歳から25歳まで過ごす。早稲田大学スポーツ科学部で非常勤講師(2006年から2011年まで)。日本女子体育大学招聘教授(2015~2016)。順天堂大学客員教授(2015~2018)


来歴・人物[編集]

神奈川県立外語短期大学付属高等学校早稲田大学第一文学部仏文科卒。学生時代は劇団「テアトル・エコー」で、演劇の勉強もしていた。フランス語教員免許を持つ。

1977年4月、テレビ朝日(当時の正式社名:全国朝日放送[1])にアナウンサーとして入社。同期のアナウンサーには古舘伊知郎、渡辺宜嗣、吉澤一彦、佐々木正洋、中里雅子、南美希子等がいた。他局の同期アナウンサーには吉川美代子(元TBS)や三雲孝江(元TBS)、益田由美(元フジテレビ)などがいた。

テレビ朝日入社後は主にスポーツ番組で活躍し、『ANNニュースファイナル』『スポーツレーダー』『ANNニュース&スポーツ』などでスポーツキャスターを担当した他、オリンピックパラリンピックなどの特集番組の取材・出演でも頭角を表す[2]。その後、スポーツ番組のディレクターとしても活動しており、『ニュースステーション』のスポーツ特集にも、数多くの取材・出演。自ら企画、取材、構成、編集、ナレーション、さらにはスタジオ出演という独自のスタイルを確率。ニュースステーションではスポーツ特集のディレクター兼リポーターとして18年間に渡りトップアスリート(橋本聖子溝口和洋伊東浩司有森裕子他女子マラソン選手、清水宏保塚原直也、女子体操、新体操、男子シンクロ等)のドキュメンタリーを制作。特集制作本数は170本を越す。またパラリンピックの特集も1992年から始め、1998年のアトランタパラリンピックでは社内の賞を獲得。1998年長野パラ、2000年シドニーパラでは連日速報ニュースを入れ、障がい者スポーツ報道の先駆けとなった。ニュースステーション終了後は報道ステーションにて引き続きスポーツ特集制作(室伏広治井村雅代小平奈緒、タチアナ・ポクロフスカヤ、他)を続ける。

その他単発1時間番組ドキュメンタリー「パラリンピック」「小学4年生の遠泳日記」「塚原直也体操にかける親子」等企画ディレクターを担当する。2005年以降スポーツ選手の難民キャンプ支援などをテーマに番組を制作しUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に関する番組制作を行い、難民映画祭でも上映される。(モントリオール五輪女子バレー金メダリストのネパール難民キャンプ支援、マラソンの瀬古利彦のタンザニア難民キャンプ駅伝など)

また、日本の放送局で数少ない女性スポーツ実況アナウンサーとしても活躍。1996年アトランタオリンピック中継では、陸上競技体操などの実況も担当した。

1992年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞している[3]

2001年からは、2年に1回開催される世界水泳の中継で、取材リポートや日本代表選手へのインタビューを担当している。

テレビ朝日アナウンス部ホームページの製作責任者を務めながら、陸上競技アーティスティックスイミングフィギュアスケート女子を中心に取材活動を続けた。2013年には安藤美姫出産に関する独占インタビューを『報道ステーション』で行った。

2015年1月に定年でテレビ朝日を退職。その後も嘱託契約を結び、テレビ朝日でスポーツコメンテーターとして仕事を続ける。

日本オリンピック委員会「平成28年度女性スポーツ賞」受賞。

1980年のモスクワオリンピックから2018年平昌オリンピックまでオリンピック現地取材は19回。

アトランタ五輪女子マラソン実況への批判[編集]

女性アナウンサー初のオリンピックマラソンのテレビ実況に起用されたアトランタ五輪女子マラソン中継について、「喋りすぎ」「情緒的すぎる」「ラップタイム情報を伝えない・間違える」「選手名の言い間違いが多い」「(当時無名だった)リディア・シモンアヌタ・カツナ英語版(共にルーマニア)を取り違った」などの苦情が視聴者から殺到し、メディアや有識者の間でも批判が起こった[4][5][6]

社外での活動[編集]

  • 1989年~2003年 日本オリンピック委員会事業広報専門委員会委員
  • 1995年~2015年 日本体育協会生涯スポーツ推進委員会委員
  • 2001年~2003年 スポーツ少年団女子拡大委員会委員
  • 2001年~2012年 神奈川県スポーツ振興審議会委員
  • 2001年~ 横浜市スポーツ振興審議会委員
  • 2001年~2017年 独立行政法人日本スポーツ振興センター・スポーツ振興基金助成審査委員会委員
  • 2003年~2009年 スポーツ少年団機関雑誌「スポーツジャスト」編集委員
  • 2003年~2005年 日本体育協会広報スポーツ情報専門委員会委員
  • 2003年~2005年 文部科学省 子どもの体力向上推進事業 「手帳・カード等作成委員会委員」
  • 2003年~ 日本体育協会・総合型地域スポーツクラブ育成委員会委員 
  • 2006年~ (日本自転車振興会)JKA(名称変更)公益事業振興補助事業審査評価委員会委員
  • 2006年~ 日本体育協会スポーツグランプリ選考委員会委員
  • 2006年~2011年 早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師(スポーツビジネス論B)
  • 2006年~ NPO法人バレーボール・モントリオール会理事
  • 2007年~2016年 文部科学省 中央教育審議会スポーツ・青少年分科会委員
  • 2007年~ 公益財団法人日本障害者スポーツ協会 評議員
  • 2008年~ 公益財団法人かめのり財団 評議員
  • 2009年~2011年 「指導者のためのスポーツジャーナル」編集委員
  • 2009年~2016年 日本体育協会広報スポーツ情報専門員会員
  • 2010年~2013年 日本体育協会・日本オリンピック委員会創立百周年記念事業実行委員  
  • 2011年~2015年 文部科学省 スポーツ振興に関する特別委員会委員
  • 2011年~2017年 文部科学省 政策評価に関する有識者会議委員
  • 2011年~2013年 日本サッカー協会 なでしこリーグタスクフォースメンバー
  • 2011年~2013年 国連UNHCR協会(UNHCRは国連難民高等弁務官事務所)協力員
  • 2012年~ 日本体育協会広報誌「Sports Japan」編集委員
  • 2013年~ 全日本柔道連盟「暴力撲滅プロジェクト」委員 後に「MINDプロジェクト」と名称を変更する(外部有識者として)
  • 2014年~ 全日本柔道連盟 コンプライアンス委員会メンバー
  • 2014年~ 2020東京オリンピック・パラリンピック組織員会メディア委員
  • 2014年~2016年 文部科学省 コーチング推進コンソーシアム委員
  • 2014年~2015年 国連UNHCR協会(UNHCRは国連難民高等弁務官事務所)顧問
  • 2015年4月~ 日本女子体育大学招聘教授
  • 2015年4月~ 順天堂大学客員教授
  • 2015年4月~2017年5月 公益財団法人日本バレーボール協会理事
  • 2015年6月~ 公益社団法人日本新体操連盟理事
  • 2016年3月~ NPO法人国連UNHCR協会 理事 (UNHCRは国連難民高等弁務官事務所の略)  
  • 2017年6月 日本オリンピック委員会「平成28年度女性スポーツ賞」受賞
  • 2017年4月~   学校法人二階堂学園理事
  • 2017年6月~ 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)理事
  • 2017年~2018年   文部科学省スポーツ審議会・スポーツ国際戦略部会委員
  • 2018年6月 NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)で宮嶋が担当する難民支援の「アジアスポーツフェスタ」や「女性スポーツ勉強会」などが評価され「内閣府・男女共同参画・女性チャレンジ特別部門賞」を受賞

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

著書[編集]

同期アナウンサー[編集]

補足

彼女が入社した1977年は、1980年モスクワオリンピック独占放送権を得た同社がオリンピックに向けた人材養成を見越してアナウンサーが9人採用された年である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時、日本教育テレビ(NET)から社名変更したばかりであった。
  2. ^ オリンピック取材は夏冬合わせて2014年までに17回を経験(1980年のモスクワ大会1984年ロサンゼルス大会1988年カルガリー大会1988年ソウル大会1992年アルベールビル大会1992年バルセロナ大会1994年リレハンメル大会1996年アトランタ大会1998年長野大会2000年シドニー大会2002年ソルトレイクシティ大会2004年アテネ大会2006年トリノ大会2008年北京大会2010年バンクーバー大会2012年ロンドン大会2014年ソチ大会)。
  3. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  4. ^ 「[刺点]五輪女性アナ」毎日新聞 1996年8月8日夕刊9頁
  5. ^ 「TBSに殺到した苦情 不評のアトランタマラソン中継」アエラ 9巻33号通巻443号 1996年8月12日号
  6. ^ 「'96アトランタ 言わせてもらおう!バカリンピックの主役はあんただ!?」週刊朝日 101巻38号通巻4153号 1996年8月16・23日合併号

外部リンク[編集]