この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

武内絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけうち えみ
武内 絵美
プロフィール
本名 宮本 絵美[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都品川区
生年月日 (1976-11-22) 1976年11月22日(40歳)
血液型 O型
最終学歴 東洋英和女学院大学
勤務局 テレビ朝日
部署 アナウンス部
活動期間 1999年 -
ジャンル 全般
配偶者 あり
家族 息子
出演番組・活動
現在 報道ステーション』(スポーツキャスター→リポーター)
過去 ミュージックステーション』(6代目司会者)
スーパーJチャンネル

武内 絵美(たけうち えみ、本名:宮本 絵美〔みやもと えみ、旧姓:武内〕、1976年11月22日 - )は、 テレビ朝日所属のアナウンサー(現在アナウンス部での役職は主任)。

人物・略歴

同期入社は、進藤潤耶富川悠太中丸徹(現在は報道局社会部所属)・龍円愛梨(報道局社会部に転属後、2011年12月退社)。
アナウンサー採用試験の途中では母親を亡くしており、現在家族はテレビ朝日制作局に勤務していた父と既婚の姉がいる。
TVスター名鑑のプロフィールの出身校の表記では「東洋英和女学院」とのみ表記されている。
  • これまで、報道番組からバラエティーまであらゆるジャンルの番組を担当。特に世界水泳やオリンピック中継など、スポーツ番組で注目を浴びる。
2000年から2004年までは『ミュージックステーション』を、2004年から2011年まで『報道ステーション』のスポーツコーナーをそれぞれ歴任した。
  • 2010年5月25日、一般人の男性と結婚することを発表し、自身の34歳の誕生日である11月22日に正式に婚姻届を提出した[2]
  • 2011年5月26日、妊娠5ヶ月であることを発表し[3]、同年8月中旬から産前産後休業に入るため、『報道ステーション』のスポーツコーナーを後輩の宇賀なつみにバトンタッチした[4]。その後、9月30日に第1子となる長男を出産した[5]
  • 2012年12月1日付で産前産後休業を終えて職場に復帰[6]

エピソード

  • かつてレギュラー出演していた『愛のエプロン』で、まずいものを食べたときに出す「眉間のしわ」が有名だった。番組中で自分が作った料理を自分で食べて「眉間のしわ」を出したことがある。
  • また、同番組の深夜枠時代では、同期の龍円愛梨と「カツカレー」作りで、アシスタントの座を争ったことがある。経緯は、武内が料理の腕を披露することになった際に、龍円が出演したことがきっかけである。当初、アシスタントという立場にある武内に期待が集まったが、接戦となった。同期同士ということもあって、「成績によってはアシスタント交代?」という話が飛び出したが、結果は武内が辛くもアシスタントの座を死守し、それまでのプレッシャーからか勝った喜びとともに涙を見せるシーンもあった。但しその時の結果は、同期の龍円とは同じランキングだったが、後輩の前田有紀に僅差で負けた。
    • なお、結婚後に武内の家に遊びに行った後輩の宇賀なつみによると、「本当に素敵な奥様で、部屋もきれいでご飯も作ってくれた」と『報道ステーション』のコラムに掲載した。[7]
  • 『ミュージックステーション』で最後の出演日となった2004年3月12日の放送では、普段はオレンジマイク→ピンクマイクを使用していたが、稀に使用していた赤マイクもスタッフの計らいで金箔が編みこまれた。エンディングではタモリから花束が贈呈され、その時に思わず涙を流した。最後は「アーティストさん、TVを見ている皆さん、タモリさん、4年間本当にありがとうございました。」と言葉を詰まらせながらも最後のアシスタントを全うした。
  • 石橋貴明から「オールドたけうち」と呼ばれる。これは石橋が後輩アナで苗字の読みは同じである竹内由恵を「ニューたけうち」と呼んでいる事の対比である。
  • これまで、民放でのオリンピック中継のPRにおいて、アテネ[8]トリノ[9]北京バンクーバーの4度、5局の代表の1人として選ばれた。
    • 2008年夏の北京オリンピックにおいて、民間放送各社が共同で「gorin.jp」という動画サイトを開設。五輪ニュースや各局放送日程等の配信を行う。そのPRとして在京民放5局の代表が「情熱的オリンピック」のキャッチフレーズのもとに、赤を基調とした服装で登場し、顔でスポーツの感動を表現するCMが作成された(「北京オリンピック 民放テレビ放送」)。テレ朝代表の武内は「叫」の顔として出演した。他局代表は、 鈴江奈々日本テレビ)、高畑百合子(TBS)、大橋未歩テレビ東京)、平井理央(当時、フジテレビ)。
    • 2010年2月、民放でのバンクーバーオリンピック中継のPRにおいて、4度目の5局の代表の1人として選ばれた。他局代表は松尾英里子(当時、日本テレビ)、枡田絵理奈(TBS)、大橋未歩(2度目、テレビ東京)、平井理央(2度目、フジテレビ)。
  • 選択的夫婦別姓制度に賛成する。「夫婦別姓か夫婦で同じ名字を使用するか、選択する権利を与えてほしいと望みます。」と述べている[10]
  • 安全保障関連法に反対する。「実際に法の運用をさせない為に、そして廃止に追い込む為に。」と述べている[11]

現在の出演番組

  • 報道ステーション - 番組開始当初から2011年8月5日まではスポーツキャスター(2005年3月29日まで月~水曜日 → 同年4月1日から月~金曜日担当[12])。産前産後休業をはさんで、2012年12月24日放送分からニュースリポーター(現場取材担当)として復帰。
  • ANNニュース
  • 最高のクレーム

過去の出演番組

関連項目

脚註

  1. ^ 上地雄輔オフィシャルブログ 2012年4月8日閲覧
  2. ^ テレ朝・武内アナ入籍…スポーツ関係会社員と スポーツ報知 2010年11月23日。2013年3月2日閲覧
  3. ^ テレ朝・武内アナ、妊娠5カ月「楽しみ」きょう「報ステ」で生報告 産経新聞 2011年5月27日閲覧(2011年5月30日時点のアーカイブ
  4. ^ 宇賀アナ「報ステ」2代目スポーツキャスター 産休・武内アナの後任に オリコンスタイル 2011年7月30日。2013年3月2日閲覧
  5. ^ テレ朝・武内アナ、第1子男児出産 サンケイスポーツ 2011年10月6日閲覧(2011年10月6日時点のアーカイブ
  6. ^ 武内絵美アナ、産休で1年4か月ぶり仕事復帰 スポーツ報知 2012年12月1日閲覧
  7. ^ リニューアル♪ テレビ朝日『報道ステーション 宇賀なつみコラム(うがナツ!)』 2011年4月6日閲覧
  8. ^ 他局代表は柴田倫世(当時、日本テレビ)、小倉弘子(TBS)、内田恭子(当時、フジテレビ)、大橋未歩(テレビ東京)。
  9. ^ 他局代表は阿部哲子(当時、日本テレビ)、小倉弘子(シドニーから数えて3度目、TBS)、高島彩(当時、フジテレビ)、滝井礼乃(テレビ東京)。
  10. ^ 「夫婦別姓について」、現場リポート、2015年12月8日
  11. ^ 「安保法成立から2日」、現場リポート、2015年09月20日
  12. ^ 番組開始当初から木・金曜日を担当していた徳永有美(出演時点ではテレビ朝日アナウンサー)が、内村光良との結婚を機に同局を退社したことによる措置。

外部リンク