宮嶋泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやじま やすこ
宮嶋 泰子
プロフィール
本名 宮嶋 泰子(旧姓:増山)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
(出生地:富山県高岡市
生年月日 (1955-01-09) 1955年1月9日(62歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部仏文科
勤務局 テレビ朝日
部署 スポーツ局コメンテーター
職歴 テレビ朝日アナウンス部副部長→アナウンス部・編成部(部長待遇→局次長待遇)→上級マネジャー→エグゼクティブアナウンサー
活動期間 1977年4月 - 2015年1月(テレビ朝日アナウンサーとして)
ジャンル スポーツ
配偶者 26歳の時に結婚
公式サイト スポーツ古今東西
出演番組・活動
現在 報道ステーション
ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜
過去 参照
その他 早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師(2006-2011)

宮嶋 泰子(みやじま やすこ、旧姓・増山 / ますやま、1955年1月9日 - )は、テレビ朝日スポーツコメンテーター、元同局アナウンサーで、編成局アナウンス部エグゼクティブアナウンサー兼編成部。富山県高岡市生まれ、神奈川県鎌倉市育ち。早稲田大学スポーツ科学部で非常勤講師(2006年から2011年まで)。


来歴・人物[編集]

神奈川県立外語短期大学付属高等学校早稲田大学第一文学部仏文科卒。学生時代は劇団「テアトル・エコー」で、演劇の勉強もしていた。フランス語教員免許を持つ。

1977年4月、テレビ朝日(当時の正式社名:全国朝日放送[1])にアナウンサーとして入社。他局の同期アナウンサーには吉川美代子(元TBS)や三雲孝江(元TBS)、益田由美(元フジテレビ)などがいた。

テレビ朝日入社後は主にスポーツ番組で活躍し、『ANNニュースファイナル』『スポーツレーダー』『ANNニュース&スポーツ』などでスポーツキャスターを担当した他、オリンピックパラリンピックなどの特集番組の取材・出演でも頭角を表す[2]。その後、スポーツ番組のディレクターとしても活動しており、『ニュースステーション』のスポーツ特集にも、数多くの取材・出演経験がある。

また、日本の放送局で数少ない女性スポーツ実況アナウンサーとしても活躍。アトランタオリンピック中継では、陸上競技体操などの実況も担当した。

1992年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞している[3]

『ニュースステーション』の後継番組として、2004年4月から放送を開始した『報道ステーション』でも、スポーツ特集の取材・リポーターディレクターとして登場。テレビ朝日が世界水泳選手権の日本国内テレビ放送権を獲得した2001年からは、2年に1回開催される同大会の中継で、取材リポートや日本代表選手へのインタビューを担当している。

近年では、テレビ朝日アナウンス部ホームページの製作責任者を務めながら、陸上競技シンクロナイズドスイミングフィギュアスケート女子を中心に取材活動を続けている。2013年には安藤美姫出産に関する独占インタビューを『報道ステーション』で行った。

社外では、2007年から文部科学省中央教育審議会スポーツ・青少年分科会委員、2011年からは文部科学省政策評価に関する有識者会議委員、2014年から文部科学省コーチング推進コンソーシアム委員を務める。2007年から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会評議員、2013年から全日本柔道連盟暴力根絶プロジェクト委員等を務める。その他JOC日本体育協会の委員などを歴任。

2015年1月9日に満60歳を迎えたことに伴い、同月31日をもって定年退職。翌2月1日よりテレビ朝日スポーツコメンテーターとなる。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

著書[編集]

同期アナウンサー[編集]

補足

彼女が入社した1977年は、1980年のモスクワオリンピック独占放送権を得た同社がオリンピックに向けた人材養成を見越してアナウンサーが9人採用された年である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]